プロフィール

egao64

Author:egao64
介護を経験されている皆さん、希望や楽しみを見つけて、一緒に元気に頑張りましょう


カテゴリ


最新記事


月別アーカイブ


最新コメント


カレンダー

06 | 2014/07 | 08
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

フリーエリア

にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村にほんブログ村にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
にほんブログ村 再生ボタン►を押してから、画面下のYou Tubeをクリックすると大きな画面で見れます

リンク


アクセスカウンター


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索フォーム

QRコード

QR

奇跡

29日 手術が終わりました。

皆さんが祈って応援してくださったおかげで、奇跡が起きました!
ガンと言われていた腫瘍が、切除して細胞をすぐに検査したところ 良性でした!

もう信じられないです!
不思議な力や、多くの皆さんの気持ちが 悪性を良性にしてくれたのだと思っています。

先生に伺ったところ、CTやMRIで専門の方々が判断した結果、良性ならすぐにわかるし、今回は「良性とは思えない、変だ」ということで、ガンの可能性が高かったそうです。
本来6-8時間を予定していた手術が、子宮と卵巣だけの切除で済み、2時間で終わりました。
ガン専門の大病院ですが、こういうことも まれにあるそうで、でも珍しいケースのようです。

これは ほんとうに奇跡が起きたとしか思えません!

家族の気持ちがひとつになって、奇跡が起きるようにと がん細胞をなくす食事療法に取り組んだこと。
ブログで 皆さんが団結して明るく応援してくださったこと。
ガンを告げた 私の大切な人たちが、また明るく応援してくださったこと。
夫と私 両方のご先祖様にお願いしたこと。


本当にたくさんの応援 励ましをいただきました。
皆さんに共通することは、一切「大変だね」とマイナーな言葉を言わなかったことです。

ブログでも 明るく送りだしてくれました。
来ていただいた方々も、メールでも みんな笑顔で「大丈夫!」と元気づけてくれました。
家族もまた明るく励まし協力してくれました。

ジュースを飲んでいるうちに、なんだか身体がスッキリきれいになった感じがして、私の気持ちも結果が不安ではありましたが、奇跡で良性になっていてくれたらという 前向きな気持ちになっていました。
病気にも笑顔は大切ですね。

本当に皆さんには感謝の気持ちでいっぱいです!

今日は クラクラもなくなり、歩行も順調で身体の機能も順調になりました。
私の身体も落ち着き、娘がパソコンを持って来てくれたので すぐにでも皆さんにお伝えしたくて打っています。

手術は2時間で済んだのですが、その後が これは珍しく状況が悪くなり夜に2度目の手術となってしまいました。
入院してから そのへんの事は また徐々に書きますね。
病院は 素晴らしい病院で、何かあっても対応できるという安心感があります。
看護師さんたちも 本当に優しく一生懸命でほっとします。

手術の朝、夜勤明けの次女もぎりぎり間に合って、明るく送りだしてくれました。
DSC03082.jpg DSC03097.jpg

小さい頃からずっと、二女の この笑顔に助けられました。

行ってきます!

ついに入院の日になってしまいました。

温かなコメント ほんとうにありがとうございます<(_ _)>
ブログ内で 皆さんが、私のために一つになって 応援してくださって すっごく嬉しいです!

昨日は、少しでもスッキリしておこうと、気になる家の事をすませて、入院準備などしました。

気持ちを切り替えたかったので、母には会いに行きませんでした。
夫が 様子を見に行ってくれました。

ともだち(ラジオ)の音波が入りづらくて雑音が入っていて、これがないと大変なので、夫が 新しい ともだちを買って持って行きました。

母は「よう聞こえる」と喜んでいたようです。
そして、「ご飯もおいしくて食べきれんほどある、残すといけんから 全部食べとる。 果物も美味しいしな。 ここの人たちも皆とっても良くしてくれるし、わたしは大丈夫やから 心配せんでもいいからな」 と言っていたそうです。

朝の洗面も手伝ってくれたり、ほんとうに良くしていただいて、母は安心していたと 夫が言っていました。
ポータブルトイレも、自分でできているようです。
早速お風呂も連れて行ってもらっていました。

これを聞いて ホッとしました。
あれほど怖くて嫌がっていた母が、介護のみなさんに良くしていただいて、この環境に慣れてきたこと 嬉しいです。

あとは自分自身が 頑張らなければ!と思います。

しばらく コメントできませんが、一生懸命 病気と闘っていると思っていてくださいね。
その間 ムービーを見ていただけると嬉しいです。 私も聴いていますね。

行ってきます!


