プロフィール

egao64

Author:egao64
介護を経験されている皆さん、希望や楽しみを見つけて、一緒に元気に頑張りましょう


カテゴリ


最新記事


月別アーカイブ


最新コメント


カレンダー

08 | 2014/09 | 10
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

フリーエリア

にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村にほんブログ村にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
にほんブログ村 再生ボタン►を押してから、画面下のYou Tubeをクリックすると大きな画面で見れます

リンク


アクセスカウンター


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索フォーム

QRコード

QR

ポポ元気です

ポポも生後1カ月半になります。
小食で小さくて心配していたポポですが、だいぶ大人っぽくなって元気でいます。

もしかしたら、ご飯も 「もう子供じゃないよ~」と言いたかったのかもしれないです。
もう殻付きのえさを一人で食べています。
それでも ぴーぴーねだるので 粟玉をふやかしたのをスプーンであげると、ちょっと食べて逃げて行きます。
今朝も あげようとすると、一目散にかごの上まで逃げていきます。
そんなに 赤ちゃんのえさは食べたくないのかな…
DSC03573.jpg DSC03576.jpg お手入れも念入りに

この上が落ち着く場所のようです。
ただ、家族の肩に乗りたくなると、この上から飛び降りるんです。
危険防止と手乗りにするために、風切羽を切ってあるので飛べないのですが、 ここからダイビング
何度も何度も飛び降りるんです。 そしてものすごい速さで足もとまで突進してきて 肩に乗ろうとします。
その動きを見ると オスのような気がします。

けれど、肩の上に乗せると どんなに動こうと 何をしていようと、じっと静かに止まって 目を閉じて寝てしまいます。
軽いし 動かないし おとなしすぎて、肩にいるポポの存在を皆忘れてしまいます。
誰の肩でも ずっと おとなしく寝ています。
DSC03541.jpg DSC03582.jpg 母の肩でも 
DSC03544.jpg
DSC03550.jpg DSC03548.jpg 夫の肩でも
ひたすら寝る寝る
こういうところは まだ赤ちゃんですね

今日は ポポを肩に乗せたまま、外に出てみました。
DSC03559.jpg
適当にカメラを向けて自分で撮ってみたので斜めになっています。
外でもじっと肩に乗っています。
DSC03563.jpg DSC03561.jpg
庭でわんたとぴーにごあいさつ
DSC03568.jpg DSC03569.jpg
DSC03570.jpg DSC03571.jpg

子どもの頃から たくさんインコを飼いましたが、ぴーも変わっていましたが、ポポはまた すごく優しくていい子です。
噛まないし 考えて行動しています。
ほんとうに家族みんな声をかけ 肩に乗せて可愛がり 明るくなりました。

あとは男の子で おしゃべりができること願っています。

秋になって

今日はよく晴れて暖かくなりました。

今朝は 暑くて4時ごろ目が覚めました。 このところ暑くなると布団で寝ていられなくて起き上がります。
扇風機で冷やしてから また眠ります。
日中なら忙しいので気がまぎれ「暑い!」と汗が出て終わりですが、この症状で 夜寝ることが憂鬱になってしまいました。
背中の方が一気に暑くなって汗が出るこの症状、更年期で共通の症状だとわかりました。

午前中は 眠くても とにかくやることをやってしまいます。
今日は、母の衣類をもう一度見直して 愛媛の実家から持ってきたもので、去年着ないでこれからも着そうにない服をおもいきり処分しました。
それから食品の買い物に。
帰るとき通りかかった洋服屋さんで、赤やピンクの花柄の服が1500円と安くなっていたので母に1枚買ってきました。
明るい色は母も喜びます。 数より気にいったものが少しある方が私も楽なので。

母にお昼をあげて、休もうと思うと「ちょっといい女の歌詞忘れたから教えてくれんか」と言われてしまいました。
「疲れて休みたいから今はだめ」と言っちゃいました。
気持ちはわかるのですが、見えていなくて食べては寝ているだけの母には、あれこれ動いている私の状態はわからないと思い だめな時はだめとはっきり言うことにしました。


我が家の庭

オクラはぐんぐん伸びて2メートルくらいになり 私は実に手が届きません。
納豆や卵焼きに入れたり、オクラはとても重宝でした。
DSC03389_20140928142232136.jpg DSC03390_20140928142234521.jpg

マイマイガにやられ枯れてしまった木やバラも、秋になってまた元気になってきました。
レッドロビンも葉っぱがつやつや元気になりました。
地面にこぼれ種からか 自然に生えてきた サフィニアも かなり広がってきました。
DSC03422_20140928142237139.jpg DSC03423_201409281422388ec.jpg

サンパラソル レッドは残念ながら全滅となりましたが、思い切り剪定した根元からまた出てきました。
サンパラソルのピンクと白、バラの花も復活して3色きれいです。
DSC03421_20140928142236d4c.jpg

今年は暑さや雨や マイマイガで花もだめになり残念です。
寒くなったら 来春のためにチューリップの球根を楽しみに植えたいと思っています。

狭い庭をうめつくす夫が育てている菊たちは これからどんな花を咲かせてくれるでしょう。




夫の誕生日

暑くなったり寒くなったりの繰り返しで、昨夜も熟睡できませんでした。
朝 起きると眠い眠い…
それでも気力を出して、掃除機をかけ トイレ掃除 洗濯 クローゼット内の寝具の整理をしました。

今日は夫の56歳の誕生日です。
夫と長女は 今日は出かけていていません。
仕事がお休みの二女は、ケーキとプレゼントを置いて「これからテニス」と言って帰って行きました。

DSC03513.jpg
どれもおいしいそう~
DSC03515.jpg
ユニクロのヒートテックのインナーなど らしいです。
インナーは喜びますね。
私が着たら、体中ヒートして 大変なことになりますね(^_^;)
DSC03520.jpg DSC03524.jpg

午後 さすがに眠くなって ちょっと寝ました。
それでも暑かったり寒かったりで 寝ていても疲れます。
さあ 夕飯の支度!

