プロフィール

egao64

Author:egao64
介護を経験されている皆さん、希望や楽しみを見つけて、一緒に元気に頑張りましょう


カテゴリ


最新記事


月別アーカイブ


最新コメント


カレンダー

11 | 2013/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

フリーエリア

にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村にほんブログ村にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
にほんブログ村 再生ボタン►を押してから、画面下のYou Tubeをクリックすると大きな画面で見れます

リンク


アクセスカウンター


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索フォーム

QRコード

QR

2013年を振り返って

2013年を振り返って
2013年は私にとって改革の年でした。
マヤ暦ではないですが、今までのいろいろなことを浄化して、新たに前進の年でした。
母を迎えに行く準備をして、実家の片付け手続き、連れてきてから今日まで 無我夢中で走り続けてきました。

とてもハードで大変な1年でしたが、気持ちは明るかったです。
10年という暗く長いトンネルを抜け出し ようやく光を見ることができたようなそんな気持ちです。

IMG_1002 (27) 絵手紙より 家族です


何がなんだかわからず7月から始めたブログも、なんとか頑張ることができました。
介護生活を送っている私にとって、温かなコメントや拍手はとても嬉しく励みになりました。

たくさんの皆さんが訪問してくださり感激です。

これからも どうぞよろしくお願いします(*´▽`*)

IMG_0034_2013123115075584c.jpg 昔ABブラザーズっていましたね
希望の年に
2014年も いい年になるよう、新年を迎える準備もできました。

お正月の花も 玄関のしめ飾りもOK
DSC01255.jpg DSC01262.jpg
手前のきれいな色の葉っぱは、だいこんについてた葉です。あまりにきれいな黄緑をしていたので…
DSC01256.jpg

DSC01278.jpg お清め厄除けの盛り塩も新しく

昨年の年末年始は 母は病院でしたが、今年はこうして一緒に過ごせます。
今年は娘たちもいなくて 母と夫と3人だけの年越しで、ちょっとさみしいですが、ゆっくりしたいと思います。

ぴーが…(((゜Д゜;)))

やっとゆっくりできる…かも

今日は毎年一番面倒な ワックスがけをしました。
家の中は 物が散乱で、やることはいっぱいなのですが、Bさんが「やめとけ」と言うので 見ないことに。
ただAさんが、「これだけはやっとくと気持ちがいいぞ~」と言うので、気力を出して頑張りました。

ワックスがけはかなり重労働で、毎年一人で必死にやって疲れ果てていたのですが、今年は夫に手伝ってもらいました。

通販で夫が「これはいいぞ~、蒸気で汚れがよく落ちるぞ」と言って買ったこれに期待していたのですが…
DSC01263.jpg
さあ始めようとスイッチを入れたとたん 怪しげな音が…
爆発しそうなので 怖くてやめました。 そして不燃ごみとなってしまいました(^_^;)

CMだと、蒸気で どんどん汚れが浮き出して落ちて行くので、以前夫が購入して一度使ったのですが、汚れが落ちず 水が飛び散り逆に面倒に…。
洗剤を吹きかけて手で吹いたほうが、よっぽど速くてきれいになります。
CMでは、きっとあらかじめ洗剤をつけて落ちやすくしていたのでは…と疑いたくなります。
それでも、床の汚れたワックス落としには使えると思ったのですが、結局役たたずでした。

そして手拭きになりました。
DSC01268.jpg
でもふたりでやると早いです。
洗剤で拭いて水ぶきする人 ワックスをかける人 物を移動する人
役割分担をして ほんとうに楽でした。いつも一人で苦労してやっていたので助かりました。

大変なことが済んでほっとしました。
が、 まだやることが! 年賀状を書いていない…

そして 休む間もなく書き始めると…

ピーが…(((゜Д゜;)))

急にかごから出てきてよちよち歩き始めて、私の近くに…止まった(°д°)

なにか違う…

と 思ってお尻を見ると、お尻の穴が大きくなっていて水のようなものが。もしや…
と思った瞬間 ギュ ポコっ


DSC01272.jpg エッ 卵… つぶれてる感じ

と 思ったら、またピーはよちよち歩きだして場所を変えて、ギュ ブニョ
また出てきました。


DSC01273.jpg 黄身がドロっと出てきました。
どうやら割れて出てきたみたいで、残りの部分を押し出したようです。
DSC01274.jpg DSC01277.jpg

このところ体がまん丸でお腹が大きいと思っていたのですが…
ヘルニアになってからは産まなくなりました。 これで卵ができたら、今度卵が詰まったら死んでしまうと心配していたのですが、今回は自力で押し出すことができました。
ほんとうに良かったです。
まだお腹は大きいようで 安心はできませんが、すっきりしたのか ピーは元気にしています。 
普通は産むとき そっと産むのですが、なんでわざわざ かごから出てそばに来て産んだのでしょう…

とにかく ピーには驚かされてばかりです。

気になることは終わったので、明日はゆっくり過ごしたいと思います(*´▽`*)


きつねのマフラー

きつねのマフラーが

前の記事で、きつねのマフラーのことを書いたのですが…

出先の長女から、高校時代の友達の住所を教えてとメールがあって、何年前かの年賀状を取り出して探していました。
その時、偶然一番上に 書き損じの年賀状を見つけ、「アッ、マフラー…」と嬉しくなりました。
そうそう、この頃娘達がよくやっていたんだなあと、懐かしくなりました。

平成九年の年賀状に載せた家族写真です。
IMG_0009.jpg ふたりとも、きつねのマフラーをやっていました。

お正月に頑張って皆で着物を着て、善光寺さんへ行ってきた時のものです。
着物好きな母は 昔よく自分でも着物を縫っていました。
たくさん作ってもらったのですが、時代は変わり あっという間に 学校の入学式卒業式 結婚式も着なくなってしまい、着る機会がないのでせめてお正月には着て 両親に見せてあげたいと思いました。
着物でお出かけ 着付けも後片付けもけっこう大変ですね。