どっと疲れが…

昨日今日と急にすごい暑くなって、家の中もサウナ状態です。
花たちもぐったり…

バナナピーマンも色づきました。
DSC03064.jpg

今日は母をショートステイに連れていく日です。
朝から母は落ち着かず不安そうで、「あれも持ってくこれも持ってく、」とそればかり考えていました。
その都度言われるので、 「全部入れたからいいの! 何も考えなくていいの!」 と ここでは何も話しませんでした。
ショート先で配置や物の場所など また すべて教えなくてはいけないので、行く前には いろいろ言うのをやめました。
もう 大きな声で話す気力がありません…

午後2時 夫と次女と3人で母を連れて行きました。
職員さんや看護師さんと話をしました。
持ち物は 紛失などなにかあるといけないので、すべて写真で撮っていました。

今年4月にできたばかりなので新しくてきれいです。
部屋も、母には広すぎるくらいです。
部屋を出ると すぐ食事ができる場所があります。
DSC03063.jpg 

見えない母が いつも通りできるように、家と同じ感じでベッドにあるものすべて持って行きました。
トイレは ポータブルトイレをベッドのすぐ横に置きました。
洗面台も ベッドの足もとにあるので、起きてつかまって なんとかできるのではないかと思います。
DSC03060.jpg DSC03061 - コピー

途中から長女も来ました。
何度も何度も 物の場所や トイレや洗面へ移ることを 母と一緒に確認しました。
心配で 同じことを何度も繰り返し聞いてくる母
細かいことすべて教えているうちに、かなり疲れもたまってきました。
DSC03059.jpg 夫と娘たち

初めての経験で不安でいっぱいだと思いますが、なんとか早く慣れてくれるといいです。
ショートに行くのも、母の場合ほんとうに大変だと感じました。

ものすごく疲れてしまいました。
今日の夜と明日は 自分のことだけ考えていればいいのですね。

あと1日 入院準備をして、ゆっくり過ごしたいです。

帰宅してから、娘たちから 二人で選んで買ってきた パジャマをもらいました。
嬉しかったです! 入院中 着ます!

ショートステイ

DSC03048.jpg
サンパラソルのピンクは、次々きれいに咲いています。
私が 退院する頃には レッドも頑張ってきれいな花を咲かせてほしいです。

今日は 親しい友人が訪ねてくれました。
私のために、アツアツとうもろこしと、クラッシックギターデュオの いちむじん のCDを持ってきてくれました。
最近 テレビも見たくなくて、静かに曲を聴いているのが落ち着いて好きです。
ゆっくり聴きたいと思います。

久しぶりに たくさん話ができて良かったです!
元気を いっぱいもらえました!
DSC03052.jpg DSC03050.jpg


ギターの先生からもメールをいただき、先日の蓼科のコンサートで、私の好きな先生のオリジナル曲のひとつ Spring Waltzを演奏してくださったとのことで、嬉しく思いました。

私のために皆が励まして支えてくださり、本当に嬉しいです。
感謝感謝です!
なんだか 病気に勝てそうな気がしてきました!

お昼は そうめんです。
庭でとりたてオクラとシソをのせて、鰹節と昆布でとったダシにレモン汁を加えたタレで食べました。
「気持ち悪いと思ったけど、意外とさっぱりとおいしいかも」
本当は カツオしょうゆだしで 生姜と椎茸のつくだ煮をのせて食べたいのですが、ソーメンはレモンタレでも いけそうです。
DSC03047.jpg
大量の野菜と果物ジュースも慣れてきました。
最近 身体の中はすごくきれいになっている気がして 顔もはりが出て 汗もたくさんかくし、健康的になっている感じがあります。

お腹だけは 午後になって疲れが出ると痛くなりますが。
snap_egao64_201474172654.jpg 左足の裏
下腹と腰が痛くなってくると、そこを摩るより、足の裏のつぼを押すと 痛みが和らいできます。
ここは腸などと生殖器のつぼだそうです。
私は左の卵巣が悪いので、左足の この部分がすごく痛いです。
つぼってすごいですね。

母のショートステイ

午後は ケアマネさんと ショートステイ先の職員の方が見えて、いろいろな説明を聞きました。
初めてのショートで、母はかなり緊張しています。
曜日を気にしながら、「まだ 居られる」と行く日まで数えているようです。

私も これで母の準備もしなければいけないです。
娘たちにも手伝ってもらいながら頑張ります。

ベッドにある物は 全部持って行って、家にいる感覚で 自分でできるようにしたいと思います。
薬や細かいことを全部お願いしました。
トイレは ポータブルを借りることに。

ケアマネさんが 手続きをしてくださり、市から 「介護保険負担限度額認定証」 というものが届きました。
これによって利用料の負担が少なくなるそうで、ありがたいです。
介護認定見直しも、今後私が今までのようにはできないことも出てくるので、要支援から要介護になるように申請してくださいました。