でもまだ二人帰って来ません…

木曽の御嶽山噴火

突然の噴火 驚きました。
大変なことになりました。

えぞさんが先日 北海道の駒ケ岳を登山されたということで、 信濃の国の歌の「御嶽 乗鞍 駒ケ岳…」と言っていたのですが、 その御嶽山が噴火で ほんとうに驚きました。 突然は怖いです。

秋の夜長は苦痛

秋の夜長 このところ眠れない夜が続いています。

おとといの夜は 寝苦しくて、夜中1時 2時 3時 4時と 少し寝ては眠れなくて目が覚めてしまいます。
それで昨夜は眠くて10時に寝てしまいました。

「今日は熟睡するぞ~」と思って眠り、朝かと思って起きたら まだ夜中の12時でした…(・_・;)

このところ眠れないのは、体温調節がうまくいかないのが原因です。
眠っていて 急に暑くなるんです。
12時に起きて、もう このまま起きてしまいたいと思うくらい調子がおかしくて…

布団から出て、しばらく座っていましたが、
夏の夜のように暑くて、自分でも信じられないのですが、この涼しい秋の夜に 窓を開け扇風機をつけてしまいました。
かと思えば、急に寒くなって布団をかけないといられなくなったり、この繰り返しです。

「早く 朝がこないかなあ」と 朝が待ち遠しい感じです。

術後の体調の変化には、自分でもとても驚いています。

朝は

お日様が低くなって、日差しが部屋の中まで差し込んで、気持ちいいですね~

母の部屋も とっても明るいです。 母には見えないのが残念ですが。
窓も おもいきり開けて換気
母は「冷やい 冷やい」と言うので すぐ閉めますが、私は「あつ~い!」んです。
母との温度の感覚がまったく違うので、大変です(^_^;)
DSC03419.jpg

ちょっとだけ遠出

昨日はお天気も良く暑くなりました。

母のこともあったり疲れやすいので、なかなか遠くへは行かれませんが、夫の運転で ちょっとだけ足を延ばしました。
母にお昼を用意して それから出かけました。
同じ市内なのですが、合併で範囲が広がって 市街地より1時間ほどかかる大岡という所へ行って来ました。

たまには自然にふれるのもいいかなと。
でも山 山 山 なんだか迷いそうでした。

1軒 山の高い所に おいしいパン屋さんがあり、そこへ行きました。

ここからの眺めは最高です。
雪が積もると連なるアルプスがきれいです。
DSC03473.jpg DSC03474.jpg

秋ですね~
DSC03468.jpg DSC03475.jpg

お店の前に、おしゃれな車が置いてありました。
DSC03498.jpgDSC03499.jpg
パン屋さんのお店の中へ

大自然がお庭になっています。
DSC03497.jpg DSC03481.jpg
DSC03482.jpg DSC03501.jpg DSC03483.jpg
DSC03487.jpg DSC03485.jpg
もう2時すぎ お腹もすきました~
手作りピザと 珈琲を 外でいただきました。
日差しが強くて 外は暑すぎましたが(^_^;)
ピザ美味しかったです!
DSC03488.jpg
帰りに天然酵母パンを買って行きました。
こちらの全粒粉のパンは700円もするのですが、いろいろ入っていて身体に良さそうで 美味しかったです。
DSC03496.jpg
食欲の秋 私も少しずつ食欲が復活です。

母が待っているので急いで帰りました。
母のことがあるので、これくらいが精いっぱいの遠出ですね。
それでも気分転換に たまにはいいなあと思います。

歳のせいか、帰ると二人で疲れていましたが ^^;

amazonさん 無駄ですよ

我が家の狭い庭は、菊の鉢でいっぱいです。
夫が 菊作りにはまってしまって、なかなかうまくできなくて いろいろやっているうちに どんどん増えていきました。
ちょっと多過ぎ…(・_・;)
DSC03352.jpg DSC03353.jpg


それで、成長するたびに必要な物をネットで注文していました。
支柱や輪台…プラスチックだったり すごく軽いものです。

届いてビックリ!

短い支柱3本入り4袋
大きな箱にこの状態で2箱送られてきました。
DSC03465.jpg DSC03464.jpg

ド~ン

長い大きな箱が1日に2回届きました。
こんな軽い3本入りの支柱を1箱に1袋ずつ入って送られてきました。

これ全部まとめても1箱で十分ですが。
DSC03346.jpg DSC03347.jpg

小さくて軽い輪台も 4袋を2箱に分けて、こんな感じで送られてきました。
もっと小さめの箱で4袋まとめて入れても十分です。
DSC03348.jpg

送料は無料ですが、1袋200~300円くらいの物を わざわざ分けて このように送ってくることが理解できません。
送料は誰が負担しているのでしょうか
amazonさん 資源とお金の無駄です!

この箱を片付けるのも一苦労です。

庭は菊でいっぱい、玄関は荷物の箱でいっぱい…(-_-;)

この無駄をみなさんはどう思われますか

何年物?

ポポが食べだしました!

