プロフィール

egao64

Author:egao64
介護を経験されている皆さん、希望や楽しみを見つけて、一緒に元気に頑張りましょう


カテゴリ


最新記事


月別アーカイブ


最新コメント


カレンダー

02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

フリーエリア

にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村にほんブログ村にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
にほんブログ村 再生ボタン►を押してから、画面下のYou Tubeをクリックすると大きな画面で見れます

リンク


アクセスカウンター


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索フォーム

QRコード

QR

トイレ便座ふたカバー2

今日は雪降りで寒かったです。
なので、家でじっと作業をしていました。

前に作ったインコのトイレ便座フタカバーを また作りました。

兄からイチゴが届いて、そのふたにしていた段ボールを見て、「これ ちょうどいいかも!」 とひらめきました。

トイレのふたに合わせて 適当に切りました。

これにかぶせて縫えば、トイレで縫わなくてもすみます。
IMG_1329.jpg
こんなに伸びるので、伸ばした状態で縫わないと ひきつりそうなので。
IMG_1334.jpg
そして完成~\(^o^)/

今回は 緑のインコです
IMG_1337.jpg IMG_1338.jpg

二階のトイレは ピンクでまとめているので、ブタさんにしました
ふたの飛び出ているところが耳に見えるかも…
IMG_1335.jpg IMG_1336.jpg
手芸などで役に立つのが、このいろいろな色の絹糸です。

夫の実家の家財を片づけた時、唯一 義母の思い出の品として 持って帰ったものです。
これが なにより便利でありがたいものでした。
IMG_1333.jpg
前回は ラムの黄色い顔をもとに作りました
丸くて便座みたいなラムです(^_^;)
IMG_1069_201701141918059bf.jpg IMG_1323_Ink_LI.jpg
ついでに ラムと遊ぼうかなと、軍手で作りました
IMG_1320.jpg
疲れてしまうので、全部大雑把です^_^;

トイレ便座カバー

トイレのフタカバーがゆるゆるになってしまったので、ホームセンターへ行って来ました。

「フタカバーないなあ」 と探していたら、便座シートなどの下に小さいパックに入ったのがありました。
「あれ こんな小さいので大丈夫なのかなあ… ほんとうに フタカバー? でも普通でも温水の特殊型でも両方使えるみたい」
心配はありましたが、とりあえず買って来ました。

今までは、こんな感じで表側だけ
ふたを開けると 可愛い柄はまったく意味がないです。
我が家は ふたを開けておくようにしているので、カバーはあまり役に立っていない感じはありました。
 
買ってきたのは 便座シートと同じ生地で 柔らかくてよく伸びます。
「(*゚Q゚*) わあ、今のはこんな風になっているんだ~  ふたにスッポリはめるだけ! 楽でいいね~」

「 … 」
「でも、ふたの裏側にあるって なんか変… お掃除できないから マメに洗わないといけないんだ…」

さらにじっと見ているうちに
「すごく目立つのになんかつまらない…」

そして 見えてきました~

もう これにしか見えません!

母がトイレから出て 次にトイレに来る前に、作業開始!

トイレで縫い事をするのは初めてです。

そして 出来上がりました~

ドア オープン!

IMG_1070.jpg
ドアを開けると 待っていてくれるのは、黄色い顔の インコです♡
IMG_1069.jpg
鼻がしわくちゃになってしまいましたが、逆にリアル感あるかな(^_^;)

なんでトイレの中で縫ったかというと
ふたに合わせて伸びてしまうからです。
ふたにはめたまま縫うと、浮いているので縫いやすかったです。

トイレが明るくなって楽しくなりました~

次は緑色インコを作ってみたいな~

ふらふら~

この連休 皆さんはどう過ごされたでしょうか

我が家は 茨城から二女夫婦が来て、連日バタバタしていました。

今月末の結婚式に向けて 式場や、ペーパーアイテムのお店や、二次会のお店との打ち合わせ、引きもをお願いしているお店へ行ったり 二人も来ている間に いろいろやることがいっぱいで 飛び回っていました。
あと1回は来るそうですが、今回が最終打ち合わせのようです。