いろいろな方の力を借り、ありがたいことです。
今回 どうしようもない状況の中で ほんとうに助かりました。

母のことや自分の事で いっぱいいっぱいですが、皆さんのおかげで 気持ちは明るく過ごせています。
元気にならないと! ですね (^_-)

頑張る力

頑張る力
連日 家族も私のために野菜ジュースを作ってくれたり、そのための野菜や果物を購入したり、ガンにいいと思われるものを調べたりしてくれています。
DSC03039.jpg 夫が頼んだビール酵母が早速届きました。

愛媛の叔母からも ハチミツやレモンなどが届きました。
先日 ご近所からも 野菜をいただきました。

今日は 親しくさせていただいている方が、新鮮な野菜を持って来てくださいました。。
その方の娘さんから(次女の友達)も なにか いただきました。

袋を開けたとたん 思わず涙が出てきました。 

娘さん手作りのお守りでした。
とっても かわいく丁寧に作られていて、気持ちがいっぱい伝わってきて嬉しかったです。

今 パソコンを打ちながらも涙が出てきます。

メッセージに 「笑顔と元気をつめこんだお守りです」 と書かれていました。
最高に嬉しかったです!

それと もうひとつ…
ギターのピックが入ったピックケースのストラップがありました。
感激で また涙がこみあげてきました。
DSC03040.jpg
『また ギターに行きたいなあ…  そうだよね、元気になってまた頑張らなくっちゃ!』
「また弾けるように」 という気持ちで 私のために探してくださったのだと思うと、感謝の気持ちでいっぱいになりました。

ブログやメールでも 励ましていただき 元気をもらっています。
皆さんが 前向きな気持ちで 私と一緒に、笑顔で今を乗り越えようとしてくださっているのを すごく感じます。
本当に元気をもらっています。

去年の7月に 何もわからないまま、一人であれこれ苦労して 1から始めたブログも 1年になります。

ブログのおかげで こうした つながりができて、皆さんから 力をもらえて頑張ることができています。
もしこれがなかったら、家で一人 ふさぎこんでいたと思います。

本当に感謝の気持ちでいっぱいです!

食事

ジュースのほかに 野菜やキノコ 海藻類など身体にいいものだけで 私は別メニューです。
塩分が摂れないのは かなりきついです。
しょうゆも塩も コンソメやドレッシング すべて使えません。

昨日は玄米で チャーハンを作りましたが、味付けは コショウのみで塩気がなく とてもおいしいとは言えないものでした。
今日は パスタを
と言っても、塩もケチャップも使えません

玉ねぎ エリンギ しめじ しょうが ピーマン アスパラ トマトを少量のオリーブ油で炒め 調味料は コショウとタイムだけです。 全粒粉パスタがないので、今日は普通のを使いました。
DSC03041.jpg 見た目は まあまあですが…

「まずい!」
どれだけ料理が下手なの!と言うくらい 私の食べるものは こんな味付けです。
全く塩気がないので 野菜そのものの味だけです。
しょうがとコショウの辛さでごまかして なんとか食べましたが。
パスタは 野菜を食べるための添え物といった感じですね(^_^;)

塩分がない塩に代わるような調味料があったらどんなにいいかと思ってしまいます。

今 一番おいしいと思えるものは 納豆です!
玄米ご飯に納豆をかけて食べるのが 味があって美味しいです。
夕飯は これに 酢の物 かぼちゃ(だしも 添加物のない削り節から) 長いもの コショウとオリーブ油炒めです。

DSC03046.jpg 玄米ご飯に小葱 庭からとりたてオクラ
DSC03042.jpg 酢の物
わかめいっぱい 卵は少量のごま油で はちみつをたっぷり 作ったかつおだしも
DSC03044.jpg 長いも炒め
長いも まいたけと少量の生鮭をオリーブ油とレモン コショウ1滴の減塩しょうゆ で炒めました。
DSC03045.jpgかぼちゃの煮物
ダシは かつおぶしから 味付けは はちみつのみです。

たくさん作ったので明日もこれで

腫瘍が消えて 早く普通の食事をしたいです!
普通に食べれることが どんなに幸せかと感じています。

※ 術後、塩分不足は死に至ることがあり危険と指摘がありました。
  極端に塩分をなくす食事は良くないと 実感しました。

いつも通り過ごす

手術までの毎日が、落ち着かなくて長く感じます。
それでも、食生活以外は いつも通り過ごしています。

朝 起きる頃、下腹部と腰に痛みがありますが、そのうち痛みはやわらいでいきます。

朝から母は 私がいるのがわかると「痛い痛い」と毎日 あっちこっち悪くて辛いみたいに言います。
さすがに、母に何か言われると 身体が反応してだめなので、湿布を貼ってあげるくらいで  できるだけ聞き流すようにしています。