あまり食べてくれず 軽くて心配だったポポですが、翌日急に元気よく食べ始めました。
好奇心旺盛のポポなので、「もう赤ちゃんぽい餌はいらない」と思っているのかもしれないと、 とりあえず ふやかした粟玉を かごの中にも入れて、えさ入れには 皮つきのえさを入れておきました。

ふやかした粟玉は食べようとしないのですが、食べ散らかした物を拾って食べたり、皮つきのえさをよく噛んで皮を出しながらゆっくり食べたりしていました。

それで、昨日急に自分から「ちょうだい」とばかり出て来て スプーンの粟玉もガツガツ食べ始めました。
その後、自分で皮つきのえさも食べに行っていました。
DSC03461.jpg DSC03435.jpg 
食後 ふっくらしています

胸も膨れて、持った感じが 少し重くなって嬉しかったです。

今朝も かごのデッキに出て 静かにえさを待っていました。
DSC03456.jpg
ポポは むやみに騒がず、様子を見て考えて行動するタイプのようです。
怒らないし 優しい子です。
おとなしい感じなのに 行動力があっておもいきりがよくてビックリです。

食べてくれるようになって、ホッとしています。

片付け

今日は 気になっていた物置の片付けをしました。
全部出して いらないものは捨てて整理しなおしました。
テニス・野球・ゴルフ・潮干狩り・スノボー … 夫と娘のものばかり…(・_・;)

そんな中 唯一私のもの発見

20歳くらいの時に買った ウイルソンの硬式テニスラケット
見ての通り、木製です(^_^;)
フレームは小さいし重たいし、よくこれに当てられたなあと感心しちゃいます。
その後、大きなフレームに軽いアルミ製のデカラケが出て来て もうビックリ。
DSC03439.jpg DSC03441.jpg
木製なのでフレームは反ってしまいましたが。
それでも30年前の木製ラケット 懐かしくてまだ捨てられない感じです。
DSC03442.jpg

13年ものの…

私が食器棚に 意味なく大事にしまっていたもの
なんだと 思いますか?
DSC03443.jpg
そっとラップを取ると出てきたものは…

泥団子です!

二女は小学生の頃、家の前で友達と泥団子を作って遊んでいました。
硬くとてもきれいにできて嬉しそうに見せていたので、大事に取っておきました。
DSC03445.jpg

泥なので いつかヒビが入って割れてしまうと思っていたのですが、よほどうまくできたのか、今でも割れずにあります。
これを見ると、娘が明るく元気に遊んでいたあの頃を思い出します。

皆さんも 引き出しに入れたまま忘れて何十年もたってしまったものなどあるのではないでしょうか。
思い出は大事にしたいですね。

そして、不要な物は これから少しずつ片付けていきたいと思っている私です。

AさんBさん始動

今日は日中暑くなりました。
朝方は冷え込んできて、もう布団がないと風邪をひきそうです。
季節の変わり目は忙しいですね。
家族皆の夏用シーツやタオルケットなど洗って、温かい敷きパッドや毛布 羽毛布団を引っ張り出して準備しました。
これが毎回大変です。

干す場所もないのに、やるからには 全員一度にやってしまいたいんです。
布団カバーをしたり 面倒ですね。 
狭いクローゼット、入れ替えの時には 雪崩のように寝具が落ちてきて、落ち着いたらまた圧縮しなおしたりして 整理しなおさないといけないです。

元気もでてきたので、これからまた少しずつ 家のあちこち整理しなくちゃいけないです。
でも 午後になると疲れが出てしまうので、午前中集中ですね。
いまのところAさんとBさん 協力してうまくやっているようです(笑)

私は 術後から 背中にヒーターや冷却装置を背負っている感じです。
突然ヒーターのスイッチが入って背中の方から暑くなって汗が出ます。
逆に 急に寒くなって鳥肌がたったり、体温調節がうまくいきません。
パソコンを打っている間も 一瞬急に暑くなって汗が出てきます。
こんな私が、母の温度管理は難しいです。

母はというと…
こちらに来てから、体のあちこち痛がるものの、風邪もひかず元気でいます。
母の具合が悪くなったら また生活リズムもくるってきますが、今のところなんとか大丈夫そうです。

相変わらずトイレは長~いですが(^_^;)
この間はご飯前に30分 食後に20分くらい座っていました。

トイレで寝ているのかなと、声をかけると
「憩いの場やから~  高さがちょうどいいけん、足をさわったり手をもんだりしよるのよ」と。
たしかに トイレ座り心地はいいですが…
母がトイレに入っている間に、けっこういろいろなことができてしまいます。

お墓参り
今日は 夫の実家のお墓参りに行ってきました。
いろいろありましたが、お墓参りはいつもしています。
9月15日は私の父、9月20日は義父の祥月命日でもあります。

このお線香立て とても具合がいいです。
野菜直売所で、手作りの陶器の作品が売っていたので、「これ いい!」と買って来ました。
お線香は横にすると途中で消えたりして、いつも残ってしまうので、これだとよく燃えていい感じです。
真ん中の穴 燃えカスを取り忘れたためささらなかったんです^^;
欲を言えば、穴が底まで抜けていればいいなあと思いました。
DSC03428.jpg DSC03427.jpg

他の家のお墓に 彼岸花が咲いていて、きれいでした。
DSC03425.jpg ちょうどお彼岸の頃咲くのですね。

明日もいい日になりますように。

大きくなあれ

新しく家族になったセキセイインコのひなの名前は、「ポポ」 になりました。

ポポが来てから またにぎやかになりました。
「ポポちゃん、ポポちゃん」と 母も喜んでいます。
DSC03373.jpg

本当は カブトムシなど飼育するような入れ物にいれて育てなければいけないのですが、ぴーがいなくなってさみしいので、鳥かごに入れました。

ポポは来たその日から いろいろなものに興味を持って、ひなとは思えないくらい自立した子でした。

鏡にも興味を持って 鏡の前で姿を見たり、羽の手入れをとてもよくやっています。 
DSC03376.jpg DSC03386.jpg

一番低い棒にとまれたと思ったら、どんどん高い棒に挑戦。
DSC03404.jpg

一度ぶらんこに乗せてあげて降ろすと、下からじっと上を見上げて 考えている感じでした。
と、思ったら… かごを上り始めて 乗っちゃいました。
DSC03391.jpg DSC03407.jpg
この高いところで、羽の手入れをやっています。

