プロフィール

egao64

Author:egao64
介護を経験されている皆さん、希望や楽しみを見つけて、一緒に元気に頑張りましょう


カテゴリ


最新記事


月別アーカイブ


最新コメント


カレンダー

10 | 2013/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

フリーエリア

にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村にほんブログ村にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
にほんブログ村 再生ボタン►を押してから、画面下のYou Tubeをクリックすると大きな画面で見れます

リンク


アクセスカウンター


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索フォーム

QRコード

QR

私の中のAさんBさん

大掃除開始
昨日は少し元気があったというか、気力を出してというか… 大掃除を始めました。
毎年11、12月には 普段できないところを掃除しています。
狭くてごちゃごちゃできれいに見えない家の中ですが、それでも気持ち的にスッキリするので 少しずつやることにしました。
そうは言っても、 シェーグレンで目と口の渇きが辛く苦しくて、普段掃除機をかけるだけでも 飲み物をコップに入れておいて、途中で何度も一口飲みながらやらないと持たない感じなので、かなり気力がいります。

毎日家にいるのに…と家族に思われたくないのもあります。

やり始めると、きちんとやらないと気がすまないので つい頑張りすぎてしまいます。
昨日は風呂場の大掃除でした。 天井 壁 床 棚 椅子など カビ取りなどしました。
疲れましたが、きれいになったお風呂に入ると やっぱり嬉しくなります。
DSC00926.jpg
今日は 台所の流し周辺を掃除しました。
やることはいっぱいなのですが、いつも自分の中で葛藤があります…

私の中のAさんBさん
私の中では二人の自分がいます。
神経質で やらないと気がすまない しっかり者のAさん
のんびり屋で 無理しないで穏やかでいたいBさん

自分自身 前のように頑張れない 体調がいまいちなことをよくわかっているのですが、いつもAさんBさん二人の意見が分かれていて、迷います。
今回はAさんに譲りつつ、やるだけやったら 休むこととBさんの意見も聞くことに。

よくわからないと思いますので、下手ですが簡単に描いてみました。

IMG_0013_20131129163425ff8.jpg IMG_0015_201311291634293dd.jpg
IMG_0014_201311291634273c1.jpg IMG_0012_2013112916342415a.jpg

いつもこんな感じですね。

今まで いろいろ大変なことを乗り越えてきて、とにかく頑張るしかなかったんですね。 いつもいつも自分に気合を入れて 頑張ってきたので のんびりしたいのにできなかったり…やらない!と決めたらほんとうに何もしないでぼーっとしていたり… 
頑張る自分も おっとりな自分も どちらも自分なのですが 今日は、どちらにするかを決めるのも自分なので 難しいですね(^_^;)

快適な眠りのために

体の痛みの原因
最近 母は肩や首が痛いと言います。
使っていた枕が低いようで、足を高くするために使っていた高めのクッションを 枕にして寝ていました。

もしかしたら、枕が合っていないからかも!と思いました。
私もずっと枕が合わなくて、寝ていても頭が緊張した感じでよく眠れず、起きた時に首や体が痛くなったので、『そうだ!枕を変えれば…』と、すぐに買いに行きました。

快適な眠りのために
私も枕が合わなくて体が痛くなり、今までは リラックスして気持ちよく眠れたことがありませんでした。
高さを変えたり、硬さを変えたり、首にフィットするという波型のものなど形を変えてみたり、いろいろ試してみたのですが、なにをやっても合わなくて寝ていても疲れる感じでした。

布団が古くなって買い換えるために、寝具売り場をウロウロしていた時に気持ち良さそうな枕を見つけました。
値段も高かったのですが、「もし自分に合って快適な眠りができるなら…」と思い切って買ってみました。
使ってみると、寝ていて初めて頭の緊張感がなくて、首や背中なども痛くなくて ぐっすり眠れました。
今まで使った中で一番快適で 自分に合った枕でした。

それで、母にも合うかなと同じものを買いました。

女神の無重力まくら
DSC00908.jpg
マイクロファイバー綿と粉砕低反発ウレタンと極小発泡ビーズで ふわふわで柔らかいです。
柔らかいだけでは頭が沈んでしまいますが、しっかり支えてくれて、首や頭を優しく包み込んでくれる感じです。
寝返りしても しっかり優しく フィット感があって疲れません。
DSC00906.jpgDSC00907.jpg

試しに母と夫の分を買って使ってもらいました。

母は「合わない枕はいけんからな、ありがとう」と とても喜んでくれました。
痛くならずに眠れたようです。

夫は 今までは寝ていても、いつもなんだか緊張しているような 寝返りばっかりでリラックスしているように見えませんでした。
枕もいつもどこに行っているのか 役たたずな感じでした。
この枕を使って寝ていたとき、ほとんど寝返りもしないで、しっかり枕に包まれてずっと同じ姿勢で熟睡していました。 いびきもなかったです⇒これは 枕とは関係ないかもですが(笑)