夫も せっせとジュース作りに協力してくれています。
飲む方は かなり辛いのですが。
DSC03024.jpg 毎食これだけの野菜や果物を摂っています。

ガンは 塩分がいけないので、塩分はなし。ほとんど味のない料理です。
油もオリーブ油かごま油を少量のみ。 肉など動物性たんぱくはだめ(鶏ささみを少しくらい) 
ということで 塩もしょうゆも使えない 素材の味のみ
ご飯も玄米 パンも全粒粉ならよい
ヨーグルト 海藻 きのこ はちみつ レモン 豆腐 豆類を食べる

いろいろ制限があって大変です。

それでも ガンと闘うために頑張ります。

掃除をして、気晴らしに 庭に出て草取りをしました。
無心にやっている間は、忘れられます。

しそ、ピーマン、オクラ、バジル、ミント もこんなに大きくなりました。
娘は 料理の時、庭から摘んできて使っています。
DSC03023.jpg
バジルとミントの花です
DSC03008.jpgDSC03007.jpg
オクラも次々できてきて楽しみです。
DSC03010.jpg でも 入院になってしまうので食べれません(>_<)
DSC03018.jpg枯れてしまったビオラも  また咲きだしました。
植えていないのに、地面にサフィニアがこんなに見事にDSC03017.jpg

色とりどりのヒャクニチソウ
もっとたくさん咲くのを見たいです
DSC03015.jpgDSC03016.jpg
大好きなサンパラソル
残念ながら 今年もレッドが病気ぽくて枯れそうです(>_<)
退院する頃 フェンスにいっぱい咲いていてほしいです。
DSC03020.jpg

元気になって、また明るい話題を発信したいです!

来週は 母の手続きや準備 私の準備で 忙しくなりそうです。

負けない!

私の病気がわかってから、家族が変ってきました。

今朝、仕事が休みの長女は 私のために にんじんジュースを作ってくれました。
ニンジン4本 リンゴ レモンを 次女が送ってくれたジューサーで600mlしぼりました。
毎食前500ml飲みます。
DSC02996.jpg DSC03002.jpg

今日は 次女も仕事が休みで来てくれて、お昼に にんじん パブリカ バナナ トマト  みかん類で作ってくれました。

このジューサーは 大きくてかさばるし洗うものも多くて大変ですが、絞りカスが 全然詰まらず 自動的に排出されるので便利です。パワフルで 一度にたくさんできます。
この カスを使って 長女は料理も考えてくれています。
DSC03000.jpg
 
この本には
活性酵素はガンの原因
間違った食習慣、環境汚染、ストレスなどで体内に過度にたまった「活性酸素」が細胞を壊し、DNAを病変させることで発病する。
活性酸素を取り除く
抗酸化効果を得るためには新鮮な野菜・果物を1日790g以上を摂取
その量を食べることは大変でも、ジュース1杯で簡単に摂取できるし吸収率も速い
と 書かれています。
赤い野菜や果物は 抗がん効果がありそうです。
DSC03003.jpg

いろいろ抗がんにいいものを、今娘たちが協力して私のために作ってくれています。
手術までに 少しでも良くなるように、私も今は娘たちのアドバイスで、ヘルシーな食生活をしています。

ジュースをたくさん飲むのも大変ですが、身体にいい感じはあります。
元気になれる気がしてきました。

仕事でなかなか来れなかった次女も、休みなど来て泊って行ってくれたり、長女も今までの料理とは違って、身体にいいものだけを使ったヘルシー料理を頑張りだしました。

私は こうなってしまいましたが、娘たちが子どもの頃のように いつも皆が一緒にいて、明るく元気な雰囲気になって嬉しいです。
同じ目標で 今できることを 家族みんなが 頑張っているといった感じです。

そして、ブログでも みなさんに応援していただいたり、メールで励ましていただいたり、すごく心強いです。
今、すごくいい方々に囲まれ、幸せに思います。
私は貴重な経験をしているのですね。

こうして普通に過ごせることが すっごく幸せに感じます。
見慣れた景色も 特別に見えます。

負けずにがんばります!
まだ やってみたいこといっぱいあるので、ここで くじけるわけにはいきません!

これから…

今日は 手術前の最後の検査でした。

胃カメラは昔やったことがあるのですが、その時ゲボッと辛かったので 不安でした。
連日のように肩に筋肉注射、これが痛くて…
そして口にスプレーの麻酔、すごいきつかったですが これのおかげで助かりました。
カメラを飲み込むということもなく、するすると入っていって腸の辺りまで届きました。
意外と 苦しくもなく順調に終わり ほっとしました。

胃は 小さなポリープはありましたが問題ないそうで 安心しました。

その後、先生から 手術についての話がありました。
夫と一緒に 病状や手術でのリスクを聞きました。

…やはり卵巣がんでした。
危険と思われる臓器は全摘です。 開いてみて飛んでいる小さなものも見つけられる範囲で取るそうです。
腹水があると ほかに細かく飛んでいる可能性も高いそうです。
そして、術後 抗がん剤治療が始まります。
退院してからも3週間に1度(1日)6回 抗がん剤の治療をしなければいけません。

7/28に入院して 7/29が手術予定です。
大変な手術なので、6~7時間かかるとのことです。
そして、入院も3週間もしなければいけなくなりました。

さすがに落ち込みました(-.-)
でも、手術してみないとまだわからないので 希望を持って頑張りたいと思います!