小さくて見えませんが、娘達が持っているのは、鳩にあげるために買った豆だと思います。

こんな時もあったのですね… 今はバタバタあわただしい毎日で…(^_^;)


年末は忙しい

道もお店も この時期混雑するので、今日は早めに食品の買い出しに行ってきました。
帰るとすぐ 買ったものを所定の場所へ。
それが終わると、母に爪切りを頼まれていたので、爪を切ってあげて …それから掃除機をかけはじめると、また母に「背中に湿布を貼ってくれ」と言われ、さっと貼って掃除の続きをしていると、娘に住所を調べることを頼まれ、やっと掃除がおわる頃、母がラジオをつけて、そのラジオが正午の時報を…
『すごい体内時計だなあ… ラジオが鳴ると、お昼を急かされているようで 焦ってしまうよぉぉぉ(><)』
そう思いつつ、思ったときにと、記事を書き込んでいます。

年末年始、子供の頃は楽しみだったけれど、今はあわただしい感じで嫌です。
普通が一番です!

自分へのご褒美

去年の今日

兄が埼玉から母の入院している病院へ行った日です。
母の状態の確認と、実家を離れて私と一緒に暮らすことを説得するためです。
私も母が来る気になってくれるように、何度か絵手紙を送りました。
そして、母もだんだんその気になってくれて、なんとか歩けるように頑張らんと、と思ってくれたようです。

病院からは、長くおいておけないようで もう退院して欲しいと 話がありました。
年末年始受け入れてくれる病院はありません。
この入院で、わずかに手元が見えていた母の目は ほとんど見えなくなっていたのです。
退院して この状態で一人で生活できるわけもなく 困りました。
そして、自分も体調が悪いのに やはり高齢の叔母が あちこち頼んでくれて、なんとかひとつだけ転院を受け入れてくださる病院が見つかりました。

ありがたかったです。
私が迎えに行く3月初めまで 看てくださるとのことで、その間にいろいろ準備ができました。


ミンクマフラーを買っちゃいました~

娘が小さい頃買ったきつねのマフラーを今でも娘はやっています。
子供用なのですが、意外と今やっても おしゃれです。 きつねの顔つきでクリップで留めるようになっています。
それが、クリップのところが壊れてしまいました。
すごく残念で こういうコンパクトな子供用のきつねのマフラーを探してみたのですが、今は売っていないようです。
あの頃 きつね色をはじめ、白やピンクなど 安くいろいろ売っていたのですが、どうして今は売っていないのでしょう…

ネットで調べると中古品などで購入するしかないようで…
そして、子供用ではないですが、可愛い顔のミンクマフラーを見つけました!
オークションのやり方がわからなかったので、夫に手伝ってもらって欲しかったものを購入することができました。
DSC01187.jpg
新品ではないですが、とてもきれいで状態がよくて、大切にしまわれていたような感じがしました。
価格表には、ミンクのボア(サファイア) 195,000円と書かれていました。
箱や価格表から、なんとなく昭和の感じがしました。母がそうだったように、着物を着たり大事なときに使うよう、タンスにでも大切ににしまってあったのではないかと、いろいろ想像しました。
この価格がどうなのかもわかりませんが、本物偽物関係なく、欲しかったものを5,000円で購入できたので すっごく嬉しいです!


左は娘が長年愛用してきた子供用きつねのマフラーです。
DSC01189.jpg DSC01190.jpg 

こんなもので?と思われるかもしれませんが、すっごく嬉しいです。
実際高いものなら申し訳ないですが、普段用に大切に使っていきたいと思っています。

頑張っている自分へのご褒美ということで(^_-)-☆

歯磨き指導

夕飯を食べ終わって、いつもより早く仕事から帰宅した長女に母は、「○○ちゃん、歯ぐきが腫れて痛とうて…なにか効く薬はないのかのう 何つけても効かん…」と言いました。
娘は「見せて」と母の口をチェックして、「すごい腫れてる。薬はないけど、歯磨きをきちんとすれば治るから」と言って、歯ブラシやコップ 洗面器を用意して、食卓に腰をかけている母の歯を磨き始めました。
歯周病か、腫れた歯ぐきから血がたくさん出ました。
歯の間も磨かないとと歯間ブラシも使って磨いてくれていました。

DSC01248.jpg 歯科衛生士として

最後に家にあったデンタルリンスでブクブクをして終了。
「この消毒の薬はいいようにある。ありがとう」と、母は痛いのが治る薬と思って安心したようです。
薬ではないですが、良くなると思うことで安心できるので、そういうことにしておきました。
わんたろうも歯周病で腫れて食べれなくなっていましたが、母も同じで最近食べるのが辛そうでした。
歯磨き これからどうしたら…(^_^;)

穏やかな日

メリー☆*::*:☆MerryXmas☆:*::*☆
今朝はいいお天気です。
昨日今日は、ケーキを食べたり クリスマスを楽しまれたお宅も多いことと思います。
我が家は今年は、いつもどおりご飯を食べて いたって普通です。 
気分だけでもと、ちょっとだけ外でローソクに火を灯してみました。
DSC01245.jpg DSC01240.jpg
みんな幸せになれますように☆

ビックリ!
朝、母を起こしに行くと…

IMG_0031_20131225110121dbd.jpg (@_@;)「あらら…」
鼻と口だけでなく、目までマスクが…
顔中マスクの母でした(^_^;)

気分転換
昨日は雪降りでしたが、急に美容院に行きたくなって 近くの美容院をネットで検索して行って来ました。
いろいろ忙しくて、長い間美容院も行っていませんでした。
長く伸びた髪が、最近バサついてうっとおしく思い、思いはじめると じっとしていられなくなって行動に。
母にお昼を食べさせて、さっと行ってこれる所を探して行って来ました。
何十年ぶりかでパーマをかけてみました。
今のパーマは オカマをかぶらないのですね(^。^;)
手でねじるだけでも くるくるになってビックリです!
IMG_0030_2013122517060379e.jpg

