FC2ブログ

プロフィール

egao64

Author:egao64
介護を経験されている皆さん、希望や楽しみを見つけて、一緒に元気に頑張りましょう


カテゴリ


最新記事


月別アーカイブ


最新コメント


カレンダー

10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

フリーエリア

にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村にほんブログ村にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
にほんブログ村 再生ボタン►を押してから、画面下のYou Tubeをクリックすると大きな画面で見れます

リンク


アクセスカウンター


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索フォーム

QRコード

QR

命日に可愛い家族を思い2

きーたんは ご飯もガツガツ食べてくれて、迎えてすぐに 簡単にケージの上に上がることができました。
DSC00864_20180616195704c51.jpg
すごく甘えんぼうでもあって、娘の髪の毛の中に入って眠ったり、手の中が大好きでした。
DSC00831.jpg

DSC00910_201806161957076ad.jpg
自分から手の中に入ってきて そこでウトウト 動画もじっと見ていました。
DSC00869_201806161957052f3.jpg
上れないのに こんなところまで上ろうとしたり、好奇心旺盛でした。
DSC00946_20180616195710511.jpg
くちばしで持ち上げる力も強くて、どんな体勢でも掴まっていられるくらい足力も強かったです。
DSC01412_20180616195720b20.jpg
怖いもの知らずで なんでもチャレンジのきーたんでした。
DSC01421_201806161957226d7.jpg
カキカキしてもらうのが大好きで
DSC00981_20180617000401b90.jpg
元気に動き回っていると思えば
すぐに手の中に潜り込んでベタ寝
手を放しても このまま寝ていたり
DSC00950_20180616195711eff.jpg DSC00955_201806161957130e1.jpg
遊んでいても どこでも寝ていたり
DSC01146_20180616195719293.jpg
ご飯を食べない心配もなく
DSC00971.jpg
でも ひとつだけ気になることが

突然 どっちへ行くか方向も定まらず、奇妙な動きをすることがありました。
「きーたん落ち着いて!」と言うことも

ご飯も こんなに散らかし始めて

ぴー子もやっていたので、もしかしたらメスだから イライラすることもあるからかなと思っていました。
DSC01029.jpg
普通に遊んでいたり食べたりしていたのですが、旅立つ前に変わった行動をしていました。
甘えん坊のきーたんが、急に 人を避ける?ように、部屋の隅に行き、置いてあるテープの中にしきりに入ろうとしていました。
DSC01491_20180616195723c7f.jpg DSC01492_20180616195725377.jpg
これも ぴー子と同じで、もしかしたらメスで、卵を産む習性で こういう所に入りたがるのかもしれないと思いました。
DSC01493_20180616195726941.jpg DSC01498.jpg
でも 具合が悪い感じもなく、あとはいつも通り遊んでいました。
いただいたおやつを 美味しそうに食べていました。

きーたんが 旅立った時も このおやつを食べていました。
ガツガツ食べていると思っていたのですが、
よく見ると、食べているというより 粒をとって すごく散らかしているような感じでした。
もしかしたら 体に異変があって、散らかすことで気を紛らしていたのかもしれないです。
それで どうしようもなくなって、必死に夫の足まで助けを求めてきたのだと思います。
肩の上で 苦しそうなきーたんを見て、あわてて駆け寄り 落ちないように手の中に入れたのですが
苦しかったのか わずかな時間でしたが、バタバタ暴れて
すーっと力が抜けて
手の中で 必死にきーたんに声をかけました

辛かったです
本当に一瞬のできごとでした
DSC01511_20180616195729773.jpg
最期は苦しそうでしたが、手の中で息をひきとった きーたんの顔は穏やかでした。
手の中で、夫と私がいるときに 旅立つことができたことだけが救いです。
DSC01528_20180616195731905.jpg
たった1か月半しか一緒にいれませんでしたが、きーたんも可愛いくて 一緒に過ごしたこと忘れられません。