そして やっぱり1番に思ったのは母のことです。
1週間10日くらいなら 家族がなんとかできるはずでした。
でも、思った以上に私が大変過ぎました…
私のことだけでもめいっぱいなのに 3週間はとても無理と思いました。 夫も娘も 忙しくて つい ベットにお茶の水筒を忘れたり、エアコンをつけないで閉め切って出かけたら、それだけで母も危険です。

嫌がるのは想像していましたが、帰宅してすぐに母に報告しました。
切って取りさえすれば大丈夫と思っていたらしく、ショックをうけていました。
そこに 「3週間はとても無理だから、この間だけ施設で頑張ってくれないかな」 と言ったので
「私は邪魔ものやから」「私が代わりに死ねばいい」 と 言い始めました。
そう言うのはわかっていましたが、「3週間 私も頑張るから、お願いだから頑張って!そうしたら私も安心して治療受けられるから。 良くなったらまた迎えに行くから。」 と説得しました。

以前 ケアマネさんからいただいた ショートステイの資料を見ていたので、 『近くだし 家族も会いに行けるし、個室だし ともだち(ラジオ)も連れていけるし、幸いなんとか空きがあるし お金がかかっても ここにしよう』 とさっと浮かびました。

部屋が埋まってしまう前にと 早急に ケアマネさんに料金等について 電話をいただき、26日(土)に入所することにしました。
要支援では 1割負担は14日までであとは実費になり 20万はかかるそうです。
落ち着いた後半の1週間は自宅でみるなど方法はいろいろあるとのことです。
減免になる方法もあるようです。
とにかく母の事は 安心になり 家族の負担も少なくてほっとしています。

夕食の時 もう一度話をすると、母も落ち着いてしっかり考え始めていました。
施設が個室や 近くにあるところや トイレも呼び出しでできたり 少しずつ不安もなくなってきたようです。
母に笑顔もでてきました。

あとは私が頑張るだけです!

今日 次女が頼んだ ジューサーと新鮮な野菜が届きました。
DSC02994.jpg
これで 長女がジュースを作ってくれます。
手術までに 少しでも体調が良くなるように、家族みんなが考えてくれています。

元気で動いていたのに、信じられないです。
自分はまだ大丈夫!なんてことはないのだなあと 病気が進行してから気づくなんて…

今 頑張っているみなさんも気をつけて 身体を大事にしてくださいね。
今思えば、お尻の骨(腰)の痛み、下腹の軽い痛み、胃やお腹が太っていないのに出てきた、トイレが近くなった など いろいろありました。
でもそれは6月半ば頃で 気づく頃は進行していたのですね…
親知らず抜歯後の薬の副作用で手足が動けなくなって血液検査をした時には とくに異常がなかったのですが。
あの時 治らず 紹介状を書いてもらっていたら もう少し早く治療できたのでは…など後悔します。

これから 癌との闘いが始まります。
希望を持って変わらずいきたいです!

MRI検査

昨日は娘たちが相談して、がんにいい食事療法を考えていました。
次女が本を買ってきて、少しでも体質改善させて腫瘍を小さくすることを 一生懸命考えてくれています。
DSC02991.jpg

私は今本を読む気力がないので、次女が 紙にわかりやすく まとめて書いてくれました。
DSC02993.jpg

とりあえず あったものでジュースを作って飲みました。
DSC02989.jpg 今度ジューサーを娘が買ってくれるそうです

これから 美味しいものは食べれそうにありません(>_<)

今日は MRI検査でした。
先日のCTさえも、造影剤をいれた時 不安からか貧血のような感じがあって 気持ちがパニックになっていました。
なので、さらに狭い空間に長い時間は 私には怖くてしかたありませんでした。

好きなCDを持っていけば、かけてくれるというので、先生のギターのCDを持って行って、「これを聞いていれば大丈夫!」と安心していました。

ところが、機械が故障でCDをかけられないと言われてしまい、『…エッ そんなぁ…どうしよう』 と一気に 不安になってしまいました。
『落ち着け落ち着け』 と思いながらも 不安から息苦しい感じがしてきて焦りました。
それで とっさに 『どうしよ、どうしよ…そうだ!Sunny Daysの歌を思い出そう!』 と思って、ず~っと頭の中に曲を浮かべて歌っていました。
そのおかげで、なんとか無事終了することができました。

「息を止めて」 の その時間も すごく長く感じて苦しかったです。

悪いものがいっぱい写っていなければいいのですが、結果を聞くのが怖いです。
あさっては 胃カメラで 先生から話があります。
覚悟はできているつもりでも、やはり怖いです。

娘たちも ネットで調べたり 本を読んだり、人の話を聞いたりで これは大変なことだと感じています。
だからこそ 少しでも奇跡を起こしたいと 考えてくれています。

私もがんばらなければ!