いったい どれだけ私は別世界にいたのだろう と思います。
家に帰ればまたいつもどおり。
うっとおしくなって、また束ねてしまうんですよね…
でも自分のために時間を使って、気分転換できてよかったです(^_-)-☆

クリスマスディスプレイ

今朝はいいお天気でした。
障子を開けると明るい日差しが部屋いっぱいに差し込んできました。
母は日向ぼっこをしながら、歌を歌って調子いいです。
DSC01218.jpg

クリスマスディスプレイ
この連休、少し早く クリスマスを楽しんでいる方もおおいのではないでしょうか。

以前 お店のディスプレイを 私は好きで勝手に作ったりしていました。
クリスマスということもあり 家に置いてあったのを、ちょっと載せてみました(^_-)-☆

これは窓をイメージして作りました。
縦1mくらいの大きなポスターフレーム(透明カバーつき)を使って、厚紙を切って白い窓枠を作りました。
赤い布でカーテンも作りました。 閉じることもできますョ
DSC01192.jpg DSC01197.jpg くるみ割り人形

カーテンを取ると、こんな感じです。
鐘を鳴らしながら歩くサンタさんも20年くらい前のかもです。
DSC01204.jpg

古いものを処分しようかと思ったのですが…
DSC01236.jpgDSC01237.jpg
子供たちが小さい頃、小さなクリスマスツリーを飾ったライトです。
今は電気代が安くて明るいLEDライトですが、以前はこういうライトが普通でしたね。
つけてみると、まだつきました~
DSC01233.jpgDSC01234.jpg
卓上用の小さなツリーですが、子供の頃 父が飾ってくれて、きれいなこのライトを嬉しくて、じっと眺めていたことを思い出します。

静かな夜

雪の夜
雪が降り、一気に雪景色になりました。

こんな日はとても静かですね。
我が家の前を通る電車も、雪の日は音がとっても静かなんです。

そして、イルミネーションの光も 雪に反射して辺りを彩り とってもきれいです。

DSC01177.jpgDSC01182.jpg
DSC01181.jpgDSC01179.jpg

テレビも消して、娘も 小さな音でジャズを聴きながら今 読書をしています。
静かな夜です。

ソックス

お隣から 母にソックスをいただきました。
いちごのかわいいソックスです。
よくわかってくれていて ありがたいですね~
DSC01167.jpg
寝る時まで ソックスを手放せない母
ソックスまで 明るくかわいいのを履かせてあげようと (誰もみてない 誰も見てない…(^_-))母に履かせました。
「もう、おばあさんぽくでなく こどもにかえって 明るくかわいいものがいいよね~」と母に話しました。
「見たいけど見えんからなあ」『見なくていい…かも(笑)』
DSC01168.jpg

奇跡のピー

えっ…

昨夜また目がテンになるような出来事が

元気になってから いつものように、ピーは下に敷いてある紙をビリビリバリバリやっていました。
すると動きが止まり、ピーは紙をじーっと見つめ…
DSC01149.jpg

「むかしむかし」「ぴーちゃん」「あるところに」「おじいちゃん」「こんにちは」「いました」「おばあちゃん」…
と、低い声でぼそぼそしゃべっていたのです。

そばに行っても気づかないくらい真剣に、20分くらい ひとりでしゃべっていました。

「ぴーちゃん」だけは いろいろトーンを変えて はっきり言うのですが、あとは 相変わらず ぶつぶつと めちゃくちゃです。

相変わらずというのは…
ひなの頃から 一生懸命言葉を教えていましたが、メスでもあり覚えが悪くて、いつもかごの隅で 低い声でぼそぼそしゃべるくらいでした。

卵を頻繁に産むようになって、全くしゃべらなくなってしまったのです。
もう2年以上はしゃべっていないと思います。 (ピーは 2010.3生まれです)

それが 昨日 ピーがしゃべっているので 本当に驚きました!
『奇跡で助かって元気になったのだから その反動で、また卵を産む前に戻って しゃべってくれればいいのにな~』と思っていたのが現実になりました!

それも以前しゃべっていた言葉を そっくりそのまま言えたのです。
ずっとしゃべらなかったのに、しゃべることもできて、言葉も忘れていないなんて…

インコの頭はどうなっているのか… 時間がたっても記憶は残るのか…
驚きでいっぱいでした。 そして すごく嬉しかったですO(≧▽≦)O

DSC01163.jpg  なにか??

母のため 自分のため

黒白標識

朝 母が、「あのなあ…」と言い出すので、また何を言われるのかとドキッとしました。
でも 次の言葉でホッとして嬉しくなりました。

「見えんけど、お前が作ってくれた角いやつのおかげで、よいよ(ほんとうに)助かっとる。あれだけは見えとる」

手すりだけでは方向がわからなくなってしまったり、ドアなども手探り状態だったのが、これをつけてから 母は一人で順調にトイレや洗面所など行くことができるようになりました。
DSC01024.jpg
以前 見え方の実験をやったのですが、もし見えづらくなっていたら やっぱりファイル6枚くらいかなと、もう一度やってみました。
DSC01026.jpg DSC01027.jpg母の部屋のドア

周りはボワッと暗くても、母はこの黒白だけは はっきり見えると言うのです。

これがないと、母は戸を開けることができません。
それだけ 母にとって重要な働きをしていると、言われてみて 改めて実感しました。

それで おバカな私は図に乗って、「手すり自体を黒白チェックにしたら」と、ちょうど手すりに似た ラップやトイレットペーパーの芯を見てひらめきました。
切れ込みを入れると、手すりにパカッとちょうどはまりました。「ピッタリ!いい感じ」 あとは黒白チェック模様にするだけです。

試作品を母に見せると、「見えん、手すりの邪魔になる」と言われ 「(((゜Д゜;)))  いいアイディアだったのになあ 残念…」とゴミ箱行きに(^。^;) 黒白チェックも小さすぎては見えないようです。