性別もわからないまま旅立ってしまいましたが、きーたんは やっぱり女の子のような気がします。
DSC00937_201806161957085b1.jpg
ポポときーたんが続けていなくなってしまい、インコはもう飼えないと自信をなくしました。

でも奇跡的にラムとの出会いがあり、また元気をもらっています。

ポポとラムは同じ8月生まれです。
ポポが旅立ったのは1歳10か月のときですが、ラムも今同じです。
元気に見えて いつまた急に…というのがいつも頭にあって不安です。

8月に2歳になりますが、元気に2歳を迎えてほしいと願うばかりです。

コメント

前記事のポポちゃん、そしてきーたんの亡骸の写真を見て
思わずウルウルしてしまいました。
写真でもただ眠っているだけではく硬直してるのがわかります。
私もさぶやわさびの事も思い出して悲しくなりました。

きーたんは本当に突然だったんですね。
そうなると飼う自信がなくなる気持ちになるのはよくわかります。
でもえがおさんは勇気をもってラムちゃんをお迎えしてくれました。
前向きになってくれてすごくうれしいです。

わんたろうくんはビーグル犬だったんですね。
とても賢そうなお顔をしてますね。
動物はなんだってお別れの時は悲しいですが
犬猫は大きいのもあって特に悲しいですね。
15年も一緒に過ごしてきたなら尚更です。
娘さんたちにしたらきょうだいみたいな存在でしたでしょう。
わんたろうくんはぴー子ちゃんとも仲良くしてたんですか?

でもやっぱりどんなに短くても小さくても
命には違いないのだから
お別れは辛いですね。
わたしもきーたんが亡くなった時は「なんで?!!」って思いました。
えがおさんばっかり辛い思い、神様は何でさせるんだろうと。

ぴーこちゃんやわんたろうくんの時はえがおさんご自身の
病気などでとてもしんどい思いをされたんですね。
辛いけどまた飼いたくなる。
動物ってすごい力を持っていますね。

ラムちゃん、元気に2歳を迎えて欲しいです。
きっと大丈夫!!

2018-06-17 14:17 | よっさん #- | URL編集 ]

こんにちわ。
きーたんやポポちゃん、わんたろう君やぴー子ちゃんとみんなが眠ってる場所だしえがおさんにとっては特別な場所ですね。
もしえがおさんがこの子達をお迎えしていなかってら全然違った生活をされていたかもしれません。
一緒に居ることで楽しいことや辛いことが沢山あると思います。
私の所のちょびはずっと鼻炎で、世話の仕方に悩んだり
ほんの少し調子が悪いだけでもヒヤヒヤしたり。勿論苦労はしますが、ちょびやポポロの為なら頑張れますし前向きになれます。私の生活に大きく影響してますし本当に大事な存在です。

ラムちゃんも勿論大切な存在で、えがおさんの元気の源なんだろうなと思います。
まだラムちゃんの病気は完治してないとは思いますがだんだん良くなってるようですし、羽根がすべてきれいになってほしいですね(^-^)v

これから暑い季節になるので注意しなければなりませんね☀
ポポロは冷蔵庫の上が好きなので困ります💦冷蔵庫の上ってかなり暑いので熱中症になりそうです・・・。元気なのは嬉しいですが(-_-;)
ラムちゃんは長生きしてほしいですね。ラムちゃんの健康のために色々と気を使う事も多いでしょうが、そう言ったことも元気の源になりますしね。動物って不思議な存在ですねd(^-^)
2018-06-17 17:08 | ちょび #- | URL [ 編集 ]

これを見ると 私も泣けてきました

どの子も最期の光景は 頭から消えることはないです。

ポポは吐血で口が汚れていたので、これを皆さんに見ていただいていいものか悩みました。

同じ部屋で すぐそこにいたのに、いつも通り遊んでいて まさかこんなことが起こるとは思っていなくて、雑誌や古紙の片づけに集中していて 気づきませんでした。
気づいたときには ポポは床の上で冷たく硬くなっていました。

