プロフィール

egao64

Author:egao64
介護を経験されている皆さん、希望や楽しみを見つけて、一緒に元気に頑張りましょう


カテゴリ


最新記事


月別アーカイブ


最新コメント


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

フリーエリア

にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村にほんブログ村にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
にほんブログ村 再生ボタン►を押してから、画面下のYou Tubeをクリックすると大きな画面で見れます

リンク


アクセスカウンター


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索フォーム

QRコード

QR

介護生活の始まり

初めてのブログ やり方がわからず苦戦中ですが よろしくお願いします。
今、介護をしている方々と気持ちを分かち合えたらと思っています。

母を迎えに10時間 長野から愛媛へ

高齢(86歳)の私の母は父が他界してから、愛媛で一人で暮らしていました。高血圧や緑内障からか、目の神経が駄目になり右目は失明 左目も手元がほんのわずか見える程度。耳も左がなんとか少し聞こえるくらいです。
ヘルパーさんや親類に助けていただき、なんとか一人で頑張っていたけれど、頻繁に転んでは大怪我ばかりしていました。 早く母を連れて来て一緒に暮らしたかったのですが、高齢の主人の両親のことなどいろいろな事情があってそれができず、長い間心配な日々を送っていました。
12月に母が転んで入院をしたとき、私の気持ちに迷いはなかったです。 部屋など母を受け入れる準備をしたり、仕事も辞めました。そして3月に母が入院している病院まで迎えに行き実家に連れて帰りました。
 髪は真っ白で手足は細くなり弱々しい母を見て泣けてきました。今回の入院で、母の目は何も見えなくなっていたのです。
 実家で3週間毎日、母の介護をしながら山ほどある家財の片付けをしました。 自分の家なので母は手すりを伝って手探り状態でなんとか移動していましたが、夜中に頻繁にトイレに起きる母が心配で、寝不足と疲れで私もフラフラでした。 
 自分の物を処分され、住み慣れた家を離れる母の気持ちを思うと辛かったです。母は体調も悪く精神的にか、行く頃にはトイレも間に合わず大変になってきました。この状態で遠い長野まで連れて行けるのだろうか。
 IMG_1113.jpg
 1軒分の家財の片付けは想像以上に大変で… 親類や母の知人が片付けを手伝ってくれました。一人ではとてもできなかった… 感謝の気持ちでいっぱいです。 
 IMG_1117.jpg
 母の介護や片付け、引越しの荷造りで大変だろうと、ご飯を炊いたりおかずを作ったり、とれたての魚を持って来てくれたり、みんなが連日助けてくれました。すごく助かりほんとうに嬉しかったです。私も見習いたいです。
 IMG_1190.jpg
 IMG_1181.jpg


 お寺で祖母の50回忌のお参りとご先祖様や父が眠るお墓参りをし、母のことをお願いしました。
 IMG_1094.jpg
 菜の花と金柑です。
 IMG_1099.jpg
 もう一つやらなければいけないこと
役場で転出届けや、介護や家の関係の手続きで書類をもらったり、郵便局や銀行での預金関係の手続き。
やることいっぱいで多忙な毎日。
 IMG_1086.jpg

ふるさとを離れる日 

埼玉で暮らす兄も来て、いよいよ ふるさと愛媛を離れるときが。たくさんの人たちが母のために見送りに来てくれました。もう会えないかもしれない、みんなの姿を見ることができない母を思うと辛かったです。
 でも私も母も気持ちは長野に向かっています。途中で母の体調が悪くなったりしないことを祈り、目が不自由で歩くことも困難な母を兄とふたりで無事連れて行くことで必死でした。
 3月23日 父の植えた桜の木ともさよならをして、さあ出発です。
 IMG_1102.jpg
 電車の乗り継ぎは困難であるため、飛行機で。トイレや体調も考え、時間に余裕をもった行程にしました。
実家   11時発 
↓  (タクシー)
  1時間半以上の道のり、母はなんとか頑張れました。
松山空港 15時発 
↓  (飛行機)  
  時間があったのでトイレや少し休ませました。母は逆流性胃炎もあり、もどすことやトイレを心配して、食事  や水分もあまりとりませんでした。 
  航空会社で車椅子対応をして下さり、かなり助かりました。機内の気圧の変化や揺れにも具合悪くなることも  なく、母の精神力の強さでなんとか無事乗り越えられました。

羽田空港 16時20分着
↓  (タクシー)

  モノレールは辞めてトイレへ寄ってからすぐにタクシーで移動。道が混んでいて40分もかかり、母はかなり疲  れた様子。道がいいので揺れないことだけは助かりました。

東京駅  18時4分発↓  (新幹線あさま)

  予想外に移動に時間がかかり焦りました。タクシーを降りてから駅に入るまで歩き、新幹線の乗り場に行くま  でもかなり歩かなくてはいけなくて、母を支え歩かせることは大変でした。目が不自由で入退院を繰り返して  いた母は、何年もこんなに歩いたことがなくて辛そうでした。なんとか気力を出しホームに。 冷たい風が吹  き抜ける中、東京駅ホームには待合室もベンチもなく、疲れきた母をバッグの上に座らせて持ってきたひざ掛  けで体を覆いました。
  やっとあさまに乗った瞬間ようやく私もホッとすることができました。あとはまっすぐ長野に向かうだけ。

長野駅  19時47分着
  やっと着きました~
  ほっとしたのと同時に私の疲れもピークに。
  母も長旅でこんなにがんばれた自分に驚いていました。兄はここからまた埼玉へもどりました。長野はまだ寒  いです。さあ車で家まで行きましょう。
 | ホーム |  page top