一日のうちで大切な睡眠時間 起きた時に スッキリしない 体が痛いのは、枕や布団のせいかもしれません。
快適な眠りのために、みなさんも 自分に合った枕を見つけてくださいね。

続きを読む »

ほっとする時間

今日もバタバタ
朝 家族が仕事に出かけてから、さっとパンとコーヒーで朝食を済ませて、母を起こしに。
母がトイレと洗面をしている間に、ご飯の準備を。
DSC00473.jpg
母が食べている間に、あちこち掃除機をかけ、食べ終わると 薬と血圧測定
その後ベッドで着替えさせて、目薬

ボールの運動は左右10回ずつやっています。 背筋を伸ばして、お腹をへこまして できるだけ高く手をあげるように言ってあります。 そうすると、腹筋やあちこち 効いている感じがあると母は言っていました。
笠や番傘 手ぬぐいなどを持って、手を上にあげて舞台で踊っていた頃の感覚を 忘れないでほしくて毎日朝晩やっています。
サッカーボールの黒いところだけは少しだけ見えるようです。
DSC00798.jpg

そのあとは足踏み運動などを、母は自分でやっています。
その間、マッサージの方が見えるまでに、自転車を飛ばして用事を済ませてきて、ぎりぎり間に合った感じです。

今日はマッサージのわずかな時間に わんたろうを ささっと散歩に連れて行きました。
澄んだ青空にポツリと残った柿を見て、秋から冬への風情を感じます。
DSC00909.jpg

マッサージが終わって帰られると、母にお昼を待ってもらって、またまた ささっと自転車を飛ばして、買い物に。
帰るとすぐ母にお昼を食べさせて

やっと座りました~o(^▽^)o

母も寝て、わんたろうも寝て、ピーも寝て、やっと静かな時間
DSC00915.jpg DSC00920.jpg

夕飯の支度までの ほっとするこの時間が 私にとって貴重です。

やることはいっぱいありますが、やれる時に頑張って 休む時には休まないと!と思っています(^。^;)

認知症患者の家族の責任

ラジオのニュースで
母は見ることができないので、ベッドで寝ながら毎日ラジオを聞いて過ごしています。
それで、どんな情報も母が一番早く知り、一番いろいろなことを知っています。

目が見えないから余計に、少し聞こえる耳で集中して音を聞き取って、聞いたことを理解して頭で映像として浮かべているのではないかというくらい、事細かに覚えています。そして それを人に伝えることができ、私たちよりずっと物知りで驚く程です。

朝食の時に母が、「ニュースで言うとったけど、きゅうじゅうの(91歳)認知症のひとが、線路に入って電車にはねられて、奥さんと離れて暮らしとった長男に『監督責任(見守り義務)を怠った』ということで、ろっぴゃくまん(720万?)の責任があるんと…」と話しました。
(2007年に起きた事故のことかもしれないです)

同じ高齢者 実家でも周りは高齢者ばかりだったり、認知症のひともいたりして、介護をしている奥さんやその家族のことも見ているので、そのことが とても気になったようです。

そして、うちの前は 線路に踏切 母も私も人ごとには思えないことです。

賠償責任
電車を止めたりすると 多額の賠償責任がかかってくるということは聞いていました。
大勢の人に迷惑をかけるのですから 仕方がないことなのですが…
でもこの場合、なにかが間違っている気がして仕方ないのです。
高齢の奥さん 、そして離れて暮らす家族が、どうして止めることができるのでしょう。24時間監視しろということなのでしょうか。一緒に暮らして看ている家族はどんなに大変か…。 それならば、施設に入れるような仕組みをもっと考えたり、社会でサポートするようにならなければ 解決しないと思います。

鉄道の場合は、だいたいが運行を阻止する側が責任を負わされますが、もし 認知症の方が 目を離した間にふらっと出てしまい 道路に飛び出し事故になってしまったら、運転者側が大きな責任を負うことと思います。

人に迷惑をかけてしまった責任を負わされることも、少しも目を離さないで見守ることも家族には辛いことです。

我が家のすぐ近くの遮断機のない踏切です。
DSC00904.jpg
家の前は、線路や踏切があるので、とても人ごとには思えません。

いつも、車が止まってしまったらとか わんたろうが 線路に入ってしまったら…とか、子供やお年寄りが渡っている今電車が来なければいいとか いろいろ考えます。

実際 買ったばかりの庭に留めておく鎖が、留守中3度もはずれ(業者に話しましたが真剣に取り合ってくれませんでした)わんたろうは家からふらっと出て行ってしまいました。目もよく見えていないだろうし、高齢で動きが遅かったこともあって、近所の人たちに3度とも助けられました。 目の前は線路 少し行けば道路 話を聞いてぞっとしました。
踏切の方に行っていれば電車事故にもなったかもしれません。