二女は プロフィール動画や いろいろ自分で作ったりしていて、考えること やることいっぱいで 毎日忙しくて寝不足のようです。

なので、「私にできることがあれば手伝うから持って来てね」と言いました。

それで ドレスを持って来ました。
少しでも安くと、白いウエディングドレスを安く購入しました。
そこに とっておいた キラキラやパールをつけたりする予定だったのですが、さらに フリルの縫い目が気になると、自分でネットで安く買ったレースも付けたいと言って…(*_*)
見た瞬間 わずかな時間で無理だと思いました。

それでも 娘がこれをやっている時間はないと、うちにいる間に 少しでもやってあげようと思いました。

IMG_0108_20161010223822a9c.jpg
ずいぶん昔に何かに使えるかもと中古ドレスを安く買いました。そこについていたきれいなレースや飾りを使ってチュチュに作り替えました。

ソーイング

二女はアパートにこれを飾っていたのですが、引っ越しで チュチュを処分するときに、また飾りはとっておきました。
DSC01222.jpg
豪華なキラキラやパールなどの飾りは それだけを 買えば高くてもったいないので(^_-)

今回 その飾りを 再びドレスに再利用することに。

飾りをつけるのは娘ができそうなので、レース付けを手伝うことにしました。

薄くて繊細なドレスの生地なので、最初の2日間は 手で縫い付けていました。
まず 5段あるフリルにレースを付けるのに しつけをかけました。
そのあと 一針一針縫い付けていきます。
IMG_0109_20161010223823e31.jpg
糸は透明のナイロン糸です
この糸は 縫い目が目立たないのでいいです。 (これ一つ持ち歩けば 色は関係なく どんな時も使えていいかもしれないです)
私の目でも なんとか針に通すことができます。
ただ、こぶが作れなくて大変です。
それと 見えないので あちこちひっかかったり、どうなっているかがよくわからなくて困りました。
IMG_0140_20161010223842e70.jpg
作業は やることをやっての合間だったり 夜になるので、連日夜なべ仕事で 寝不足です(^_^;)
気が遠くなるような作業でした。
必死にやっても 比較的短い上の2段フリルしかできなくて、その何倍もの長さの下のフリルまでといったら とっても無理と判断し、明日はミシンを使ってみようと 考えて寝ました。 夜中の3時半頃で、起きたのは6時半です(^^;)

連休最後の日、娘たちが あちこち行って準備をして また茨城に帰る前に なんとかやってあげたいと もう必死でした。

ミシンだと 細かい部分がきれいに止められなかったり、一番怖いのは糸が引きつって ドレスをだめにしてしまうのではないかという不安がありました。
それでも、ミシンで縫えるようなら、帰るまでに仕上げることが不可能ではないと思いました。
恐る恐る縫い始めて 「あっ、いけそう!」 と これなら間に合うかもと ホッとしました。

故障したミシンを以前修理代が2万円ほどかかりましたが、直しておいて良かったです。
ミシンの調子も良く、ほとんど途中で糸が切れることも、からまって生地を傷めることもありませんでした。
IMG_0139_2016101022384011e.jpg
皆の食事やら 母のことをやりながら、この数日休む暇もなく ふらふらでした。
昼間1時間ほど出かけて 夫と車を見に行きました。
寝不足と疲れで 頭は朦朧としていました。 それでも 車の方はだいたい決まりました。
帰宅すると、二女夫婦も帰宅していて もうすぐ帰るというので、大急ぎで最後の仕上げをしました。

そして ぎりぎり完成しました!
嬉しかったです! 短時間で無理だと思っていたことができて、娘の負担も減って 母として もうホッとしました。

娘も喜んで このドレスを持って帰って行きました。
交代で運転して6時間かかりましたが、無事帰れてほっとしました。

2人は打ち合わせから家に帰ると席表を作ったり いろいろ準備をしていました。
あまりの大変さに 本人たちも私も いい結婚式になって無事終わって、早く普通の日常を送りたいという感じです。