今 長女が 母と一緒にお風呂に入って 私が入院した時のために練習してくれています。
家族が なにか変ってきています。

検査

皆さん ご心配をおかけして すみません。
そして 温かなコメントを ありがとうございます。

あれから 検査検査で大変な毎日を送っています。

3日(木)
 下腹部に軽い痛み、お尻のしっぽの骨辺りの痛み、胃からお腹の膨らみなどが気になって、近くの産婦人科で検診
 子宮頸がんの検診のつもりが、卵巣が肥大しているとのことで血液検査を
4日(金)
 血液検査の結果、腫瘍マーカーの数値がかなり高く、夫も呼ばれ がん専門の市民病院へ行くよう勧められる
7日(月)
 市民病院から検査予約の電話あり
8日(火)
 問診・内診・血液検査
 この時も 普通親指の先くらいの大きさの卵巣が8センチになっていることを告げられる
 他に転移していないか 検査予約

9日(水)
 大腸検査
 DSC02984.jpg
 当日の朝 飲むこの腸管洗浄液というのが 辛かったです。
 2㍑を2時間で飲むのですが、味はスポーツドリンクのようですが気持ち悪く 飲み終わるとまたすぐ飲まなくてはいけな くて 30分が短く感じ 本当に大変でした。
 ぬるいと気持ち悪いので、氷を入れてみたりもしましたが、ドロップのような飴(ミルク ごま ナッツ入り以外)があると楽 かと思いました。
 検査も 初めてで、突き上げるような痛みがあって かなり辛かったです。

 検査後も、ガスをいれるので、お腹が膨れ ものすごく痛くてだめでした。
 高齢者の方々など平気な顔をされているのに、私だけ痛くて歩けず、夫の車の振動もだめでした。
 何十秒おきに キューっと痛くなって 陣痛のような痛みでした。
 もしかしたら、膨らんだ腸が 卵巣を刺激していたからかもしれません。

 お腹が膨らむので、ゴムできつくないものをはいていくといいと思いました。
 検査の中では一番つらいと思います。 

11日(金)
 CT検査
 造影剤を点滴したとき、身体が熱くなると言われましたが、お風呂に入って温まる感じだと思っていたら 急激に部分的  に熱くなって驚きました。 緊張や驚きで またパニックになって貧血のようになってしまいましたが、なんとか撮影できま した。
 その後 結果を見て先生の話を聞くところ、先生が緊急手術になってしまい、2時間半くらい待たされることに。
 その間 不安でいっぱいになってしまいました。
 結果、左の卵巣が腫れて 取ってみないとわからないけれど、悪性を疑っているとのことでした。
 そして今月最後の週あたりに手術と言われました。
 良性悪性 どちらにしても手術になるので覚悟はできていましたが、悪性だと抗がん剤治療などになるので、その苦痛に 耐えられるか不安でいっぱいです。

 手術に耐えられるかを調べるために、その後また 血液検査 肺活量 レントゲン 尿検査などもやりました。

そして、14日(月)が MRI 、16日(水)が胃カメラです。

検査自体も大変ですが、普通に食べれなかったり、精神的なものなどで、この検査期間がかなり辛いです。

今日は朝11時に家を出て、病院を出たのが16時すぎ
母の眼科も内科も 手術や入院で連れていけなくなるので、夫に運転してもらい眼科に目薬をもらい、帰宅すると休む間もなく 母を病院へ連れて行き 診察をしてもらい 薬を3カ月分もらってきました。

そして 休む間もなく 買い物へ行って、しばらく行かなくてもいいように買って来て、夕飯の支度
落ち着いて座ったのは夜8時頃です。
母のこともやって、やっとほっとしています。 もうくたくたです。

自分が どんな状況でも、やらざるを得ないのが介護です。
病気を抱えながら 介護をされている方もたくさんいると思います。

そして家族の協力が必要です。
今 家族が 頑張ってくれています。
看護師の次女も 仕事が休みの日には、いつも病院で ずっと付き添ってくれています。
食事のことなど 気にかけて 私の身体をすごく気遣ってくれて、逆に倒れないかと心配です。

これも経験だと思って、今はひとつひとつ頑張っていくだけです。

明るく笑顔でいなきゃ私ではないですよね!
こんなときこそ、ギターを弾かなくっちゃ(^_-)

絶対良くなります!