線路沿いにいると たまに電車事故に遭遇します。
写真のように 遮断機がない踏切など危ない所もあります。 そこを高齢者がよく渡っています。
去年事故があり、聞いたところでは 一人暮らしの高齢者の女性が線路を歩いていて事故に遭われたそうです。

そんなこともあり、今日の母の話はドキッとしました。

イルミネーション

今日は暖かかったので、庭のフェンスなどに クリスマスイルミネーションをしました。

3軒で毎年頑張ってやっています。
暗く寒い道を この時期だけでも明るくして ここを通る人たちが 明るい光を見てほっとしてくれればいいなあと思っています。

点滅している光の写真は難しいですね。 うまく撮れません(^_^;) キラキラ感を伝えることができないのが残念です。

頑張った 夢のかぼちゃの馬車は、タコかインベーダーか丸い車にしか見えません(;^_^A
たまには失敗もありですね、笑ってやってください(^。^)
DSC00841.jpg 
DSC00849.jpg 
明日もう少しあちこち手直しします。

今日は 長野えびす講煙火大会でした。
毎年11月に盛大な打ち上げ花火大会が行われています。 冬の澄んだ夜空に上がる花火 とてもきれいです。
屋台もたくさん並び、皆 川の土手などで暖かい格好をして見ています。
私は ず~と離れた家の窓から 見える花火だけ見ています。
スターマインなど すごいですが、残念ながら家からでは見えません。
DSC00873.jpg 二階の窓から

イルミネーションも花火も 明るくて癒されますね。 

ビールのお土産!?

仙台のキリンビール工場のお土産です

珍しいビールの箱…

ビールとチョコレート なんだか興味津々
開けるとズラリと並んだビールのようなチョコが
DSC00822.jpg DSC00824.jpg

わあ かわいい
DSC00825.jpg
チョコも 私の好きな色です。
ビールの味はしませんでしたが、チョコはとっても美味しかったです!
DSC00828.jpgDSC00827.jpg
こんな美味しそうなおつまみも
DSC00826.jpg DSC00823.jpg

ビール工場が見学出来るとかお土産があるとか初めて知りました。
お土産は、工場見学限定だそうですので是非行ってみてくださいね。
ビールは酔うのでだめですが、こういう美味しいものは私でも大丈夫です(^_-) 私も行って見たいです!

もらってビックリ 楽しめますよ~

インフルエンザ予防接種

今日は2ヶ月に一度の診察とインフルエンザの予防接種で、母を連れて病院へ行って来ました。
今日はかなり混んでいました。
インフルエンザの予防接種、母に聞くと毎年必ず受けていたようです。
愛媛にいた頃は、先生が往診に来て予防接種もしてくださったようです。

母に「病院へ行くよ」と言うと ほっとするのか嬉しそうです。 私は病院は緊張するし、疲れるので極力行きたくないのですが。
寒くなったので、車椅子を車に乗せて行くのですが、自分で押して行ったほうが楽な気もします。
車椅子を積んだり降ろしたり、母の車の乗降と車椅子へのサポート 病院でトイレも必ず行くので、車椅子からトイレに移るサポートなど、なんでもないようでかなり疲れますね。
支度して靴を履かせて、玄関から車に乗るまでも大変で、なんだかひとりでバタバタしています。

血圧は、こちらに来て先生の処方で薬を飲んでから、ずっと上が120~130などになり好調です。
今まで病院にかかっていたのに、どうして高血圧のままだったのか不思議です。

  さあ 帰るよ~          
DSC00817.jpg DSC00818.jpg
紅葉の赤がきれいでパチリ 

薬局に寄って薬を受け取り、やっと家に帰り、母をベッドに連れて行きました。 
もうすぐお昼 疲れてしまったので、私はそのまま 近くのお店で母の好きな団子を買いに行って来ました。 栗あん団子と蕎麦団子おいしいです!
そして帰ると わんたろうの散歩に行ってきて、母に食べさせました。
DSC00819.jpg

その間に、薬を確認して(数ではなく、種類がそろっているか)先生との話でもれていた薬のことで電話して…
その間にも 母はあれこれしゃべりかけてきて…
「暖房がついとらんのか ひやい」「手拭きがない」「みかんをくれ」「かゆみ止めはもらったか」…

さすがに「ちょっと黙ってて~」と言いたくなります。
くたびれて休みたい私 「まだ私は食べてもいないのよ~(><)」
 
見えていないから 状況がわからないから仕方ないのですが、 静かに座ってコーヒーを飲んで休みたい そんな心境です。

今まで私はインフルエンザになったことがないのですが、この数年は接種してみましたが、インフルエンザ予防接種後、私はいつも赤く腫れ上がってその部分が熱を持って痛くなり、逆に風邪をひいて体調が悪くなるので、今回はやめました。

母もそうなると困るなあと思って、腕を見たら、ポツンとあとがあるだけで なにごともなかったかのような腕で逆にびっくりでした。

恐るべき 母の抵抗力! 

実践

みなさんからメッセージをいただいたので、早速やってみました!