持ってきた出欠表を見て、今の若い子達はみんな 書き方などよく知っていて偉いなあと感心しました。
IMG_0133_20161010223828ac1.jpg
IMG_0134_20161010223839734.jpg
ちょっとしたことですが、すごいと思いました。
一言添えてあったり 気持ちが伝わって嬉しいです。

二女が滞在している間に、娘の友達とお母さん(いつもランチをしている彼女です)が 家までプレゼントを届けに来てくれました。
私の手術の時も お守りを届けに来てくださったり、いつもいつも 温かなお心遣いに 感謝の気持ちでいっぱいです。

娘に 書き込めるアルバムを
自分で作ったりするのが好きな二女のことを思って 選んでくださり嬉しいです
IMG_0131_20161010223825fe1.jpg
私にまで
来年のインコカレンダーとギターのブローチを
カレンダーの表紙が レインボーインコ ポポと同じで、「かわいんこ」は、ポポが「可愛い」と「インコ」を自分でつなげて「かわインコ」と言っていたのと同じで、感激しました。
木でできたギターのブローチも 私のことを浮かべて選んでくださり うれしかったです。
IMG_0132_2016101022382603c.jpg

母のことをやりながら、娘たちのことなど めいっぱいなこの数日でしたが、頑張って いろいろ いい日になりました~(^_^)
夕方 ようやく ラムを手に入れ 一緒に寝て休むことができました。

今日は 夜もゆっくり眠れるかな~

ポポ羽で レジンアクセサリー

抜けたポポの羽 きれいだったので意味もなく 拾っては袋に入れていました。
DSC07140.jpg

100円ショップに行った時、おもしろそうなものがあったので、これなら私でもできるかなと 買ってきました。
「そうだ、ポポ羽を入れてみよう~(^O^)/」 と、レジンアクセサリーを作ったこともないのに 張りきりだす私 (^_^;) 

DSC07141.jpg

天日にあてて 乾かすのですが、暑すぎるからかなんなのか、うまく固まらず 液がダランとはみ出てしまったり うまくいきません。

創作は好きなのですが、編み物やビーズなど 細かい作業は苦手です。
これも、目が悪くて はみ出していても液が均一になっていなくてもわからなくて、かなりいいかげんです。

なんとかできました。
でも、センスはまったくなしです…
DSC07191.jpg

次はポポの羽入りです。
羽の下の方についている白いふわふわした毛を取る時に、この毛が くっつくと離れなくて もう大変!
レジン液に入れた時に羽がぐしゃぐしゃになってしまったり、きれいにできませんでした。

それでも、ポポの羽入りは なんだか嬉しいです。
DSC07193.jpg
気泡は きれいなのでそのままにしておきました。
DSC07196.jpgDSC07207.jpg
DSC07200.jpgDSC07204.jpg
今度は 羽の下準備をしっかりやってから やろうと思います。

ポポ羽を使って作る なにかいいアイディアがありましたら教えてくださいね (^_-)

久しぶりのミシン

今日は雨降りで むしむし しています。

雨降りなので、家でできることをやろう!と思いました。
ボタンつけや、スカートの直しを。

30年も大事に使っていたミシンですが、下糸巻き部分が故障で使えなくなっていました。
それで近くのミシン屋さんに修理をお願いしました。
部品交換となると、古すぎて部品がないため修理ができないとのことでしたが、幸い交換はしなくてなんとか直りました。
修理代が二万もかかりましたが、今これだけのものを買おうと思えば二万では買えないので 良かったです。

修理と手入れをしていただいたミシンを初使用です。
静かに軽快に動いて 嬉しくなりました。
DSC07176.jpg

修理の時に使った布が入っていたので見ると、
「そういえば このミシン 数字もアルファベットもひらがなも刺繍できたんだ」
DSC07179.jpg

子どもたちも大きくなって、ミシンを使うこともほとんどなくなり 忘れていました。
今まで たくさん縫ってきたのに…
DSC07178.jpg
DSC07177.jpg