あんなにふわふわ 体のぬくもりも感じていたのに、どの子も あのクリクリしていた目も閉じて 冷たく硬く こんなに小さくなってしまうの という感じで 信じられない感じでした。

きーたんは 写真の通り、目もパッチリ 体を膨らまして 調子悪い感じもまったくなかったんです。
でも なにか体の中で異変が起きていたのかもしれないです
後で見ると、おやつの穂を 食べるというより、必死に食い散らかしている感じでした。

今思うと 来た時から 虫につかれたみたいに、遊んでいて突然変な動きをしたりしていました。

きーたんは 夫にもすごく懐いていて 夫も可愛く思っていたので、
最後の力をふりしぼって、夫のところに来てくれて、それは夫も嬉しかったようです。
どうしてあげることもできず、ただ見守るだけの数十秒でしたが、二人で見送れたのは 救いでした。

わんたろうは 家族として 家族みんなが可愛がりました。
思い出も多いです
わんたろうは 見えない目で必死に家族を探し 声を聞こうとして、歩こうとしてもすぐ転んでしまい歩けなかったのですが、必死にそばに行こうとしてくれました。
呼吸もかなり苦しそうで、かわいそうで見ていられない感じでした。
夜の間頑張って、朝娘も来て 家族全員の姿を感じたとき、ひと声だけだして そのまま静かに息をひきとりました。

小さなインコも 感情を表現して 家族をよく見て 家族の声を聞いて 気持ちが通じるので、犬はもっとですね
わんたろうの最期をみて、なにを言いたかったのかなと 家族に気持ちを伝えようとしているようで、犬は あまりにも伝わるものがありすぎて お別れが悲しすぎて、もう飼えないと思いました。

ぴー子は 可愛くて、色が黄色くなっても シードケースにばかりいるから同化してきたのかなとか、介護で必死でまだインコのネット情報も見たことがなくて 羽がバサバサしていても これがぴー子だと思って 普通に思っていたんです。
今画像を見ると、びっくりです。
卵詰まりや産卵で 腸が飛び出たり 落ちて肺のあたりを打って危なくなったり、何度も病院へ連れて行き助けてもらいました。
この状態で4年も一緒にいてくれたことが奇跡かもしれません。
ぴー子は 辛いときは いつも人を避けて 静かにしていました。
あの日も 触れられることを嫌がり 大好きなシードケースの中でじっとしていました。

わんたろうもぴー子も みんな私の身代わりになってくれたんだと、いっぱいいっぱい泣きました。

辛いけれど、心にぽっかり空いた穴を埋めてくれて癒してくれるのは、やっぱりかわいい家族なのですよね

ラムには長生きしてほしいです
2018-06-17 17:30 | よっさんさんへ #- | URL [ 編集 ]

ちょびさん こんばんは~

小さなお骨は みんなもう土に還りました。
そばに置いておきたい気持ちもありましたが、ポポときーたん2つ並んだ骨箱を見るたびに辛い気持ちになってしまうので、自然に還そうと思いました。
形は残りませんが、自然の中でのびのびいられる気がします。

そうですね、お迎えをしていなかったら なにも変わらないつまらない日常だったと思います。
いなくなって 毎日朝から晩まで 無意識で見ていたり声をかけていたことに気づきました。
声をかけて 反応してくれる 心を癒してくれる大きな存在です。
心配も尽きませんが、一緒にいれることは幸せですね。

ラムは 体重が増えやすいので また肝臓肥大が心配で、いつもくちばしやつめ 羽の状態をチェックしています。
でもご飯を減らして食べないことは また心配です。

ポポロちゃんは 冷蔵庫の上まで飛ぶのですね
裏に落ちないか心配ですね
ラムは 主にケージと肩の上を飛んで往復するくらいです。

ラムですが、まずは ポポがなれなかった2歳を元気に迎えることが目標です。
そして ぴーちゃんより長生きをしてくれること願っています。
2018-06-17 21:26 | ちょびさんへ #- | URL [ 編集 ]