今朝はかなり冷え込みましたが、天気も良くベッドまで暖かい日差しが差し込んできました。
DSC00772.jpg

換気
母がご飯を食べている時などに、母のいる部屋の窓を、おもいきり開けて換気をしています。

時々、ミント系のアロマオイルを垂らしてアロマディフューザーも使っています。ミント系は風邪などの抗ウイルスや殺菌 抗菌の効能があるようです。
のどや鼻にもいいので、マスクなどに少しつけておくのもいいそうです。
DSC00791.jpg

電気敷毛布
皆さんが使ってみて いいという電気敷毛布を使いました。
母は、寒くなった時に自分でリモコンを操作してつけていました。
このリモコンはダイヤル式なので、カチカチという感触で 母は適温③とか温度調節ができるようです。
DSC00773.jpg

エアコンのリモコン
電気敷毛布があれば 当分はいいかなと思いますが、これからどうしても寒くてたまらなくなったら、自分で操作できるように 工夫しました。
みかんさんのアドバイスも参考に、ほかのボタンに触れない対策をしました。

クリアファイルをリモコンボタンの隠したい大きさに切って、消せるペンで ボタンの間に線を書くDSC00785.jpg
切って線を書いたファイルを裏返して、線に沿って木工用ボンドをつけて、頭を取ったマッチ棒を乗せる
ボンドが乾く間に、わんたろうの散歩へ
DSC00786.jpg
書いた線を拭き取り、こんな感じでセット
DSC00788.jpg
完成!
なんだか わくわくさんになったみたいですね~(笑)

母に触ってもらい、上のシールを貼ったボタンだけ押すように話しました。

トイレマット
トイレマットも、あのあとすぐ切って端をギザギザミシンかけました。
これなら小さいので、見えていない母が蹴飛ばしても、ぐしゃぐしゃにならず (なってもそれほど邪魔にならない)センサー暖房の邪魔にもならず具合いいです。
DSC00620_20131119142645b97.jpgDSC00787.jpg

皆さんからのコメント 参考になり、ほんとうにありがたいです!

続きを読む »

就寝時の寒さをどうすれば…

夜中もエアコン…
今朝 母は起きて「ひやい ひやい(寒い)ひやくて目まで痛とうなった」と言っていました。
今から こんなことを言っていると、零下になる冬本番でどうなることかと不安になりました。

エアコン暖房も夜中の1時2時頃までは、タイマー設定しているのですが、一晩中 一日中つけているわけにもいかないので、困ってしまいます。

肩掛けもして、タオルケット 毛布 羽毛布団としかっり掛けて寝ているのですが、それでも寒いとは…
「寒くなったら自分でエアコンつけて」とリモコンもわかる場所に入れ、入切のボタンだけ押すように わかるように凸凹シールを貼ってあります。
ただ、夜中自分でリモコンを押す時に、目が見えていない母が、もし違うボタンに触れてしまって [冷房]などになってしまったら…と それが不安です。
DSC00769.jpg
[運転切替]などの設定ボタンは、ふたを開けないとできないようになっていればいいのですが。
母のように目が不自由な人や、高齢者が簡単にできるように 表には必要最小限のボタンしかないリモコンがあればいいと思います。

さて どうしたらいいのか…

ん 電気敷毛布という作戦はどうかな… みなさんはどうされていますか

庭の花の片付け
日中暖かくなったので、枯れてきた花たちを片付けました。
わずかに残った花は切って 花瓶にさしました。
かわいらしい感じに…
DSC00758.jpg

それとは逆に…
朝 玄関を見ると、巴の錦がいっぱい差してありました(゚O゚)
夫の仕業(笑)です。 それにしても なんとダイナミックなこと!
豪華できれいなのですが、なんだか ぎっちぎちで窮屈そうです(^_^;)
DSC00765.jpg
重くて全部垂れ下がってしまったので 切って差したようですが、ビックリしました。

電車です

昨日は きれいな夕焼けでした~
DSC00733.jpg

電 車
電車が好きなのではないのですが、一度写真を撮ってみたいと思っていました。

なぜなら、我が家のすぐ前を 毎日たくさんの電車が通り過ぎて、目の前が カンカンと踏切なのに、じっくり電車を見たことがなかったからです。

時々電車マニアの方が、ここで撮影をされています。
家にいながら撮影ができるので、今回電車の撮影を挑戦してみました。

偶然撮れた 特急ゆけむりとスノーモンキーのすれ違い
特急どうしのすれ違いをあまり見たことがなかったので、自分でもビックリしました!
DSC00715.jpg

二階の窓からの撮影

2011年の一枚です。
地獄谷野猿公苑の「雪景色の中 温泉に入る猿」にちなんでイメージして名付けられた スノーモンキーです。
珍しくて撮りました。
IMG_0108_20131115143659a9d.jpg
DSC00481.jpg 最近撮影した スノーモンキーです。 