ひなは、一日一日どんどん変化していきます。

もう寝ながら もじゃもじゃインコ語もしゃべっています。
むやみに騒がず、もくもく頑張っています。
とてもしっかりしていて、空気が読める?ような子です。
インコは同じように見えて、全部性格が違うのでおもしろいです。

ただ、心配なことがあります。

ポポは食が細く、今は粟玉をふやかしフォーミュラーを混ぜてスプーンで食べさせているのですが、ちょっと食べてすぐ もういらないと、かごに戻ろうとするんです。
なので何度も食べるときにあげています。

お店にいた4羽の中で 一番おちびさんでしたが、1番元気に寄ってきてくれました。
お店にいた時から、鼻もくちばしも頭も全部小さかったです。

お店の方のアドバイスで今日風切羽を切ってもらいに行きました。
4羽の中で黄色い一番よく食べていた子がまだ残っていました。
すっごく体格がよくて、比べると ポポは文鳥みたいに小さい感じで心配になりました。
鳥かごに入れず、食べることだけに興味を持たせなければいけなかったと感じました。

食べることに一生懸命になってくれないと弱ってしまいます。
元気に大きく育って欲しいです!
DSC03415.jpg

私がやりたかったこと

6/17 わんたろうが天国に行ってしまい落ち込む日々
先生の「ANGEL'S BREATH」という曲を聴いて、その歌声と優しいメロディにとても癒され、その時の気持ちを表現できる気がして 先生にお願いしてすぐにムービーの作成にとりかかりました。

そして完成したものを先生に見ていただいたのが7/3 私の卵巣腫瘍が見つかった日です。
その翌日には、夫も呼ばれ 大きな病院で検査を受けるように言われました。

それからガンの疑いがあるということで検査検査で大変な毎日でした。
以前記事に書いたとおり、私もそうですが 家族も辛い日々でした。
それでも家族みんな 希望を持って食事療法をしたり、明るくいつも通り そして前向きに頑張りました。

そんな中で、どうしてもやりたかったことがありました。

生か死かどちらかわからない状況の中、もしもの時のことも考えていました。
夫や娘たちに伝えておきたいことだけは徐々に整理してきちんとしておこうと思いました。

あとは、自分が一生懸命生きてきた証を なにか明るい形で残しておきたいと思いました。

高校時代に頭に浮かべて考えていた曲があります。
高校時代なので、すごくおバカな歌ですか ^^;
すっごく古くさいのですが、だからこそ今それを表現してみたくなりました。

音楽が苦手で楽譜も書けない私。 頭に浮かべたまま何十年も過ぎていきました。
それが、今の時代だからこそ こんな私でも、パソコンで形にできるのではないか…と思いました。

思ったらじっとしていられない私
無料作曲ソフトを娘にダウンロードしてもらって、いじり始めました。
難しくて苦戦しましたが、なんとかメロディは いれることができました。
それからが問題…
メロディにどうやってリズムやほかの音をつけていいかわからず、適当に少しだけやってみて、めちゃくちゃなまま入院となりました。
目標があったので、気がまぎれて良かったかもしれません。

幸い手術結果、腫瘍は良性でした。  術後はとても辛かったですが、安心感もあり 術後の経過は良かったです。
起き上がれるようになって、娘がパソコンを持ってきてくれました。
診察や歩行練習の合間に パソコンを開いて続きをやり始めました。

『和音?伴奏?どう曲を膨らませていくの~! ベース音ってどうやるの~!』 
行き詰まりました(-_-;)

まったく進まず 疲れてベッドにバタン!と横になった時、ふと口づさんでいました。
「あっ、難しく考えないで こういうの入れれば いいかも!」と、起き上がってパソコンに向かうと なぜだか急にイメージができてきました。

パソコン使用はいいのですが、看護師さんが来るたびに 反射的に手がとまりました(笑)

夫と長女が仕事が終わってから来てくれた時、長女は私の術後のお腹の大きな傷を見て痛そうな顔をしました。
そして、パソコンで一生懸命創作している私を見て、長女は「私だったら こんなになっていれば もうなにもやる気がしないのに、お母さんはなんで できるの…」と。
そして夫が「すごいだろ、前向きで…」と 言った言葉になにか感じてくれたようでした。

今回は良性で救われましたが、前向きに一生懸命頑張っている姿を見ておいて欲しかったのです。
そしてそれを形に残しておきたいと思いました。
いいこと悪いこと、今までいろいろありましたが、どんなことでもすべて次につなげる大事な経験となってきました。
その積み重ねが 私をやる気にさせてくれました。
 
どんなかっこ悪いものでも、これが私!そういうものを作ってみたかったんです。

歩行練習で ラウンジまで行く時に、時々ノートを持って行って、ノートにイラストのイメージを描いたりもしました。
時間を無駄に使いたくないという感じで無我夢中でした。

無事退院でき、その後まだ疲れやすかったりであまり動けず、母を連れてくる前にと 静かに座ってできるイラストを作成しはじめました。
パソコンにつなげてできるペンタブレットで、またまたいろいろ苦戦しながら描いてみました。
線も字もうまく書けなくて難しかったです。
きっちり完璧な絵でなくていいので、雰囲気だけでも伝えることができたらと思って描きました。
すべて一人でやるのはかなり疲れるので、このいいかげんさが私の個性だと勝手に思って 完成させることを目標に頑張りました。

なにをやるにも変換しないとできなかったりと問題が発生。
二女は来てくれるたび、アドバイスをくれたり 問題解決のために調べて助けてくれました。
完成させてあげたいという気持ちで、一緒になって取り組んでくれました。