もし、母と同じような方がいられたら、白い厚紙と黒のビニールテープで簡単にできますので試してみてくださいね。

母のため 自分のため

母を愛媛から連れてきて、夜遅く家に着いた瞬間から 大変な介護が始まりました。
夜中も1時間に1回のペースでトイレに行く母を連れて行くのに寝不足の日々。

すぐにケアマネさんが対応してくださったおかげで 介護用品のお店の方がベッドや風呂椅子車椅子 ポータブルトイレを持ってきてくれました。

手すりが付くには いろいろ手続きが完了しないとだめなので時間がかかり、その間は 寝不足でも 母をトイレへ連れていきました。
ポータブルを使わせれば と思われるかもしれませんが、とにかく母に早く慣れて欲しくて、大変でしたががんばりました。
そして手すりが付いて、ドアなどがわからない母のために黒白標識を作りました。
母も 早く慣れて一人で歩いて トイレや洗面所 部屋の行き来ができるようになりたいと、迷いながらも感覚を覚えるために頑張っていました。

知らない家で 今では一人でトイレも洗面所も リビングのいすから自分の部屋の行き来もできるようになりました。
洗面所も 母の使う タオル 歯ブラシ歯磨き粉 コップ 洗顔石鹸など 同じ場所に置いてあるので、母は一人で やっています。
DSC01133.jpg

ここまで来るのは大変でしたが、あっという間でした。
最初にポータブルトイレなど使っていたら、こうならなかったかもしれません。
母も自分でできるようになって、夜中も安心して眠れてトイレ回数も減りました。

足さえ痛まなければ、順調に過ごしています。最初の頃よりはずっと楽になりました。
あのままだったら、私が倒れていたと思います。

いろいろやらせて、鬼のような娘ですが、これも母と自分自身のためなんです。

ドライアイ

眼科に行って来ました

このところ、室内暖房などで乾燥するのか 目が乾いて 痛くて 目を開けているのがとても辛い状況です。
いくら目薬をしてもダメで、パソコンを見るのも必死です(><)
口もカラカラで、いくら水分をとっても のどを通りすぎるだけといった感じです。
目や口の乾きで、体調が悪いです。

頭痛もするので休みたかったですが、頑張って自分のために眼科へ行って来ました。

何年か前に、ドライアイの治療で 涙点プラグというのを、まぶたの涙が鼻の方へ流れる小さな穴に装着しました。わずかな涙をためるために栓をするといったものです。両目下まぶたで1万円くらいでした。
あの頃はほとんど涙が出なくて やってみたのですが、片方は途中で取れてなくなりました。
でも、残っている片方の目が、プラグがあたって痛かったので それも今日取ってもらいました。
スッキリです!
最初の頃は 少しいいかなとも思ったのですが、目に違和感はありました。
微量の涙をためる利点はありますが、老廃物が流れていかない欠点もあります。

最近は、まだこぼれるほどの涙は出ませんが、涙がじわっと出てくるようになってきたので、なくても大丈夫かと。

痛み止めの薬をつけてもらい、今は痛くて目が開かないということもなく、スッキリと見えています。

ドライアイメガネ

ドライアイの私の苦手なものは 乾燥とホコリです。
家で目をパッチリ開けていられるのは トイレや台所 洗面所や浴室 の水回りです。

目にホコリが入ると、すぐ傷がついてしまうので、掃除や洗濯物をたたんだり、布団類をいじるとき なんでもいいので度なしメガネをかけています。

潤えるメガネが欲しくて 試しにネットで調べて購入しました。
家の中でやるだけなので、潤うならなんでもいいのですが
DSC00950.jpgデザインはいいと思います。
DSC00949.jpgここに蒸留水を入れます
DSC00951.jpg同色のポケットもついていました

普通のメガネでなんとかやっていたので、水を入れる場所があることは嬉しかったのですが…
水が一滴くらいしか入りません… すぐなくなってしまうし。
辛いドライアイの私には、もっと水をたくさん入れられるように工夫して欲しいです。

家にいて誰も見ていないなら…
IMG_0029_20131217165820777.jpg
ナノレベルで 見えないくらいの水が出て、水がレンズがわりのメガネとか
IMG_0028_201312171658184ea.jpg  気持ち悪い絵で ドウモスミマセン
使い捨てでも、紙メガネとかで水を染み込ませて目の周りを保湿するとか
目の周りに塗ることで、目の乾燥を抑えるとか、刺激をして涙がでやすくなるものとか…

単純な私には思いつきません(^^;

ドライアイで苦しんでいる人たちのために、早くいいものができること願っています。

ドライアイメガネ 快適なものないかなあ…




元気に

ありがとうございました!
今日 ピーはあれから初めて 「ピー」と鳴きました。 
いつものように 下に降りて、紙をビリビリ作業もして、羽の手入れも頑張ってやっています。
そして、私の方へ(飛べないけれど)頑張って バタバタと かごから飛び降りて やってきました!
DSC01085.jpg
いつものピーにもどりました~ヾ(*´∀`*)ノ

皆さんにはご心配おかけしました。
そして ピーが元気になるよう願っていただいたり、たくさんのメッセージをいただき ほんとうにありがとうございました。
DSC01102.jpg 元気になったピ~ みなさんありがとうピ~♪

わんたろうも リンパの腫れか、喉の大きなこぶも なくなってきました~ヾ(*´∀`*)ノ


お酒 弱すぎ…

去年の今日は日記によると、缶ビールを飲んで私が倒れた日です。
夜 普通の缶ビールを飲んで、家計簿をつけて それから立ったまま 朝食の栗ご飯のために、台所で栗の皮むきをしていて…
だんだん血の気がひいていくような嫌な予感がしてきて、立っていられなくてそのまま床に。

意識はあったので、なんとか必死に水を飲んで床でしばらく倒れたままでいました。

母のことで かなり疲れもたまっていたからかと思います。 疲れていると 飲めないくせに飲んで寝たいと思ってしまうんですね(^_^;)