なにか怪獣の絵が描いてあります…
もう速すぎて、難しいです!アタマが切れちゃいます(><)
DSC00731.jpg DSC00716.jpg DSC00707.jpg DSC00685.jpg
通勤通学買い物などに普通列車が多く通ります。
DSC00480.jpg DSC00410.jpg
特急ゆけむり です。
形と色が かっこいいです!二階建てですよ~
DSC00485.jpg DSC00433.jpg
電車マニアの方々は、絵になるような 迫力ある写真を撮られているのでしょうね。
いざ撮ろうと思っても、なかなかうまく撮れません(><) 一瞬で通り過ぎてしまうので、忍耐と集中力がいりますね。

家の前で撮影 
DSC00597.jpg DSC00701.jpg
DSC00595.jpg
「エッ いっちゃうの…(^_^;)」 
DSC00699.jpg DSC00700.jpg
下から目線でも、なんだか全然絵になりません…下手なわたし(><)
DSC00697.jpg DSC00698.jpg

庭から撮影
上り
DSC00730.jpg DSC00711.jpg
下り  こんな近くて、電車から丸見えです(><)
DSC00717.jpg DSC00712.jpg
夕方
電車のライトが眩しいです!電車も急いでいるかのように、さっと通り過ぎボケボケです(><)
みなさんお疲れ様です
DSC00737.jpg DSC00746.jpg

お仕事お疲れ様です
今、線路の補修工事が行われています。 毎晩寒い中 お疲れ様です。

レール運搬作業
終電後 深夜 突然眩しい光を放ち「ゴオー」とすごい音をたて やってくる黄色い車両
長い荷台の上にに長いレールが乗っています。
DSC00406.jpg DSC00407.jpg
冷え込む深夜、静まり返った線路内で、白い息を吐きながら みなさん頑張ってお仕事されていました。
トンカントンカン 響き渡りましたが、母は聞こえないようで眠れて良かったです。
DSC00445.jpg DSC00443.jpg
踏切工事
朝から少しずつ工事をされていました。
次々くる電車の合間の作業大変ですね。今晩も終電後作業のようです。
DSC00750.jpg
これが終わると、レール回収作業です。雪など降りませんように…。 

最新画像です  
10時から工事が始まりました。
なんだか我が家にスポットライトがあったっているかのように まぶしいです!
DSC00755.jpg DSC00754.jpg
大勢で作業されています。お疲れ様です
明日どうなっているかな~ 

春の楽しみ

チューリップの球根を植えました
今日は晴れて やや暖かかったので、霜が降りる前にと 気力を出して庭で作業しました。
チューリップは一番好きな花で、私の唯一の楽しみで、毎年たくさんの球根を植えています。

寒くて 鼻水をたらしながら、ひとり もくもく頑張りました。
途中 母のお昼を用意したり、母に呼ばれて飛んでいったり あわただしいです(^_^;)

DSC00729.jpg あとは花壇にも植えました
あとから土をかぶせます。

このところ、腰が痛くて 重い土を運んだり持ち上げたり ちょっと辛かったです。
こうして植えても 球根が腐ってしまったり、芽がでなかったりで 花が咲かないこともよくあります。

どうか来春もきれいな花を咲かせてくださいね

…それにしても、今までのようなパワーがないし腰が痛むし 今日は全身に こたえそうです(><)

秋の思い出

わんたろうを連れて 近くの神社に散歩に行きました。
わんたろうも14歳 おじいちゃんで、母と同じで 目もよく見えていないようで、耳も遠くなり 足も弱っています。散歩をしていてもよくつまずいて転びそうになります。
DSC00585.jpg DSC00588.jpg

神社の大木は紅葉していてきれいでした。
DSC00593.jpg

下に、どんぐりがたくさん落ちていたので、見上げると、懐かしいどんぐりの木が。
細長いような葉っぱ まさにどんぐりの木です!
DSC00592.jpg DSC00590.jpg

子供の頃よく どんぐりや、きれいな落ち葉を拾って遊んだことを思い出しました。
それで やじろべいを作ったり 顔を描いたり。 今の子どもたちは、やじろべいを作ったりして遊ばないのでしょうか?
大事にしまっては 中から虫が出てきて怖かったのも思い出します。
あの頃は 子どもたちはみんな、寒くても、外で元気に遊んでいましたね。

寒いです

昨晩は、急に冷え込んで いよいよ冬到来ですね。
今朝はよく晴れて 明るく気持ちよかったです。 
庭に出ると、バラの花が 一輪きれいに咲いていました。

DSC00694.jpgDSC00702.jpg
「真っ赤なバ~ラ~が~ さ~みしかったぼくの庭に バ~ラがさいた~♪」ですね。

寒く暗くなると 気分までどんよりしてくるので、バラの花にちょっと元気をもらいましたo(^▽^)o

手の運動

ほわほわボールに 落ちないようにゴムをつけてみました。
母に腕と背中側筋を鍛えさせようと、ちょこっとやってもらいました。
ちょっとボールが大きすぎましたが(^_^;)