そして完成したものが これです。
いろいろあって 遅くなってしまいましたが、ようやくアップすることができました。

30年以上さかのぼって、私の高校時代の思い出を歌にしたものです。
校歌風に元気な曲になりました。

高校時代を思い出しながら、楽しんで見ていただけると嬉しいです。
平成の子達にも 今とはまったく違う高校時代を楽しく見てもらいたいです。
 
(最後に登場するわんたろうは二女に描いてもらいました)

大根坂 - コピー - コピー 7 - コピー

ここをクリックしてご覧ください

大根坂

同級会に

昨夜は、中学の同級会に行ってきました。
今回は17名ほど出席でした。
連絡がとれない友達も、回を重ねるごとに増えてきました。
卒業以来 何十年も会っていなくても、変わらないのが友達ですね。 あの頃に戻ってすぐ溶け込めて。
DSC03394.jpg DSC03393.jpg


あの頃、担任をはじめ ちょっと変わっていて 団結力が強いクラスと 有名でした。

担任は 英語と体育の先生でした。
英語は「デス イズ ア ペン」と しっかり日本語の発音でした(笑)
全国大会まで導いた 男子バスケの顧問でもあり、体育は厳しかった気もします。

忘れ物や口ごたえ なにかあると即、うさぎとびをやらされたり 走らされたり 男子は 容赦なくビンタされました。
今の時代だったら大変な騒ぎになっていたと思います。

でも、なぜか 子どもたちも親に言いつけるわけでもなく、明るく乗り切っていました。
親も いろいろ干渉せず なんの問題も起きませんでした。
悔しいと思うことがあっても クラスみんな仲良く元気にやっていたので、団結力が強くなったのかもしれません。

卒業式で 男子が先生を胴上げしていたくらい、逆に先生を中心にまとまったクラスになっていました。
先生はお亡くなりになりましたが、あの時のわけのわからない厳しさも 今では思い出として語られています。

今の時代、なんでもかんでも体罰と大騒ぎになりますがどうなのでしょうか。

途中 みんなそれぞれ いろいろあって同級会もやっていなかったのですが、この歳になってまた復活しました。
なにがあってもオープンでわかりあえて楽しくできるのが友達ですね。

病気も治って、元気に出席できてほんとうに良かったです。
楽しかったです(^o^)

今回は 母の目薬も忘れずにやってから行ったので良かったです。

新しい家族

わんたろうもぴー子もいなくなって、家にいると どうしても寂しくてしかたない毎日です。

それで、今日思い切ってペットショップに電話してみました。

ちょうど4羽のひながいると聞いて、居ても立ってもいられなくて お店に見に行きました。
やっぱり春まで待てませんでした。 寒くなる前にと、思い始めたら もうじっとしていられなくなりました。

箱の中で固まっていた中で、一番おちびさんで ぴーぴー寄ってくる子がいました。

ぴーの時は、ご飯をちょうだいと 一番ぴーぴーうるさくて元気がいい子を選んできました。
ぴーは よく動き落ち着きない子でした(^_^;)
元気が良かったので男の子だと思い込んでいたのですが、卵を産んでから大変なことになってしまいました。

元気がなくなっては、病院も10回ほど通ったかもしれないです。
卵を産んで弱っていくのを見るのがつらいので、今度はオスならいいなあと 4羽の鼻を しばらくじっと見ていました。
でも 結局オスかメスか判断ができず、寄って来てくれたこの子を連れて帰ることにしました。

帰ってすぐ 「新しいお友達を連れて来たよ」と わんたとぴー子に報告しました。

ずっと悲しみを引きずっているわけにもいかないので、思い出は大切にしつつ 前向きにいきたいと思いました。

やっぱり「ぴーぴー」甘えてくれる子がいると、すごく嬉しく明るい気持ちになります。
DSC03358.jpg
小さいけれど、とても元気な子です。
DSC03368.jpg
犬もそうですが、最初にやったことがずっと習慣になってしまうので 気をつけたいと思います。
DSC03372.jpg
粟玉を食べさせて、タオルの中でおとなしくしています。
食べっぷりも とても良かったです。

名前どうしよう… 男の子の名前にしたいけれど…
この子は どんな性格かな
元気ですが優しい感じに見えます。

家族もみんな喜んでいます。 この子を囲んで また家の中が明るくなると思います。

わんたろう・ぴー子同様 また皆さん可愛がってくださいね。
よろしくお願いします。

息抜き2

今日は 娘たちが保育園時代 仲良く遊んでいていた男の子のお母さんたちと3人でランチをしました。

500円で サラダ・パスタ・スープ・ドリンクバーがついていてお得でした。
今日は1年ぶりで一緒にランチとなりました。

私が 腫瘍ができた時、心配して訪ねて来てくれました。
今回 良性ということで、ホッとして自分のことのように喜んでくれました。
そして、仕事も休みをとってくれて 久しぶりに ゆっくり会っておしゃべりができました。

娘も保育園の時遊んで、小中高と会わなかったのに、成人式で会ってからまた自然に友達として今も仲良くしています。
幼なじみっていいものだなあと思いました。
そして、お母さんたちも ほんとうにいい人たちで、ずいぶん会っていなくても 昔のまま一緒にいて楽しいです。

みんなそれぞれ、介護やいろいろ大変ですが こうして たまに会って発散できること嬉しいです。
いっぱい おしゃべりができました。
私が腫瘍で大変だった時のことを知っているので、こうして 今日会って普通にランチができることが、信じられない感じで 喜び合いました。

みんな何かを始めたいと言われていたので、「ギターにして~」と言いました。
おばちゃんバンドで一緒に楽しめればいいなあ。
おばあちゃんになっても 一緒に楽しむことができたら 素敵だなあって、ふと思いました。

今日も、私のためにCDをダビングしてくれました。
DSC03351.jpg
CDを聴きながら、夕飯の支度をしました。

楽しく過ごせて、また元気をもらいました(^o^)