昨日冷蔵庫で 135mlのこんな小さいのを見つけ飲みました。一口だけ美味しく感じることができて、倒れないこのサイズが気に入りました!
DSC01067.jpg

若い頃、結婚式で おじさんなどが 次々お酌に来られて、飲まないといけないと思って飲んでいたら、最後にバンザイで立ち上がった瞬間目の前真っ白 になったこと何度かあります。
疲れていて 温まって寝たいと、梅酒原液を少し飲んで 立ち上がった瞬間 意識がなくなって そのままバタン。
家族がいたので なんとか助かりましたが…
梅酒や日本酒は特に強いので、何度か貧血で倒れそうになったり、呼吸が苦しくなったりして怖くなりました。

缶ビール1本くらいなら大丈夫と思っていたのですが、最近はビールも怖くなりました。

どうしてこんなに弱いのかなあ… 飲みたいのになあ…

希望が

ピーが出てきてくれました~ヾ(*´∀`*)ノ
今日 一度だけですが、呼んだときに かごの入口まで出てきてくれました。
今までずっと [そっとしてくれ] とばかり かごの奥の方で静かにしていて、呼んでも逆に隠れてしまう感じだったので、嬉しかったです!
DSC01056.jpg
いつものようにエサ入れに入って寝るようにもなって、羽の手入れも一生懸命やりだしました。
頭がかゆいのか ストラップでいつものように 頭もカキカキしていました。
DSC01059.jpg DSC01066.jpg
小さかった目も だんだんパッチリしてきました。
DSC01061.jpg

声や遊ぶ元気はまだ出ていませんが、ぐったりと辛そうな状況は抜け出せたようです。

みなさんがピーを思ってくださったおかげです! 元気になってピーはまた奇跡を起こしてくれそうです。

自分から 「遊ぼ ぴ~」と出てくるまで もう少し見守っていきたいと思います。

みなさん ピーを心配してくださり、ほんとうにありがとうございます!

わんたろうも元気に
3月で15歳になる わんたろうは、歯周病で、最近硬いものを食べるのが辛そうで、食欲も落ちてきました。
前に病院に電話で聞いたところ、わんたろうは高齢のため 麻酔をかけることができないのでなにもできないとのことでした。
化膿してか、のどにおおきなぐりぐりの こぶが。

夫が自転車で かかりつけの動物病院へ連れて行ってくれました。
ここは ぴーもお世話になっているのですが、良心的で安心です。
DSC01065.jpg

わんたろうは 車は酔うのかダメなので、いつも自転車のかごに おとなしく乗っています。
自転車は気持ちいいのか大好きみたいです。

さすがに 冬は寒すぎるのでどうしようか考えて… 「そうだ!」
前に作った肩掛けをすっぽり。 ちょうどよくて なかなかGOOD!でした。
DSC00999.jpg DSC00997.jpg

病院からいただいた錠剤を小さく割って、ご飯の時に わんたの好きな 梨やりんごの中に埋め込んで食べさせました。 かなり苦いようですが、わんたは果物と一緒に食べてくれます。

そして、のどのコブもだいぶ小さくなって、わんたも元気になってきました。

みんな元気になってきて希望がでてきて嬉しいです。

不思議な出会い

去年の母の入院
去年の今頃、母が自分の家の寝室の畳で転んで動けなくなって、入院しました。
幸い寝室にも電話があって、母はそこまで必死に行き、見えないながら覚えている番号をなんとか押して助けを呼んだそうです。
今回はさすがに親戚もみんな「もう一人では無理だ 施設を考えないと」と言い始めました。

その一ヶ月前に義父の四十九日法要も無事終わり仏様になられたので、私の頭の中は 母を家に連れてきて看るための準備のことを考え始めていました。

まだ何も具体的に考えていない矢先の母の入院。
そのつもりではいたものの、実際遠い我が家に連れてくるには 考えないといけないことがいっぱいで、どうしようという不安もいだきはじめていました。

DSC01008.jpg

不思議な出会い
母が転んで3日後に、私の気持ちを後押ししてくれるような人との出会いがありました。
以前、(ほんの数ヶ月 それも話をしたのもわずかなのですが)一緒に仕事をしていた女性から突然携帯に「一緒にお茶でもしませんか」と電話がかかってきました。
特別親しい関係でもなく、その方が辞められてから8ヶ月もたっていて私のことなど忘れていると思っていたのですが。
それも12月の気ぜわしく 寒い時期に。
こんな時期に 突然 忘れていてもおかしくない人と お茶がしたいと普通は思わないと思うのですが…
私も母のことで 悩んでいたりして誰かと話がしたかったので、迷わず 2日後に早速会うことになりました。

今でも この出会いが なぜ母が倒れてすぐだったのか不思議でなりません。
この日があったから、今があるのです。 
その方には 感謝の気持ちでいっぱいです。

帰宅後のメールで
久しぶりに会ったのですが、昨日会ったかのようにとけ込めて 仕事の話などで盛り上がり楽しい時間を過ごすことができました。
その方は、「マヤ暦」の占いを勉強されていたので、今の私の悩みを話しました。
帰宅してからメールでいろいろ マヤ暦の占いのメッセージを送ってくれたのです。

そのメッセージが、今の私の気持ちに合っていてびっくりしました。
そしてそれが 今に至るまでの私の原動力となりました。

メッセージ (途中略)

マヤ暦を勉強していると自然に必要な時に必要な人に会うので面白いです。
○ 影響力が非常にある方です。
○ 仕事熱心 とても好印象で もてなしの心に溢れた方です。
○ 相手の立場に立つことが信頼を得る大きなポイント。
○ 多くの人にチャンスを与えることでチャンスが与えられる。
○ 気苦労が多いが、お墓参りをしていれば必ず先祖などの霊的なものに導かれる。
○ 仏閣はパワースポット
○ 風邪を引くと喉にくるので気をつけて。
○ 心のあり方がポイント。人生も考え方一つで変わる。おもてなしの心を大切にするとよい。
○ 下積み経験が生かされこれから実っていく。
○ 将来的にリーダーや仕事で重要なポジションにつくことになるので、下積みを経験して人の    
  痛みをわかってあげるのが重要
○ そのままを受け入れることがいい方向に向く。
○ 今年の誕生日から来年の誕生日まで浄化、リセット 改革の年まわり。
○ 11年前~勢いで走ってきて今年はいらないものはぶっ壊す年。
○ 今年離れて行くものは浄化のために起こっていることなので改革を楽しんでください。