手の平に乗せて、落とさにように右から左 左から右 とそっと頭の上を通らすことで、普段使わない筋肉を使うことができるのではないかと、また よからぬことを企んでみました。
母は、迷惑そうでしたが、やってくれました(笑)

今日はマッサージの日でしたが、痛がりませんでした。
「足が痛い」と騒ぐこともなく、穏やかにラジオで相撲を聴いています(^_-)
DSC00687.jpgDSC00691.jpg

これから トイレマットも、今あるのを足元サイズに小さく縫いなおそうと思います。
母は見えないので けとばして いつもマットがぐしゃぐしゃになるのです。スリッパも履けないので、ソックスだけでは これから冷えるので、マットを外すこともできません。
トイレ暖房も使っているので、マットが暖房にかぶさると危ないです。

トイレのセンサー暖房 あるとないのとでは、やっぱり違いますね。
冷え込むと、こんな小さいものでもありがたく思います。 便利です!

きれいに咲いてくれてありがとう

今年もきれいに咲いてくれてありがとう

サンパラソルの花

本来なら秋には鮮やかな花をいっぱいに咲かせるのですが、今年は猛暑が秋まで続いたため、弱ってしまってがっかりです(><)
DSC00457.jpg 咲きかけもかわいいですョDSC00531.jpg

楽しみにしていた赤いサンパラソルですが、花も小ぶりで色あせて 葉も黄色く落ちてしまい残念でした。
DSC00465.jpg また来年頑張ります!
DSC00464.jpg
 DSC00463.jpg
元気だった頃 本当はこんな感じに咲くのですが…
IMG_2272.jpg



菊の花
これは春から夫が手をかけ大事に育てた菊です。

DSC00598.jpgDSC00537.jpgDSC00532.jpgDSC00536.jpg
DSC00599_20131110144749fec.jpgDSC00535.jpg
DSC00539.jpgDSC00601.jpg
DSC00604.jpgDSC00603.jpg
DSC00600.jpgDSC00541.jpg

「巴の錦」
この菊は、夫が一番きれいに咲かせたかった菊です。
大豆島(まめじま)という地区の地元愛好者の方たちがこの菊の栽培を受け継いで、丹精こめて毎年咲かせています。
今年は、大豆島の皆さんがこの巴の錦を 被災地の宮城県塩竃市と北陸新幹線でつながる金沢市に届けに行かれたそうです。
保存会の方々が 講習会などで栽培方法を広められているのですが、夫もそこで教わってきました。
黄金の花びらの内側は深紅で、鮮やかでとてもきれいです。
DSC00679.jpgDSC00680.jpg

脇芽をとらないと、こんな感じに にぎやかに咲きます。
DSC00682.jpgDSC00681.jpg

楽しませてもらった花たちも、そろそろ霜が降りるのでもう終わりですね。
また来春が楽しみです。

希望を持って

今朝もいいお天気で、日差しがパーっと部屋に差込みました。
ピーは、かごから よいしょ よいしょと降りてきて、遊んで欲しくて よちよち歩いて向かってきます。
踏むと危ないので ひょいと ピーを手にとって 一緒に母を起こしに行きました。
DSC00668.jpg 「あの~まぶしすぎるんですけど」

あとで母が 「さっきな、ぴーちゃんの緑が見えた」と嬉しそうに話しました。
「見えたの!?」「緑色が見えた!進行しとると言うとったけど、そんなこともないんやなかろか」と。
母も気にしていたのですね。 でもまだまだ希望を持っていきたいと思っています。

朝の眩しい光が ピーを明るく照らして、よく見えたようです。その後はまた見えていませんでしたが。

私はドライアイでホコリが駄目なので、掃除の時など サングラスをかけたりするのですが、メガネをかけたり はずしたりしたのがわかるようです。

夕食の時聞に聞いてみると、霧の もやの中にいるようで暗くて物は何も見えないと言っていました。でも真っ暗闇ではないそうです。そして私の作った黒白格子の標識はよく見えるそうです。
光や明暗の差で物の雰囲気は感じ取れて、また体調によってもなんとなく見えたり見えづらかったり 多少見え方は違ってくるかもしれません。

実験の画像よりは、もう少し明るくは見えているのかなあとも思いますが。見え方はあんな感じだと思います。

まだまだ奇跡を信じたいです!

在宅リハビリマッサージ
母のひざが痛み出して悲鳴をあげて歩くことが困難になってから1ヶ月たちました。
あれからすぐ ケアマネさんが連絡してくださり、マッサージが始まりました。
一時は、トイレへ行くこともできなくなるのでは と心配しましたが、マッサージに来ていただいてから 悲鳴をあげることはなくなりました。

火金週に2回(1回20分くらい)マッサージをしてもらっています。
最初は動かすと痛がっていたようですが、少しずつ痛くなくなってきたようです。
気持ちの持ち方もあると思いますが。

外の散歩はできなくなりましたが、なんとか歩けるようになって自分でトイレも行けています。
DSC00453.jpg
前のように「痛~い イタタタタ~」と大騒ぎすることはなくなりました。
今も静かに寝ています。
あのまま 寝たきりになったらと不安でしたが、おかげで復活できてよかったです!