ゴム部分が劣化して はけなくなったスカート
どうしたら また使えるか考えました。

矢印のようなゴムなんです。 このミシンなら こういうゴムも縫えるのですが、そこまでやる元気もないので…

それで私流 簡単ソーイング、思いつきました(^O^)/
幅広のバイヤステープを広げて縫いつけました。
真ん中も縫って、二本ゴムが通せるようにしました。
DSC07180.jpg
なんとか うまくいきました~
DSC07181.jpg
最近のゴム入り パンツやスカートって、ゴム通し穴がないものが多いです。
ゴムは必ず劣化するので、ゴム通し穴は必ずつけて欲しいですね。

ミシンも 針に糸がなかなか通せなくなって、だんだん縫いことも面倒になってきました。
でも なんとかできて良かったです(^_^)

手作り子ども服

最近目も悪くなって、針に糸を通すことが困難になってきました。

右目と左目の視力が極端に違うため、右の悪い方の目は 手元が見えて、左の良く見える方の目は 手元が老眼になって見えません。
まったく別の性格をもった私の目、運転も疲れますが、 縫いことがとても疲れるようになってしまいました。

母の事など時間的なことやら、目のことなどで 最近手抜きソーイングばかりです(^_^;)

ふと  『子どもたちが小さい時は、よく作っていたなあ』 と懐かしくなって、久しぶりに子どもたちのアルバムを開いてみました。
見ていると、 『あれ、これも作ったんだった、こんなに作っていたんだ』 と、自分でも作ったことを忘れていて 驚きました。

義母が元気な頃、着物やハッピなどを仕立てる仕事をしていて、ハッピを作ったサテンの端布をたくさんもらいました。
端布といっても、細く長くて、使い道が思いつきませんでした。
それで、小さい子どものドレスなら!と、細い布を つなぎ合わせたり、フリルとして使ったりして、適当に縫ってみました。

ドレス
試作品
型紙もなく 適当に作ったので、着脱が大変でした^^;
IMG_0116_2015020115170046a.jpg IMG_0113.jpg
その後は 少しずつ改良し
IMG_0105_20150201151607cfb.jpg 結婚式花束贈呈で着ました。

IMG_0114_201502011516566f5.jpg IMG_0115_201502011516585a6.jpg

サイズも大きくなって
スパンコールも ひとつずつつけました。
帽子は 厚紙に布を貼って作りました。
IMG_0096_201502011515419c4.jpg IMG_0097_20150201151602f33.jpg

カーテン生地をいただいたので、これもドレスに
さすがに カーテン生地は重すぎました。
IMG_0122.jpg IMG_0121_20150201151731fdc.jpg

結婚式花束贈呈の時に着ました。
オーガンジーで作ったワンピースドレスです。
IMG_0107_201502011516272a6.jpg IMG_0106_20150201151608bdf.jpg


IMG_0120.jpg

普段着
型紙をとって つくることも覚えたので、本を見て 自分で工夫して作りました。
IMG_0080_201502011514347d7.jpg ひなまつり ピンクの生地で
IMG_0081_20150201151435998.jpg スーツとコート風上着
IMG_0089_201502011515086c0.jpg IMG_0092_20150201151535e57.jpg 
V襟 簡単涼しげに

IMG_0093_201502011515366f3.jpg かわいいプリンと柄で フリルスカート
IMG_0117_201502011517014c8.jpg 上の娘のジャンパースカート

後ろに見えるのは、今は無い 懐かしい仏閣型 長野駅です。

冬のジャンパースカート
紺のワンピースは 母の手作りです。
IMG_0087_201502011515058f7.jpg IMG_0085_201502011515020be.jpg
IMG_0084.jpg 黒のニット生地で

ワンピース
IMG_0082_20150201151437e52.jpg IMG_0083_20150201151438049.jpg
ギンガムチェックなどの涼しげな綿生地で
愛媛の実家に帰った時です。
IMG_0094_20150201151538306.jpgIMG_0110_20150201151629723.jpg
赤いのは、ソーイングの本を買って応募した時、写真掲載のワンピースが当たったものです。
それと同じものを色違いで作りました。
IMG_0095_20150201151539f03.jpg IMG_0118_20150201151702d90.jpg