こんばんは

この世に生を受けるという事はその先には必ず死があるって頭ではわかっているんですけどね。。

だけど、いざ死と直面してしまうとダメですね。。
後悔で押し潰されそうになります。。
突然逝ってしまった王子とミルク、余命宣告されてたガリ君。。
ガリ君だけは看取ってあげれたけれど、それでも後悔は残ったままです。。
突然逝ってしまった王子とミルクに関しては後悔どころじゃなく。。

王子もミルクもガリ君もまだまだ生きられたんじゃないかと考えてみたり。。。
もちろん、答えなんか出ないんですけどね(;´∀`)

どんなに小さくったって大事な家族、そして尊い命だから少しでも長く一緒にいたいですね。。




2018-06-17 21:44 | ワッチ~ #- | URL [ 編集 ]

ワッチ~さん こんばんは~

ワッチ~さんの悲しみ 痛いほどわかります。
みんなみんな同じ気持ちだと思います。

気づいてあげられず、ひとりで旅立たせてしまったこと、私も後悔をずっとひきずっています。
ポポも あの時こうしていたら…とどんなに思ったか
ワッチ~さんが後悔で押しつぶされそうになったように、私も自分を責めました…

でも泣いてばかりいるのではなく、幸せだった日々を思い出して 元気でいることで、安心してくれていると思うようになりました。
今でも みんなの最期を思い出すと涙がでますが…
失うことが怖いです

ラムには元気に長生きをしてほしいです。 
一緒にいるときを大切にしたいです。

ワッチ~さんのもとで、みんな幸せだったと思います
それに ワッチ~さんは 危なかった 親子の命をを救ってあげて、みんなでにぎやかに楽しく過ごせて、きっとみんな感謝していると思います。
2018-06-17 22:55 | ワッチ~さんへ #- | URL [ 編集 ]

可愛い家族の可愛いお写真が沢山残っていますね。
ありきたりですが、短くても、大切に大切にされた記憶は、彼らにちゃんと残っていると思いますよ!
そして、我らがスーパースターのポポちゃんの動画は、多くの人を感銘させ、しっかりとその存在を残しているし、
ラムちゃんは、しっかりとその跡を継いでいる。
ラムちゃん、そろそろ2歳なんですね♡
『ラム 2歳になったよ』って、教えますか?
8月は、赤ちゃんが産まれて大忙しですが、2歳動画、楽しみに待っていていいですか?
2018-06-18 18:20 | シロめっちラピ母 #nQ5bPT7s | URL [ 編集 ]

シロめっちラピ母さん こんばんは~

みんなそれぞれ思い出がいっぱいです
わんたろうを迎えたときは まだフィルムカメラで 子供の頃の画像をあまり撮っていなくて残念です。
ぴー子の時もまだ 写真に残すことを意識していなくて お迎えしたときの写真があまりないんです。
お迎えしたときは もう夢中になってお世話をしてかわいがっているので、つい画像に残すことを忘れてしまって、それで だんだんと意識して画像に残すようにしました。

こんなこともあったなあと、画像を見ると思い出すことも多いので、やっぱり撮っておいたほうがいいですね。
シロめっちラピ母さんは きれいに たくさん撮られていますね

ポポの動画を今もたくさんの方がみてくださり、本当にありがたいことです。
ポポのおしゃべりを残していて良かったです。

ラムをお迎えしてから1か月1か月成長を見守っていたのですが、ポポがなれなかた2歳に近づいてきて 元気に2歳を迎えられるかといろいろ複雑な思いで見守っています。
「ラム2歳になったよ~」 そう言ってくれたら嬉しいですね

忙しい毎日ですが、またラムの成鳥を おしゃべりを 動画にして残せたらいいなあと思っています。
そうなんですよね…
またあした撮ろう 後で撮ろうではだめなんですよね

それで後悔もしたので…
2018-06-18 22:04 | シロめっちラピ母さんへ #- | URL [ 編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://egao64.blog.fc2.com/tb.php/1053-4c0ae15c

 | ホーム |  page top