緑内障 どう見えているのか 実験

今日は3ヶ月ぶりに母を眼科に連れて行きました。
連休開けて間もないこともあり、とても混んでいて待ちくたびれてしまいました。
立ち座りも やっとやっとで、歩くことも困難な母を診察に連れて行くことは、かなり大変です。
それでも、先生を頼っている母 目医者さんに行けば少しはよくなると思っている母なので、なんとか連れて行っています。 この状態の患者さんは、ほとんどいません。これからどうしたらいいものか…

診察で、「だんだん進んできてるね」と先生に言われショックでした。
右目は以前から、ライトをあてても 真っ暗でなにも見えない失明状態。
左目が 小さな隙間から覗くくらい わずかに見えているくらいです。 ライトをあてると、光は感じるものの まぶしさは まったくありません。
それでも真っ暗闇ではないので、電気がついているか消えて真っ暗かは、なんとなく感じています。
そして、私が作った黒白も見えています。

母に「見え方は前と変わった?」と聞くと「変わらん 前と同じ」と言うので、本人が前と同じに見えているというのだから、検査の時の本人の様子でも違ってくると思って、進行しているなんて信じたくないです。
真っ暗になってしまったら、母は生きる気力をなくしてしまうでしょう…
わずかに見える左目の光が消えないことを願ってます!

どう見えているのか

ずっと、今ちょっとだけ見えている母の目がどう見えているのか知りたいと思っていました。
緑内障の視野欠損の、雲で隠したような画像はよくあるのですが、それとは違う見方をしてみたいと思いました。
以前の記事に書いたとおり、黒白だけは見えたり、動く気配は感じたり、鏡の中の姿が見えたりと 母を観察して いろいろ感じ、自分も母の目で見てみたいと 考えていました。

黄色や赤などがわからず、黒白だけがぼんやり見えるということは…
そうだ! 黄色や赤などの色を隠す色=それと同じ色!

そして緑内障というくらいなので、きっと濁った緑っぽく見えているに違いない!

ということで、自己流で 早速実験をしてみました。

赤 青 黄 緑 のクリアファイルを買ってきました。
DSC00635.jpg
これを全部重ねると、全く見えなくなるので、ファイルを切り離して一枚ずつ8枚にしました。
DSC00636.jpg
色の組み合わせ方は、わからないので適当に組み合わせたのですが

母がトイレに行く時などの目印に私が作った黒白のチェック模様です。
DSC00641.jpg
1m離れた所からファイル4枚を重ねて見ると
ドアノブや手すりは確かにわかりません。 でも壁とドアはわかります。
DSC00642.jpg
ファイル5枚になると
まだ なんとなく壁との境がわかります。
DSC00643.jpg
ファイル6枚になると
壁だかドアだかよくわからなくなってきます。けれど黒白の紙だけは見えています。
近づくともう少し 黒白はよく見えるのかもしれません。
DSC00644.jpg

これで、母が 「この黒白だけは見える これがあるとわかる」と喜んでいたのがわかりました!たしかに、これを付ける前は、手すりだけでは、ドアがどこにあるか手探りし、ドアがわかってもドアノブをまた手探りしていました。
これをつけてからは、ドアもわかり、黒白に触れてから真下にあるノブをすぐつかむことができるようになりました。

次は、母が見えた私のエプロンの格子模様と黒い花模様です。
私のことは見えないのですが、このエプロンをしていると私の存在が見えるのです。
私が作った 黒白格子標識は、「このエプロンのチェックがよく見える」と言った母の言葉からヒントを得ました。
DSC00656.jpg
DSC00657.jpg
確かに赤や黄色 目の前のものは見えませんが、エプロンのチェック模様だけは、ぼんやり見えています。
DSC00646.jpg
DSC00647.jpg
黒いものだけが見えると言っていましたが、こんな感じでしょうか

私の存在をアピールするためにかぶったパンダ帽子DSC00648.jpg
DSC00649.jpg
目と鼻がわかると言っていましたが、こんな感じでしょうか。
動くとなお、存在がわかるようです。

さると目玉が見えると言っていた うちわDSC00651.jpg
DSC00653.jpg
黄色はわからないけれど、さるは見えたと言っていました。調子いい時は バザールの文字も見えたようです。
DSC00654.jpg
DSC00655.jpg
目と口 閉じているとか開いているとか わかったと言っていました。

この実験で皆さんにも、母の目になって見えたでしょうか。
母はこれに視野が狭くなっている感じなのかなと思います。

今回も大成功! やってみて、黒白の模様の重要性がよくわかりました。

緑内障=失明 とだけ取り上げられていますが、わずかに見える目の維持と、わずかな視界で何ができるかを、もう少し研究していただき、頑張って生活している人を救っていただきたいと思います。