このアドバイスで、一気に迷いがなくなって、
「今の状況をそのまま受け入れることがいいんだ!  母の入院は、こうなるための きっかけだったんで、悪いことではないんだ!  考え方を変えると、こんなに気持ちが楽になるんだ!  十年近く辛く苦しんできたけれど、それは私にとって必要な下積みだったんだ!  この経験があったから、人の気持ちをわかろうとすることができるんだ!  義父が仏様になって、義父がいた部屋をきれいにして、リフォームして 新たに母をこの部屋に迎える準備をしていいんだ!」
 と、自分でも驚く程着々とことが進んで行きました。

部屋や家の中をリフォームしたり 思い切り片付けをしていらないものを処分してすっきりして改革していきました。
そうすることで気持ちも明るく前向きになってきました。
こちらのお墓や 実家のお墓参り、お寺で祖先の供養もできました。
実家の片付けで やはり風邪をひき 喉をやられ咳には苦しみましたが…。
そして、苦労してきたこと 今までの経験を 仕事を辞めた今、家にいながら役立てたいと思ったのが このブログでした。

DSC01009.jpg

思うこと
ふうとさんの記事で「願いがかなう不思議な日記」のことが書かれていましたが、私は読んでいないのでよくわかりませんが、もしかしたらこういうことなのかな ってふと思いました。
不思議なくらい その通りになっているのは、そのことで自分がやるべき目標ができて気持ちが変わるからかもしれないですね。

りゅきさんの記事を読んで、みんな介護などで今はすごく大変だけれど 今とてもいい経験をしているのかもしれないと思いました。 これがあって 人の痛みがわかって、あとで何倍も幸せに思えるのだと思います。

お願い 元気になって

ピーが昨日急に元気がなくなってしまいました。

朝もいつもどおり元気よくピーピーと鳴いて、「遊んで」とかごから出てきて
DSC01011.jpg トコトコ歩いて向かってきて 
ばあちゃんの邪魔をして怒られて
DSC00774_201312111505398d4.jpg DSC00781_2013121115054150e.jpg

「ヨイショヨイショ」と登って自分の家に帰って とっても元気だったのに…
DSC01013.jpg DSC01021.jpg

肩に登って降りようとして 落ちた時にお腹をぶつけたのか、かごにもどって元気がなくなっていきました。
今までも何度も卵を詰まらせては ぐったりと死にそうになって病院へ行きました。
卵をポロッと取り出してもらっては、また元気になって。
前にお腹がふくらんでいたので病院へ行くと、卵づまりではなく「卵を産みすぎて力が入って腸が飛び出たヘルニアです」と言われ、 それからは卵を産まなくなったので逆に元気になったのですが。
重たく垂れ下がったお腹を引きずって大変そうでしたが、とっても元気でした。 ただ飛べないので落ちないように気をつけてはいたのですが。

いつも辛くなると、力を振り絞ってかごから出て私の所へ歩いて来ます。
昨日も来て、そのまま私の手の中で眠りました。
温めないとと ホットカーペットの上に寝かせたり、安心するようにエプロンのポッケにホッカイロを入れて、ポッケで一緒にいたり、ずっとピーと一緒でした。
DSC01034.jpgDSC01033.jpgDSC01043.jpgDSC01039.jpg

いつもピーに元気をもらっていた私です。『死なないで…』と泣けてきました。
夜 少し元気になって 餌を食べたり水も飲んでいたので 温めてかごで寝かせました。

そういえば いつもエサ箱の中で寝ているのに、最近はエサ箱のふちや枝につかまって寝ています。「鳥らしくなったなあ」なんて思っていたのですが、もしかしたら、お腹が辛くてそうしていたのかもしれないです。

朝 かごの中にピーがとまっていたことにほっとしました。

先生に「諦めてください」と言われるのが怖かったのですが、勇気を出して病院へ連れて行きました。
「肺がつぶれてますね、それで呼吸が苦しいのかもしれないです」と言われました。 やはり落ちたことでぶつけたのが原因かもしれません。
「1週間くらいかかるかもしれませんが、肺がもとに戻って元気になることもあるので」と言われました。
今日もまだ私に背中を向けたまま辛そうにしています。
DSC01045.jpg
「今はそっとしておいて」と言っているかのように、 顔を見ただけでそばにとんでくるピーとは違って よそよそしいです。
静かに見守っていきたいと思います。

今までも何度も奇跡を起こしたのだから、「今回もまたいつものピーにもどって!お願いだから死なないで!」
と願うばかりです。

歩く姿

朝 わんたろうの散歩で歩いていると おばあさんが ゆっくり歩いて来ました。
頭にスカーフを巻き、後ろに手を組んで、ぶつぶつ言いながら通り過ぎて行くおばあさん
『転んだ時 後ろに手を組んでいると危ないのになあ…』
IMG_0027 (2) と、気になりながら歩いていると…

今度は、シルバーカーを押しながら歩いていて、急に立ち止まって考えているおばあさん
どうしたのかな と気にして見ていると、IMG_0025 (2)
「耳鼻科はどこですか?」と聞かれたので、「こっちですよ」と教えてあげて ちゃんと着くのを見守っていると
IMG_0023 (2) 杖をつきながら 「ごくろうさま」と 小声で通り過ぎて行くおばあさん

みんな ゆっくりゆっくり一生懸命、一人で頑張っていて偉いなあと感じました。
それと同時に どんな形でも こうして一人で歩けることが素晴らしいことだなあと思いました。

母は自転車も乗れないので、どこへ行くのも どんなに遠くても よく歩いていました。
いつも重たい買い物の袋をさげては帰って来ました。
あの頃の母は とてもたくましく見えました。
そんな母が 今はもう一人で歩くことができないのです。さみしいです…