久しぶりのギターレッスン

復帰の第一歩

今日は2カ月ぶりで ギターのレッスンに行って来ました。

体調もだいぶ良くなって、すごくさわやかな気持ちで家を出ました。
先生は 変わらず待っていてくださいました。

穏やかな角田先生と話をしていると、気持ちが落ち着いて 以前の自分にもどれた気がします。

今日は 先生が作曲された演歌の曲も聴かせていただきました。
それが とてもいい曲なんです。 
演歌教室の先生に依頼された曲だそうですが、プロの演歌歌手の方が歌っても、すっごくいい感じだと思いました。

ジャズ・シャンソン・クラッシック・フォーク・ロック…なんでも演奏され、演劇・ミュージカル・朗読・合唱曲など いろいろ作曲もされ、すごいなあと いつも感激しています。

さて、私の方はというと… いろいろあってなかなか練習ができず、指も思うように動かずで 必死でした(^_^;)
ちょっとした緊張感からも 異常な汗が。
指のリハビリと思って、ゆっくりやりましょう、そうしましょう~(^_-)
この ともだち(ギター)とも また仲良くしていきたいと思います。

こうしてまた ギターが弾けるなんて思っていなかったので、ほんとうにすごく嬉しいです!
あの時の思い、みなさんの優しさは忘れません。
DSC03343.jpg DSC03344.jpg

家に着くとすぐに母にお昼を食べさせて、それから 自転車を走らせ、母のお友達に ごあいさつに行ってきました。
気持ちのいい風が吹いているのに、また どっと汗が出てきました。
息切れはするし、疲れやすくて…
やっぱり 体内は今までとは違ってきていると、すごく感じます。

でも、今日元気に復帰の第一歩を踏み出せたので、もう大丈夫な気がしてきました。
明日も元気に ワッハッハ!でいきますよ~


元気に始動

春から ず~っと辛い出来事が続いて、精神的にも大変な日々でした。

でもやっと気持ちの切り替えができました。

そう、私には まだCさんという存在がいました。
ガンと言われた苦しい時期に、みなさんの励ましや応援から生まれたCさんです。
みなさんが作ってくれたCさんは、いざという時に盛りたてて励ましてくれる、前向きで明るい「気」の存在です。
Cさんが AさんBさんをまたそれぞれのキャラでやる気にさせてくれました。


汚れていた盛り塩も全部きれいにやりかえました。
DSC03326.jpg スッキリ!

Cさんのおかげで、AさんBさんも 始動し 元気がでてきました。
咳も治まってきて、出なかった声も出るようになってきました。

買い物などに出ると、疲れやすいですが、身体は軽くなってきて(体重ではないです^^;)動けるようになりました。

まだ、ぴーのいない生活に寂しさはありますが。
DSC03327.jpg DSC02841_20140908151015bf4.jpg

リラックマのキイロイトリ、ぴーに似ていて大好きです。


DSC03323.jpg

『わんたもぴーちゃんもいなくて、さみしいなあ…にゃんこでもいいから 来ないかなあ…』なんて思いながら、庭に咲いた一輪のバラを撮っていたとき…

線路を悠々渡っている黒白の猫を見かけました。
そして お隣の庭からひょっこり顔をだしたので、とっさにパチリ!
DSC03324.jpg

『先生の おひげみたい(笑)』 一人でおかしくなりました。
 すぐ逃げて行ってしまいましたが、なんだか嬉しかったです。

糞被害で にゃんこは嫌われ者ですが、今の私には 見るだけで癒されます。

どうやらこの辺りに3匹の猫がいて、あちこちの庭を渡り歩いているようです。
どうせなら 名前をつけちゃおうと、勝手につけちゃいました。

黒白のクロコ ・ グレーのグレコ ・ 茶色いしまのチャチャ

グレコとチャチャは 可愛い顔をしていた気がします。

笑えるようになってきて、
今週からまた 楽しく元気にがんばります!

中秋の名月

夕方 ふと空を見ると夕焼けが
「夕焼けかあ」
なんて見渡すと
「あっ、満月! わあ 偶然満月に月を見るなんて」
DSC03328.jpg DSC03330.jpg
夜中 澄んだ空にすごく明るくてきれいでした。
DSC03335.jpg DSC03333.jpg



感激しました。 しかも明日は、今年3度目 月が地球に接近して大きく見える スーパームーンだそうです。

きれいな月を見て、またパワーをもらった気がします(^_^)

笑顔は周りを変えてくれるもの!

昨日は 半年ぶりで、ご近所の方とランチをして 元気をもらいました。

ところが、夜にまた訃報が届きました。
電話に出た瞬間、すぐに察しました。

私たちの仲人をしてくださって、いつも私たちのことを思っていてくれた方です。

22歳の時に結婚をして、それ以来 愛媛と長野で両親とは遠く離れて暮らし、あまり会うこともできず 頼ることもできなくて、必死に頑張ってきました。
仲人をしてくださった方は夫の上司で、ご夫婦で今までずっと私たちによくしてくださいました。
相談もいろいろ聞いてくださいました。
長野の両親と思って慕っていたのですが、おとうさんが 昨夜肺がんで亡くなられました。

もう信じられなくて、辛くて また いっぱいいっぱい泣きました。

「どうして… どうしてみんないなくなってしまうの… 私が元気になった姿を見せていないのに…まだ会いに行っていないのに… なんで待っていてくれなかったの…」

私が 卵巣がんの疑いがあると言われた時、ご自身も抗がん治療をしてすごく辛い時なのに、私の事を心配してくださって。 良性とわかった時も ホッとして喜んでくださって。

どんな時も私たち家族の事を心配したり 応援したり、喜びも悲しみも共に感じてくださいました。
いつもにぎやかに話をして、気持ちが温かな方でした。
そんな おとうさんまで 失って、本当に辛く寂しいです。