冬の寒さ対策2

冬のトイレ対策
母はトイレに座っている時間が長いです。 これから寒さが厳しくなって、暖かい部屋から寒いトイレへ行ったときの温度差や、夜間座っているときなどの冷えが心配でした。
いい方法がないかとネットで調べていたら、人感センサー付きのトイレで使える小型ストーブがいろいろあって「これだ!」と思い注文しました。
人感センサーなら、母がドアを開けて5秒で点火して、出てから2分後には消えて消臭もしてくれるので、理想的です。
電気代も1時間18円なので、寒い思いをしないことを思えばいいかなと思います。
冬場の洗面所用と2台購入しました。
DSC00620.jpg

母は足元が暖かいので、喜んでいました。
なんとかこれで厳しい寒さの冬のトイレも快適になってくれるといいです。

DSC00623.jpgDSC00622.jpg

今まで、こんなのあればいいなと思っていましたが、あまりなかった気がします。
先日ホームセンターに行った時、トイレ用小型センサーストーブがズラッと並んでいてビックリしました。
石油ファンヒーターと同じくらい、売り出していました。
『同じように考えている人が、今増えてきたのかな』と感じました。
種類もいろいろあるので、みなさんも使ってみてくださいね(^_-) 
狭いトイレや洗面所で便利です!

冬の寒さ対策1

念願の赤&フリース

ユニクロでフリースの広告が入ったので買いに行きました。
フリース 温かくてずっと前から母に「あったら買ってきて欲しい」と言われていました。
レディースは細身で、ゆったり感がないので、メンズの赤のМサイズ買いました。
早速母に「フリースの赤買ってきたよ~」と渡すと「フリースがあったか、あ~うれしや 見えんけどと聞いただけでも嬉しいわ」と、とても喜びました。
「いくらやった」「1,290円」「はあ~! ((((;゚Д゚)))) フリースが、せん にひゃく きゅうじゅうえんとは……」
「かわいそうや…かわいそうや そんなに安かったら 儲からん… 」
「…わたしは フリース(父に)いちまん さんぜんえんも出して買うてあげたのに… じゅうぶんのいちの値段やな… 」


あまりの安さに、母は最高にショックを受けていました。
父に買ってあげた 10年前はフリースも珍しく、かなり高価なものだったのですね。

昔、父も母に「このフライパンはくっつかんからいいんよ」とテフロンのフライパンを買って来て自慢げに話していました。
当時は くっつかないフライパンも画期的で珍しく一万以上はして高価なものでした。
母は今でもその感覚のようです。
病院へ行くのに1時間ほどバスや車で、宇和島の街まで行かなくてはいけないのですが、病院の近くは 私が知る限り、小さな商店街のような感じで、安い大型店はなかった気がします。
下着や、こういうものさえ 母は高いお金を払って買っていたのです。

を着ると、明るく見えるか」と嬉しそうに着ていました。
DSC00629.jpg DSC00630.jpg

肩掛け

しまむらで ひざ掛け毛布が380円だったので、買ってきました。
前に作った肩掛けを 母はとても気に入ってくれて、毎晩寝るときに使っています。
それでまた作ることに。
DSC00631.jpg

母に「ひざかけ買ってきたから また肩掛け作ってあげるね~」と言うと 「いくらやった?」「380円」「…さん びゃく はち じゅうえん!(゚o゚;;」「これが… 安すぎや、儲からん、かわいそうや…」と またショックを受けていました。 
母にとっては すべてが別世界 デパート以外の衣料品や電化製品などの大型店のイメージがわかないようです。
つくづく 母の目が少し見えるようになって、買い物をさせてあげたいと思いました。 きっと母は楽しくてしかたないと思います。 無理な状況だったので仕方なかったのですが、 見えるうちに連れてこれなかったこと後悔しています…

お昼を食べて 母が休んでいる合間に 肩掛けを4枚作りました。
作り方は 前の記事に書きましたが、ちょこっと縫うだけで誰でも簡単にできます。
クオーターサイズ 70×100 サイズの安いひざ掛け毛布を利用すると、切ることもなく短時間で楽にできます。
マジックテープをつけて、合わせがわかるように ぽんぽんをつけてあるので、目がよく見えていない母でも着脱できます。
DSC00632.jpg
これを着て寝ると、首や肩や腕が温かくて冷えないです。着たまま寝ても毛布感覚で、ごわごわ痛くもなく肩もこらず、トイレもこのまま行けるので冷えなくていいようです。
DSC00634.jpg
母はまた大喜びしていました。「これいいから おまえもやりな」
愛媛で一人で暮らす 高齢の叔母にも送ってあげようと思います。
安い時にひざ掛けを買って たくさんつくって、みんなにあげたいです!
 | ホーム |  page top