みんな転ばないように気をつけてくださいね。 ゆっくりゆっくり。

音楽で感動したこと

ギターの弦も張替え、懐かしくなって昔の写真を見ました。
高校時代 フォーク班で友達4人でグループを作って活動していました。
みんな ピアノやバイオリン クラッシクギターなど音楽経験者で、私だけ美術専攻。
大変でしたが 適当にごまかしながらなんとかやってきました(笑)

楽器店のホールを借りて友達を呼んで、他校の人たちとコンサートも。
IMG_0023_20131208110947ea2.jpg 向かって右が私です

知的障害者更生施設へ
当時の顧問の先生が福祉のことも携わっていたこともあり、先生から「やってみないか」と言われ 自分たちの演奏が受け入れられるのか不安もありましたが、やってみることにしました。
そして親しみのある曲などを選んで 施設で演奏しました。
みんな 静かに集中して聴いてくれて なにより驚いたのは、みんな体を揺らしリズムをとっていたことです。
音楽って、誰でも自然にとけ込めて 体で感じるものなんだ!と 当時高校生の私は感動しました。

IMG_0024.jpg

それから 施設の方から招待されて、冬にまた行きました。

雪が多い地域で、あたりは銀世界でした。
施設の外に 雪で作ったステージや 大きなドラえもんなどの像などがあって驚きました。
よく たくさんの雪でこれだけのものをつくれたと 感激でした。
IMG_0027_20131208110953c89.jpg
寒すぎて指は動かないし、張り詰めた弦で指が切れそうでしたが(^_^;)
IMG_0025.jpg 右が私です
施設のみんなも一緒に歌を歌ってくれました。
IMG_0028_20131208111021429.jpg IMG_0026_20131208110952334.jpg
そのあとは 皆で手をつないでダンスも
IMG_0029_2013120811102225b.jpg

もう30年以上前のことですが、その時のことは忘れられません。



自分のために

毎日毎日 「今日こそは自分のために時間を!」と思うのですが、どうして ホッとする時がないんだろう って思います。
頑張って掃除洗濯 身の回りの片付けをして、わんたを散歩に連れて行って午前中はめいっぱい。
やることやって これで、午後はゆっくりできるかなあなんて思っていても…
マッサージの方が帰られると 12時過ぎ またお昼の準備 
その間にも 宅配便などピンポンピンポンと電話 
母の お付き合いの関係も 全部私がやらなくてはいけなくて、それが想像以上に大変で…
母とどうするこうすると話すだけでも、なかなか通じなくてパワー消失です。
母の事だけでもめいっぱいなのですが、母に変わって 贈り物やお礼 そのやりとりで午後の時間もゆっくりできず、「静かな時間が欲し~い!」と叫びたくなります。

今日も夕飯まで少ししか休めなくて。 
かなり疲れて横にもなりたいのですが、 自分のために何かをした というものがほしくて、気力を出して 以前から(いったい何年前から…)やりたいと思っていたギターの弦の張り替えをしました。

弦も買ったきり十年以上は過ぎているかもです(^_^;)
DSC00960.jpg DSC00961.jpg

新しい弦(新しくもないけど…)は、いいですね~

結構きれいです DSC00969.jpg  

ミニギターは小さくて弾きやすいですが、音の響きは全然違いますね。
ちなみに ミニギターは15年くらい前に1万円で買った気がします。
 
 DSC00964.jpg

ギターケースに こんな物も入ったままでした。
わあ 日付まで…
高校生の時に、子供の頃ずっと使わずに貯めていたお小遣いで買いました。
そう60,000円でした。 すごく高価なものだったので、大事に使っていました。
30年以上前のものですが、あの頃のままです。
DSC00962.jpg DSC00963.jpg

もう「フォーク」という言葉も最近は言いませんよね。
楽譜も あの頃のままです。 時代を感じますね~
DSC00970.jpg
ラジオから流れる曲をカセットテープに録音して何度も聞いていました。
ダウンロード?とかで簡単に曲が聞ける今の時代では 考えられないですよね。
でも、あの頃はあの頃の良さがあります。
スケッチブックも 大切にとってあります。
DSC00972.jpg DSC00975.jpg
DSC00973.jpg DSC00974.jpg

歌も楽器もダメなわたしですが、「フォーク」やってみたかったんです。

近くに教えてくれるところがあったら、基礎から教わってまた弾いてみたいです。

ストレス発散で「じゃ~~~ん」と思い切り鳴らしてみたいですが、近所迷惑を考えやめておきます(笑)

さあ もう夕飯の準備をしないと… 忙しいです

しめじが…

ティッシュ

今朝も母を着替えさせたあと、いつもの目薬

あるある またここに… 『今日はこれを使っちゃおう』
目薬のあと 目を拭くようにティッシュを渡すのですが…

「おまえは どこから こんなん探してきよるんか」
「あちこち いっぱい隠してあるからね~(笑)」
「よく見つけてくるな」 と母も大笑い

目薬で一回使ったティッシュは もったいなくて母は、枕の下や いろいろ入れている所にいれてあります。

出てくる出てくる あっちこっちから使ったティッシュが。

母の洗濯物も要注意! ズボンのポッケから ごろごろ出てくるティッシュ。これを忘れると大変です。


しめじが…

「あっ 出た… どこいった…」
部屋から母の独り言

母は食べたものが時々逆流するのですが、最近は食べたものが飛び出る程度です。
あとで部屋を見に行くと

部屋のすみに IMG_0021_20131205140014b09.jpg …どうも こんちは

朝食の味噌汁の しめじが そのままの姿で ころりん

あらら…
母はいつも噛まずにそのまま飲み込んでいるだけなんです。
いつも よく噛んでゆっくり食べるように言っているのですが、なかなか(^_^;)
それにしても 寂しげな しめじでした。