検査してきます

ムービー完成と 時を同じくして、自分が病にかかっていることを知りました。
腫瘍が見つかりました。

ちょっと変だなあと思って、検査をしてもらった時に いきなり 良くない状況を伝えられました。
それで 明日 次女のいる大きな病院で診察(再検査)してもらいに行ってきます。

すぐに治ればいいのですが、長引くといけないので とりあえずいろいろな準備を始めました。

一番困ったのが、母の事です。
一番恐れていたことが起きてしまいました。 私は元気でいなくてはいけなかったのに。
これが介護の現状です。
要支援になり、どうしていいかわからない感じです。

ケアマネさんに 母を受け入れてく入れる施設などを教えていただくようにお願いしました。
でも 目が見えない母、不便はあっても 自分の部屋で過ごすのが1番いいと思いました。
ここにいれば、トイレも好きな時に自分で行けて、ともだちもいて なんとか過ごすことができるはずです。

施設でまっ暗闇の中 一人ぽつんとしていたら、心配ばかりで体調も悪くなると思います。

夫も娘たちも「ばあちゃんのことはやるから」と言ってくれたので、安心して治療を受けられます。

朝食は 早めに起こして一緒に食べ、お昼は ベッドにパンやお饅頭などを置いておいて自分でたべてもらい、夕食は 夫もいつもどんな感じに食べているか見ているので 大丈夫かと思います。
薬と目薬も 説明しました。
着替えは できないので、1日パジャマで過ごして 時々娘に替えてもらいます。
お風呂が困りますが、昨日娘が 私のやるのを見て覚えようとしてくれていたので、1週間に1度でも できるときにやってくれると思います。

私も 母が老婆みたいになると嫌なので、白髪を染めてあげて 爪も切りました。

今日 マッサージの方には、しばらくお休みすると言いました。
介護用品のお店には 玄関に置く手すりをお願いしました。(日中 間違って玄関に行くと危ないので)
母も最近 わざと間違えて わからなくなった時の対処法を 自分で考えていました。

一番は 母にどう言えばいいかということでした。

マッサージが終わって 勇気をだして母に言いました。
「大事な話があるんだけど… この間検査したら腫瘍が見つかって、手術や入院になるかもしれないんだけど、だから頑張ってくれないと安心して治療できないからね。 不便でも ここにいた方がいいでしょ、皆手伝ってくれるから」

「そりゃそうよ、自分の家がいい。 気にせんでもいい、これはな 皆なるんやから。 取ってしまえば大丈夫やから。
あの人もこの人もなったけど 皆取ってようなった。 心配せんでいいから」

母があまり 明るく動じなかったので びっくりしました。
逆に私の方が 励まされました。
でも すごくほっとしました。

雨が降っても風が強くても、皆の帰りが心配でしかたない母なので、こんなこと聞いたらショックで落ち込んでしまうかと心配していました。
でもさすが、長く生きて いろいろ見たり聞いたり、経験してきた母です。
自分が何針も縫うけがをした時も いつでも慌てず行動していました。

これで 私も 安心して病院へ行かれます。

検査でどうなるか不安はありますが、明るく頑張るのみです!

コメントできない時もあると思いますが、 しばらく ムービーを見に来てくださいね。

ムービー4作目完成しました

今回は、わんたろうのこともあり、いろいろな方の思いをなんとか形にしたいと思って作りました。

たまたま先生に、「Sunny Daysの歌が入ったものもある」 と 聴かせていただきました。
その歌声が、わんたろうがいなくなって、ぽっかり空いた心にとても響きました。

英語の歌詞の意味はわかりませんでしたが、その時に イメージが浮かんできました。
でも どう表現したらいいか すごく悩みました。

今回は さらに たくさんの方々のご協力をいただき 作ることができました。感謝の気持ちでいっぱいです。

前回の Sunny Days は、ブログを通して 介護など大変な思いをされている方々に向けて、「一緒に明るく頑張ろう」という気持ちで作りました。

今回は うまく言えませんが、

―笑顔をもらった素敵な日々
いろいろな思いを 明るく支えてくれるものはまた、自分の心の中に存在している―

そんなことを考えていました。
ムービーをご覧いただき 思いを共有できれば嬉しいです。

歌詞を見ていただけると、よくわかると思います。
Sunny Daysn の英語の歌詞のタイトルは ANGEL’S BREATH です。
(歌詞は 下の方にあります)
2009_0115_122401-P1020704.jpg先生が可愛がられていた 歌う野良猫バツくん