発表会用
IMG_0086_2015020115150394d.jpg グリーンの厚めの生地でコート風に
赤は 明るく華やかですね。
IMG_0119_20150201151728be1.jpg IMG_0102_201502011516052e9.jpg
ペイズリーのこの生地 イタリア製だったか、高かったです。でも素敵な生地でした。
パンツスーツ 難しかったです。
IMG_0098_2015020115160477b.jpg IMG_0088_20150201151506e09.jpg

入学服
姉の着たものや いただきものもあったのですが、二女のために 同じものがない セーラー服を手作りしました。
IMG_0111.jpg IMG_0112.jpg おバカな二女(笑)

今はとてもできないです。
 子どもたちが小さい頃は、楽しくて頑張れた気がします。

家庭科苦手、洋服なんて作れなかった私です。
母もそばにいないし、教わる人もいないし、インターネットもない時代です。

きっかけは、赤ちゃん服です。 「こんな小さいものなら 作れる気がする!」 と、最初は適当で、 小さい洋服を紙に乗せて、その周りをぺんでなぞって、そのいいかげんな型紙で生地を裁断して作りました。
いろいろやっているうちに 「なるほど!」 とわかってきて、おもしろくなってきました。 
 
でも もう今は 簡単なものでも面倒でだめですね (-_-;)

100均でカーテンタッセルを

娘の部屋のカーテンタッセルが、日当たりが良くて劣化して細かい埃となって落ちてきました。
母の部屋は和室なのですが、障子を開けた時外から見えないようにレースのカーテンをつけています。
レースに タッセルがついていなくて、今まで髪留めクリップなどではさんでいました。

ただのひものようなものですが、ないと困るので ネットショッピングで調べていました。
その中に、編みぐるみタッセルや アクセサリー状のものがありました。

「タッセルって なんでもいいんだ!」 と思い、自分で作ってみようと思いました。
でも、時間をかけるわけにいかないので、またまた手抜きソーイングを考え始めました。

「編みぐるみでいいのなら…ちょうど手が長い いいものがある!」

長女が以前マイブームでよく靴下だけで作っていた、ソックモンキー を思いつきました。
飾るには難しくて そのまま放置されていたモンキーです。

「これなら飾れるし、役に立つし 一石二鳥だ~(^O^)/」

そして材料調達に 100均に行きました。
「できるだけ縫わなくて パッとできるようなものはないかなあ」 と、髪飾り売り場を見ていて いいものを発見!

カチューム 
レースのカーテンによさそうなレースカチュームがありました。
あとは そこにつける飾り (飾りゴム)を買いました。
付ける物は 花や葉っぱの造花でもなんでもいいと思います。
DSC05232.jpg

あと この穴の大きい針もないと 糸が通せません (^_^;)
DSC05233.jpg

ゴムを半分に切って、留め金にかけるように ワッカにします。
DSC05235.jpg
あとは 長い部分は真ん中でタックをとって、そこに飾りを縫いつけるだけです。

ソッくモンキーには、ぶる下げるひもが少しあれば大丈夫。
DSC05231.jpg

完成!

娘の部屋には これでいいかな ^_^;
DSC05238.jpg DSC05239.jpg
DSC05243.jpg ちびちゃんは、ひもは長めに

DSC05240.jpg DSC05241.jpg
高いのを買わなくても、これでいいかな…
 DSC05237.jpg DSC05249.jpg
クリップ式 花の髪留めをつけてみました。
DSC05246.jpg

まとまった時間や気持ちに余裕がなくて、細かい手芸などできませんが、100均を見ていると 可愛いものがいっぱいで作ってみたくなってきました。
また時間ができたら 楽しみます(^_^)




ジャケットをベストに

昨日と 打って変わって今日は雨降りでひんやりしています。

昨日は 気分も晴れ晴れ、朝からAさんが活躍 動き回っていました。
午前中 掃除 洗濯 買い物を済ませて、午後は趣味の分野を

母にお昼をあげてから、庭で花の苗を植えたりしました。
夕飯を済ませて母がベッドにもどって 片付けやいろいろ済ませて 夜はソーイングをしました。

フェークレザージャケットが、部分的に破けてきたので捨てようとしたのですが、『どうせ捨てるなら失敗してもいいから試しに作ってみよう』とふと思いつきました。

それにしても フェーク 偽物は使えば使うほど味が出る…ではなくて、服でもバッグでも靴でも 使うほどボロボロになりますね(^^;)