今日 夫とご自宅へ おとうさんに会いに行ってきました。
最期は とても苦しまれたとのことでしたが、とても やすらかなお顔でした。
「今まで ほんとうにありがとうございました」 感謝の気持ちでいっぱいです。

そして おかあさんのことが心配でした。
長い間ずっと看病をされ、最期は大変な介護をされていました。 かなり疲れがたまって気落ちされているのではと気になりました。
働きながらご両親の介護もされ 家事もこなし、おとうさんが不慮の事故でけがをしてからずっと介護をされ、ご両親と3人のことを一人で頑張られ、さらに私たちのことまで気を遣ってくださり、尊敬しています。

おとうさんは、ふたりの高齢のご両親を残して 旅立ってしまいました。
でも お母さんは 気丈に明るく前向きでした。
「楽しくやろう」と。

そのおかあさんの言葉と姿に 私も救われました。

なんだか 皆が私の身代わりになってくれた気がして、心がすごく傷みました。
心から笑えない自分がいました。

でも、お母さんの言葉で、『生きている私たちが、命があるかぎり 楽しく過ごして悔いのない人生を送ることが大事なんだ』 そう思って 元気が出ました。

今日 おとうさん、おかあさんに会えたことで 気持ちが落ち着きました。
また 元気いっぱいがんばります!


金魚草も秋にまた咲きだしました。
DSC03322.jpg DSC03321.jpg
ほかの花は枯れてしまっても、種がこぼれて自然にはえてきた花は、水も肥料もやらないのに ひとりで強くたくましいですね。

私は この辛い経験をまた乗り越え いい方に活かしていきたいと思います。
 
笑顔は 周りを変えてくれるもの!

気分転換

今日は 何カ月かぶりで、親しいご近所の方と3人で、ランチに行ってきました。

いろいろあって できなかったのですが、ようやく実現できました。
私もスタミナをつけなくてはいけないということで、近くのステーキ屋さんに連れて行ってくれました。

しばらく食欲もいまいちで、お肉もあまり食べませんでしたが、今日は皆と おいしく食べることができました。
こうして 皆とまたランチを楽しむことができることになって、ほんとうに幸せです。

この数カ月いろいろありすぎて、久しぶりに いっぱいおしゃべりをしました。
情報交換の場でもあり、話すことで発散もでき 気分転換になりました。
DSC03310.jpg DSC03313.jpg

こうして、私を誘って 回復を祝ってくださり、嬉しかったです。

家に帰ると ぴーの事を思い出し、また寂しくなりますが、元気をもらえたので また頑張ります (^o^)

ぴー子のお墓

朝晩涼しい風が吹いて もうすっかり秋を感じます。
DSC03308.jpg

昨夜も 寒いくらい冷たい風がビュンビュン吹き込み、庭では秋の虫たちの声が聞こえ、さみしい夜を過ごしました。

ぴーがいなくなって、わんたろうの時のように、心にぽっかり穴があいたように どうしようもない自分がいました。
昨日、庭に埋めてあげようと、一人で無心に草取りをしていました。

そんな時、私の気持ちを察してか、仕事が休みの二女が また駆けつけてくれました。
そして一緒に穴を掘って、ぴーのお墓を作ってくれました。

穴にきれいな石を敷き詰め、そこにティッシュでくるんだぴーと、ぴーがいつも過ごした えさ入れ(新しいえさをたくさん入れて)と、ぴーがいつも つついて遊んでいたストラップのおもちゃを入れました。

DSC03302.jpg
庭に ごろごろある石に、二人でペイントをしてお墓を囲みました。
DSC03303.jpg 二女です

二女は ひし形の石を見つけて、ささっと わんたろうの顔をペイントしてくれました。
DSC03306.jpg

二女のおかげで 立派にお墓ができました。

わんたろうが今年の6月17日で、ぴー子が9月3日 
わずか2カ月半でみんないなくなってしまいました…
さみしいです…私の代わりになってくれたような気がして胸が痛みます。
DSC03304.jpg

ぴーのいない鳥かごを 何度も何度も見ては 涙がこみあげてきました。

それだけ 何をしている時も、常にぴーの様子を見て いつもいつも声をかけていたのだと 改めて感じました。
入院中も ぴーが元気かいつも気になっていました。

薬なんて無理に飲ませないで、そっとタオルにくるんで一緒に寝てあげたらよかったと 悔みます。

家にいると 寂しさで辛いです。
買い物から帰っても 「ぴーちゃん ただいま~」と声をかけ、「ぴー」と返事をしてくれていたのですが、もう言うこともできません。
母も「ぴーちゃんの声が聞けんのはさみしいな」と言っていました。

また時間がたてば 苦しくなくなるのでしょうか…
でも 明るく元気に笑顔でいたいです。 また試練を乗り越えなくては!

ぴーも…

今日 ぴー子は 天国に旅立ちました

今朝起きて、ぴーに「おはよう」をしようとした時、暗闇で感じるぴーの姿がなにか違って…
かごにかけたカバーを取ると、ぴーは えさ入れの中で、いつもの体勢で冷たくなっていました。

「やだ、なんで!なんでひとりで逝っちゃったの… なんで来てくれなかったの… いつも頼って来てくれるじゃない…
大好きなえさ入れに入れにいたかったの…そっと逝きたかったの… 
わんたろうも ぴーちゃんも、 なんでみんな  いなくなっちゃうの! なんで、なんで…(/_;) 」


涙が出ました。

薬を飲ませて、少しずつ元気になると思っていたのに…
卵や糞が詰まって ぐったり状態でも、力を振り絞って かごから出て来て私の布団にもぐりこんで いつも手の中で温めて一緒に寝ていました。
なのに 今回は、出そうとしても必死にどこかにしがみついて嫌がりました。
悪いところを見せたくないように、逆に そっとしておいて!といった感じでした。