わんたろうも 最後の方に登場します。

左の画面のyoutubeをクリックすると 大きな画面で見られます

ANGEL’S BREATH
 作曲 TADAO TSUNODA 作詞 SACHIKO MAKI

A lovely bird is flying on a cloudless clean day
A warm wind is blowing faraway from the mountain high

The snow is glittering in the sunshine today
The snow fairy is dancing and caresses the sky

I wanna wake you up,“I'm here close to you”
I wanna wake you up,“May your days be sunny days”
I wanna wake you up,“Let sunlight dry your tears”
I'll guard you and love you always

My words will warm and calm you like an Angel's soft breath
“May you live in gentle way, may you find love and happiness”


The sunshine is setting beyond the mountain in time
The sweet sound I'm hearing is a harp from the heavens

And a nightbird is singing in the diamond dust of time
And many stars are twinkling in the moonlit night sky

I wanna wake you up,“I'll lend my wings to you”
I wanna wake you up,“May you soar to the stars”
I wanna wake you up,“Let starlight grant your dreams”
I'll guard you and hold you always

My words will warm and calm you like an Angel's soft breath
“May your fears be far behaind you may you find love and happiness”

苦戦

苦戦―ちょっといい女

以前の記事の 「深夜便のうた」のちょっといい女という曲ですが、 ついに母に呼ばれてしまいました。
DSC02981.jpg

「静かになったら(落ち着いたら) 歌詞を教えてくれんか」

「…ああ ついに言われてしまった~(^_^;)」

コーヒールンバの件もあって、歌詞を伝えるのは 根気とパワーがいるので 知らぬふりをしていたのですが…
敵は 容赦してくれません (笑)

カセットを聴いて わからない部分だけ教えてと言っていたのですが、 
「全部わからん」

「はあぁぁぁぁぁぁぁぁ…(-.-)」
ちょといい女 ちょっといい男以外 なにもわからないようで、がっくりです。

仕方ないので、ここで登場するのがこれです!
DSC02983.jpg

声が細くて小さい私でも、これがあれば一度でなんとか通じます。

これも金鵄の100周年記念になっていますね。
野球の応援に使うものだと思います。
…ん、私は 15年も メガホンを大事にとっていたということでしょうか ^^;

これを覚えるまでが一苦労です。
何度も言わなくてはいけないので大変です。
とりあえず 1番だけにしておきました。

コンガマラカスのように 聞こえづらい言葉がないだけ良かったです。

少し前に 母はいきなり、
「あのな、荒木とよひささんという人はな すごい人なのよ。 71歳で いい声しとる。 どれだけたくさんの人の作詞したか、すごいのよ。 作詞をするけれど、作曲もするのよ。」 とすごくほめていました。
ウイキペディアで調べると、年齢まで全部あっていました。
恐るべき母の頭、そして ともだち

「深夜便」 というと、昨日起きていたとき、夜中3時にも 母はラジオをつけていました。
そこから深夜便の歌というのが 聞こえてきました。

ラジオってこんな時間もやっているのですね。
この時間に聞いている方はどれだけいるのかなと思ってしまいました。


苦戦―ムービー第4弾

昨日 私も夜中3時まで起きていたのは、これを作っていたからです。
昔から なにかに集中すると 朝になってしまうこともしばしばありましたが。

母のことをやって、片付けやいろいろやること全部済ませてから 落ち着いてやりたくて こんな時間になってしまいました。
思うと じっとしていられなくて…(^_^;)
でも、好きなことは 眠くもないし頑張れます。

わんたろうのことや、ほかの皆さんの思いを胸に、 素敵な曲と歌との出会いもあって、どうしても完成させたかったのです。
今回は いろいろな方の協力もあり、いろいろな思いを一つにまとめることができました。

またアップしますので、楽しみにしていてくださいね。

缶ビール

夫の母校で 記念の缶ビールを作りました。
ちょっと珍しかったので 載せてみました。

DSC02974.jpg DSC02975.jpg

それにしても、115周年とは 細かい周年記念ですね ^^;
私の母校は1896年で 少し早くできましたが、女子高だったこともあり(今は共学)わりと控えめです。

さすが、すごい人材が集まった高校です。 OBパワーがすごいです!

テレビの行列のできる法律相談所の 北村晴男弁護士も 卒業されています。

この金の鶏の校章が かっこいいです。
でも今まで  鷲だか鷹だかよくわからなかったので、Wikipediaで調べてみました。

金鵄
日本書紀に登場する金色の鶏
初代天皇 神武天皇が長髄彦(ながすねひこ)と戦っている際に金色の霊鶏が天皇の弓に止まると、その体から発する光で 長髄彦の軍兵たちの目がくらみ、天皇軍が勝利することができたとされる

金鵄とは 鷲でも鷹でもなく、どうやら金のトビのようです ^^;

私も こっそり飲んじゃおうかな
…といっても 半分しか飲めませんが…


 | ホーム |  page top