それでも もったいないので あとちょっと頑張ってもらおうと 服のリフォームに挑戦しました。
リフォームは 縫い目をほどく作業が大変。
細かい縫い目も良く見えないし、針に糸を通すのが一苦労です。

それでも根気よく頑張って 久しぶりに夜中2時ごろまで集中してやっていました。

できあがり~\(^o^)/
DSC01938 (2)
裏地もそのまま使えて、 自分では難しいポケットや切り替え部分もそのまま使えるので良かったです。
洋服と合わせるとこんな感じです。DSC01939 (2)
 
今回も しつけもしないで いきなり縫う適当さです。
それでも いちおできて良かったです。
忙しい1日でしたが、充実していい日でした。

長女作 さをり織

この間 パッとどこかへ出かけたと思ったら、これを持って帰ってきました。
さをり織の体験をして来て、3時間ほどで作ったそうでびっくりしました。
意外と上手(*_*) …私は苦手ですが

さをり DSC01881 (2)
所々 黄色や白の綿のようなものも挟み込んであって 自由な感覚で それが面白いです。

それにしても よく一人でやろうと思うなあと驚きです。
そういう私も そうですが…

長女作 キャンドル

また 新作です。 今回は生花を入れていました。
横にあるのは 人参ではないですよ、面白い色のラナンキュラスです。
DSC01933 (2)
花を入れるのはいいのですが…
この日 スーパーで98円の花を迷いに迷ってやっと買ってきて、花瓶にさしたばかりで…
…姿を消しました (-_-;)

簡単ソーイング

昨日の大雪も 今日の天気で かなり溶けました。
お日様パワーは すごいですね!

オリンピック スノボーの角野さん 残念でしたが、素晴らしかったですね。
テレビで、練習や勉強 こどもたちに教えている場面を見て、一生懸命な姿に感動しました。
受け答えも好印象でした。
目標を持って一生懸命取り組むことで、内面的なことなどいろいろ変わったのですね。
角野さんの さわやかで明るい笑顔にほっとして スノボーの良さが伝わってきました。17歳に拍手です!

上村愛子さん ミスもなく最高でした! あんなに良かったのに、メダルに届かなかったのが 残念でなりません。
私の中では銅メダルでもいいくらい 素晴らしかったです。
今まで感動をありがとうございました。

簡単ソーイング
痛みがない間に…
娘のヨガマットが部屋にゴロゴロ邪魔だったので、ヨガマット袋を作ってみました。

相変わらず 計らず線も書かず、いきなり切っていきなり縫う適当さです。
でも、キルト生地が高いので さすがに緊張しました(笑)

適当なわりに可愛くできました~
DSC01513.jpg DSC01514.jpg 背中に背負えますョ

ミシンを出したついでに、小さい巾着袋も縫いました。

病院のたくさんの薬 小分けにしておけば楽かなと 欲しいなと思っていました。
クローゼットから布を出すのも面倒で、引き出しにあった ドラえもんのハンカチを使いました。
ハンカチ1枚で2つできました。
ひもは いつもの 紙袋を捨てるとき取ってあったものです。
ひもは 取っておくとなかなか便利ですね。
DSC01512.jpg

ハロウイン

宮崎駿監督が引退ということもあり、長女はハロウインの仮装パーティーに今年は もののけ姫の衣装で参加することにしました。
長女に任せておくと、あとあと大変なことになるので、私も手伝って衣装や小物の用意をしました。
創作となると、文句言いつつなんだか燃えてきて つい頑張ってしまいます。 そうはいっても二人とも適当なのでどうなることか…
いつも私は ぽんぽん思いつきで適当にやるのが好きなんです。 お面とアクセサリー?は紙粘土で いい加減に作りました。
剣は どうしようかと思ってふと棚を見ると、娘が好きな、ももクロのコンサート用ペンライトが。「これ使える!ライトもつくし ちょうどいいや~」と 周りを牛乳パックで囲って作りました。
娘もファーでマントを適当に作りました。