夜空

三日月と金星がきれいだったので、おもわずパチリ
DSC00992.jpg DSC00993.jpg
うまく撮れなくて残念ですが。

温かな心で

わんたろうを散歩に連れて行って外から自分の家を見たとき、ふと考えてしまいました。

『花を植えたり 犬がいたり イルミネーションとか 優雅で明るく見えるけど、家の中では必死に介護生活を頑張っているなんてこと、誰もわからないだろうな…』

いろいろあって、一番辛く苦しくどん底だったとき、「絵に描いたような 理想的な家だね」と言われ『ほんとうは違うのに…』と何も言えなくて辛かったこといまでも忘れられません。
でも そういう時期を乗り越えてきたから今があるのです。

DSC00980.jpg
 
『こうして明るく照らしてくれているみんなも、決して優雅な生活をしているわけではないんだよね… 
同じようにずっと大変な介護をされてきたり、仕事をしながら介護問題をかかえていたり…
そんな大変な中、気持ちを明るく元気でいたいからみんな頑張ってくれている。
皆 元気でいてほしいから。』

DSC00982.jpg 温かな心で

もっともっと 皆元気をだそうよ! 温かな心でいようよ! 
暗い夜道 学校や仕事から帰宅するみんなのために せめて玄関灯をつけて ほっとするような街であってほしい。 そう思います。

散歩のとき、消防局からアナウンスが。 時々 高齢者の方が行方不明でアナウンスが流れます。
今日は無事見つかったようですが。 

家を出てわからなくなってしまう 本人も支える家族も大変だとつくづく感じます。
街 全体が 温かな心で支えあっていけたらいいなと思います。   

うまくいかない

昨日は掃除洗濯を早くやって、大掃除はパスしてゆっくりしよう!と 思っていたのですが…

母に用事を頼まれ、洗濯も途中で (我が家は二層式なので、自動で洗濯はしてくれないので) ほったらかしのまま、 寒い中 南に北に 自転車を走らせ なんとか用事をすませました。
かなりの距離をあちこち 必死に自転車で頑張って動き回ったので、家に着くと もうふらふらで…(><)

でも もうお昼をとっくに過ぎているので、母に先に食べてもらいました。
その間に ほったらかしの洗濯をして、自分も食べました。
疲れがどっと出て、とにかく休みたかったのですが、母にいろいろ話かけられ イライラしちゃいました。
『言うのは簡単だけど、それをやる人は大変なのよ~』と心の叫び

結局今日も やることが押してしまって、玄関ピンポンや電話応対など ゆっくりできないまま 夕飯になり母をお風呂も入れて、家族も帰宅し ほっとする時間はありませんでした。 
うまくいかないものですね。

寒い時期は
寒くなると鍋料理がおいしいですよね。
以前 どうしても鉄鍋が欲しくて購入しました。
土鍋も温かみがあっていいのですが、鉄鍋もいいものですね~
DSC00805.jpg 

鍋料理 おでん すいとん たくさん作ると美味しですよね(^_-)-☆
DSC00811.jpg カレーをやるとどうなのかな? 
入れたまま置いておくと 黒くなるんです。 鉄分とれてイライラなくなっていいかな(笑)

気力

12月ですね~
なんだか気ぜわしい毎日です。
寒いけれど、12月はクリスマスで街は明るい雰囲気で 元気が出ますね。
玄関も クリスマスバージョンにしてみました。
DSC00931.jpg DSC00945.jpg

今朝 娘が突然「キャハハハ~」と大笑いしていたので行ってみると…
「とりが…」と。

見ると、トイレの開いたドアの向こうに 「ほんとだ! とりがいる (*^◯^*)」 もうおかしくて、私も笑っちゃいました。

IMG_0020_20131130225819ddd.jpg なに笑っとるんかな?

母は トイレのドアをいつも少し開けているのですが、そこから見えた母が…

黄色いスウェットに、肩にかけたタオルなどが羽みたいで 朝日に照らされて ちょこんと座っている姿が、まるで黄色い鳥のようでした。
かわいい ばあちゃんの姿に娘も ほのぼの大笑いの朝でした。

気力 
昨日は 壁などのホコリ取りをしようかな なんて思っていたのですが、朝から 玄関でピンポンピンポン 電話が鳴ったり 母のことやらバタバタで…

さすがのAさんも妥協しました。頭痛もしてきて「そら見ろ、無理してはこうなる」とBさん

いつもこんな感じでダメなわたしです(><)

集中してやりたくても、母のご飯をしたり 母の相手をしたり、うまくいかなくてイライラしてしまいます。
最近は疲れやすいし、思うようにできないです…

ずっと仕事をしながら 家事子育てを両立してやってきたのですが、介護で仕事を辞めて家にいると、今まで頑張ってこれたことが 信じられないくらいです。 具合が悪くてもなんでも、気力だけで頑張ってやっていたんだなとつくづく思います。
 
子供たちが保育園の頃は、朝自転車に二人を乗せて 危ないので保育園まで 私は自転車を引いて行きました。
必死に頑張って時間ぎりぎりです。 二人を保育園に連れて行くと そのまま大急ぎで駅まで行って電車に飛び乗って仕事に行く毎日。 帰りもお迎えの時間に間に合うように走って駅まで行って電車に飛び乗ったり 1分の時間が貴重に思えました。
IMG_0016_201311302258177e4.jpg

肺炎になった時も必死に仕事を頑張っていたのですが、限界を感じて辞めて家に着いたとたん、起き上がることさえできなくなっていました。
ほんとうに気力だけで立っていられたといった感じでした。
肺炎で肋骨にヒビがいって 何も持てない状態の中でも、子供たちが熱を出すと、子供を抱いてお医者さんに連れて行ったり、母親として信じられないようなパワーがありました。気力が自分を支えてくれていたのですね。

それが今はそのパワーがでないのです…
最初は仕事と介護の両立を考えていたのですが、今はとても考えられません。

Aさんにもう少し頑張って欲しいし、Bさんにセーブもして欲しいし…
とにかく希望を持って 元気でいなければ!と思っています。

楽しみ見つけてファイト~!

 | ホーム |  page top