夜冷えないように、冬のカバーを鳥かごにかぶせました。
朝まで 静かに寝ているはずだったのに…

暗くなって ひとりで静かに逝ってしまうなんて…

「気付いてあげなくて ごめんね… 手の中で 一緒に寝てあげればよかった
でも、ぴーちゃんにとって、ここが一番落ち着く場所なんだよね」


4年と6カ月しか一緒にいることができませんでした。
卵の産みすぎで、ヘルニアになって、お腹を引きずりながらも 元気に頑張って 家族に笑顔をくれたぴーちゃん
ありがとう
DSC02841.jpg

わんたろうがいなくなって3カ月しかたっていないのに、みんな いなくなってしまいました。
どうして、次々…私が元気になったのに みんないなくなってしまって…

悲しくて涙がいっぱい出ます。
さみしくてさみしくてたまらないです。

ぴーの事を可愛く思ってくださり 心配してくださった皆さん、今までほんとうにありがとうございました。

ぴーもガンバ!

今日は久しぶりに暑くなりました。

ぴーですが、2日間えさ入れに入ったまま えさも食べず眠ったままでした。
『触らないで、そっとしておいて!』とばかり、力をふりしぼって 怒って噛もうとします。

糞の色はグリーンでいい感じですが水っぽいです。
えさ入れに寝たままなので、ふんもえさ入れのなかで、お尻は 糞とえさ まみれです。
それで朝に、「もうこれ以上はだめだからお医者さんへ行くからね」と、 お尻を洗ってあげて ぴーを連れて行きました。

わずかにえさは つついて食べていましたが、持った感じはとても軽くなっていました。
お腹に硬いものもないので、糞や卵詰まりの感じもないです。

ぴーを いつものメッシュポーチに入れて私も頑張って自転車をこいで病院へ行きました。
DSC03295.jpg

お医者さんは、「卵や糞詰まりでもないし、肺もつぶれていません。 なにかショックがあったり弱ることがあって、食べていないから 痩せてますね。 このまま食べることができなかったら、2、3日で…」と言っていました。
『今回は ぴーが食べるしか助ける方法がないの…』と悲しくなりました。
ちょっと前まですごく元気で、かごを素早く上ったり下りたり、紙をビリビリお菓子もバリバリやっていたのに、急にどうしたのか…

帰るとまた汗がどっと出てきました。
それでも なんとか元気になってほしくて、もらってきた薬を ぴーのくちばしを無理にでも開けて垂らして飲ませました。
嫌がろうが、これを飲ませないと助からないので。
DSC03299.jpg
タオルの中でじっと眠っていたので、そのまま私も眠ってしまいました。
やっぱり私もすぐに疲れてしまう…
頭痛がしてきたので起きて、ロキソニンを飲みました。 ぴーは じっと眠っていました。

また薬を口の中に入れ、かごにもどしてあげました。
えさを自分で食べ始めました。
でも またえさいれの中で眠ってしまいました。
様子を見て、また薬を飲ませようと思います。

DSC03300.jpg
ぴーは奇跡の子
何度も死にそうになって 元気になったのだから、今回も頑張って!
ぴーまでいなくなってしまったら嫌だからね…

異常にねむい…

今日は なんだか忙しい日でした。

午前中、災害などなにかあったときの母のことについての書類を持って 民政委員さんがみえました。

その後、病気の治療を終えて 母の ともだちが、娘さんの車に乗せてきてもらい、母に会いに来てくれました。
その娘さんは、子どもの頃 近所に住んでいて お姉さんのような存在の人で、何十年ぶりかで会うことができました。
お互い兄はいますが、いざとなるとやっぱり娘でないとと 話をしました。
おばさんも、普段うるさくて喧嘩をしていても、娘はありがたいと言われていました。

美味しいケーキをいただきました。
DSC03291.jpgDSC03292.jpg

午後は 2カ月ぶりの在宅マッサージです。
マッサージと鍼を久しぶりにやってもらいました。

母は、足や手がうずいて痛いと毎日言っていたので、これで少し楽になるといいなあと思います。

昨夜 じんましんが出たので、あまり飲みたくなかったですが 入院の時にもらった薬を飲みました。
入院の時も 夜に突然 じんましんが出ました。

原因がわからないのですが、もしかしたら 私は メロンが駄目なのかも…と思いました。
病院でもメロンが出て、なんとなく残しました。 昨日も種や皮の部分をジュースにして飲みました。

メロンを食べると 必ず のどがイガイガしてしまうのです。 パイナップルも同じです。
二女も メロンで じんましんとか出る人もいると言っていました。

この薬、効くのですが 飲むとあとが大変になるので嫌なんです。
DSC03293.jpg

寝る前に飲んだのに、朝起きてから ず~っと眠気がすごく 身体もだるくなります。
入院中もそうでした。

それもあってか、今日は 貧血気味で調子が悪かったです。

最近自分の体温調節が 良く分からなくなってしまいました。
朝 涼しいのに暑くなって 扇風機をかけたと思ったら、今度は鳥肌がたって 急に寒くなったり。
ちょっと動けば汗をかいたり。
やっぱり 術後 以前とは違う感じです。

胃とお腹はだいぶへこんで、自分にもどった感覚です。
狭い洗面所で 母とすれ違う時、いつもお腹がぶつかっていたのが、今はなくなりました。
ぷくぷくと膨らみ ほんとうに変な感じでした。
毎日少しずつだと、太ったと思ってしまいますね。 腹水なんて考えてもみませんでした。

母にもお腹の傷を触ってもらいました。
「硬いな、寒くなると傷が痛くなったりするから 冬は腹巻をせんと」と言っていました。
母も 転んでは 足や手を どれだけ縫ったか、自分でも経験しているのでわかるのですね。

少し休んで また元気に頑張ります(^_^)

 | ホーム |  page top