こんな感じに
DSC00544.jpg

そして、仕事から帰宅して、結婚式の二次会に出席してから大急ぎで顔のペインティング
なんて慌ただしい娘でしょう…
DSC00552_20131026212616b27.jpg

やっと衣装をつけ、出かける前にパチリ!
DSC00558.jpgDSC00556.jpg足がバレエに…

ばたばた慌ただしい娘です(^_^;) やっとあの顔で自転車で出かけ、ほっとしています。

カメラで遊んでみました
DSC00567_20131027151140bb0.jpgDSC00566_201310271511387ef.jpgDSC00565_20131027151135257.jpgDSC00560.jpg




ハロウインは もともと宗教的なものから始まって、悪霊祓いで子どもたちが仮装して各家を回ってお菓子をもらう風習になってきたようですが、日本でも最近はクリスマスのように飾ったり、パーティをして楽しむようになってきましたね。街が明るく楽しい雰囲気になるのは活気がでていいですね。
今の若い人たちは、携帯などでいろいろ情報も入ってくるし、いろいろな人と連絡がすぐとれるし、楽しみがいっぱいでうらやましいかぎりです。

何年か前に私が作ったミニー衣装です。
意味もなく 水玉の布があったので作ってみました。下にペチコートとパンツも作りました。
ミニー2 1ミニー長女


ずくなしソーイング

「ずく」とは、長野県の方言らしく「精を出す」ことの意味のようです。ずくなし=ぐうたら 
母が休んでいる合間に、ほんとうに適当ともいえる縫いことをしてみました。

ぴーの冬対策
古いロングフレアースカートを処分しようとゴミ袋に入れかけ、「これ、役にたつかも!」とまたひらめきました。
DSC00427.jpg

冬場、ぴーの防寒のために、かごの下に 一人用ホットカーペットを敷いていたのですが、これだけでは温まらないので鳥かごに何かかぶす物を考えていました。
スカートを バサっと鳥かごにかぶしてみて「これなら あまり手を加えなくて利用できる!」と思い、ずくを出してやってみることに。
ウエスト部分は丈を調節して、ゴムでとめるだけです。
すっきり見えるように、糸で縫い合わせました。あとは 可愛いビースなどをつけただけです。
DSC00436.jpg

ぴーの出入り口だけ適当にハサミで切り抜きました。
DSC00429.jpg 「なんだこれ!?」

ぴーが破きそうなので、切り口だけ適当にミシンをかけました。
完成!
DSC00435.jpg 「あの~ 暗くなっちゃったんですけど…」 
夜これを被せてホットマットを敷けば、前よりは温かく眠れるかなと期待しています。

ボロかくし
ずっと気になっていたけれど、なかなか ずくがなくてできなかったことです。
百円ショップで、ちょっとしたカフェカーテンのレースと布を買ってきました。
これを利用して、ちょこっとだけ手を加えるだけで 品良くボロかくし 目隠しができます(^_-)-☆
付けたい所の長さに切って、端を縫うだけです。 棒を通す部分は、カフェカーテンなので最初からついているので、縫う所も少なくて簡単です。
レースと布を組み合わせるだけで、オリジナルカフェカーテンのできあがりです。

DSC00439.jpg
玄関の郵便受けから中が見えそうなので、目隠しです。
こんな感じで、郵便物が挟まっていても見えません。
DSC00438.jpg

DSC00440.jpg

Myミシン
落ち着く時間もあまりないので、こんなふうに ずくなしばかりでミシンの出番が少なくなってしまいました。
このミシンは、ほんとうによく使いました。
長年いろいろ縫いましたね~ お疲れ様です!といった感じです。
20代の頃ローンで買いました。あの頃は嫁入り道具としてミシンは必需品という雰囲気もありましたので。
当時24万くらいしたと思います。 お給料から痛かったですね~
でもすっごく働いてくれました。
DSC00431.jpg

今は軽くて安い物がありますが、頑張ってくれているこのミシンに感謝して大切に使っていきたいと思っています。 
 | ホーム |  page top