プロフィール

egao64

Author:egao64
介護を経験されている皆さん、希望や楽しみを見つけて、一緒に元気に頑張りましょう


カテゴリ


最新記事


月別アーカイブ


最新コメント


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

フリーエリア

にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村にほんブログ村にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
にほんブログ村 再生ボタン►を押してから、画面下のYou Tubeをクリックすると大きな画面で見れます

リンク


アクセスカウンター


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索フォーム

QRコード

QR

多忙な日々

ほっとする間もなく
055.jpg
母を連れ、夜自宅に着いた瞬間から休む間もなくやることだらけで、長旅の疲れと気疲れでふらふら状態でした。 
送った荷物をほどき、母の布団やパジャマをだして、母をすぐ休ませないといけなくて。
母は娘の家の間取りもなにもかも見えなくて暗闇に置かれた状態。 介護の手続きがすむまで手すりもつけられなくて、トイレも一人では行けないので夜も目が離せなくて。
愛媛の実家にいた時もそうでしたが、夜中も1時間に1回くらいトイレに起きるので、私は寝不足で気力だけで頑張っていた感じでした。
長野の夜は冷え込みます。私は布団で寝る余裕もなく、母の横で引越し荷物の間に小さなこたつを置いて仮眠をとっていました。
手すりがついて、母が慣れるまではこの生活が続きました。

ケアマネさんと面談
IMG_2205.jpg
母がこちらに来て翌々日、早速地域包括支援センターのケアマネさんが来てくれました。
男性で感じのいい方でした。男性の声の方が母は聞き取りやすいようで、顔もみえないのですが、母は会話だけで感じたのか信頼していました。
目の前や、すぐ隣にいても母は人の存在がわからないのです。手を大きく振ったり、大きな声を出さないとわからず、私や家族はそばにいても、まるでおばけみたいなものです。
以前は手元がわずかでも見えていて、ヘルパーさんに助けてもらいながら自分でなんとか生活をしていたので、要支援でした。 今回は全く見えず介護にも負担がかかってしまうため、要介護の申請をしました。
今すぐ必要な ベッド・車椅子・ポータブルトイレ・風呂用椅子・手すりもお願いしました。

介護用品
早速次の日に ケアマネさんと介護用品のお店の方が見えて、ベッド・車椅子・ポータブルトイレ・風呂用椅子をもって来てくれました。 ベッドと車椅子はレンタルでトイレと椅子は購入です。
手すりは介護認定の手続きがすむまでは取り付けできないので、3週間くらいは寝不足になりそうです。
手すりの取り付け位置の確認だけされました。
この早い対応に感激です。 自分ではわからないことだらけなので、ケアマネさん ありがたいです。
ベッドを嫌って畳で寝ていた母ですが、自分からベッドがいいと言い出しました。 今まで畳を這って手すりにつかまり立ち上がっていて、それだけでも大変なことでした。 ベッドになってから、立ったり腰を下ろしたりがかなり楽になり喜んでいます。 
ポータブルトイレは、体調が悪く立ち上がれないときに使うことにして、トイレに行かせました。
まるで鬼娘です。 でもこれが後になって本人のためになりました。 トイレへの数歩だけでも壁を伝って歩いて、トイレで用を足すことで 体で家の状況を感じ、自信がつき明るく元気になってきました。

病院へ
ケアマネさんから手続きにかかりつけの病院での診察が必要と話があり、こちらに来て4日目には母を連れて眼科と病院へ。愛媛の眼科と病院でもらってきた母の病状や薬が書かれた紹介状を持って診察。 ケアマネさんと病院との連絡もこれででき認定の書類もやっていただけるので助かります。
通院など車椅子を早速使用 ありがたいです。

白髪染め
1週間たちました。
旅の疲れもとれてこちらの生活も落ち着いたところで、今まで体調が悪く老け込んでいた母が少しでも若々しく元気に見えるようにお風呂で髪を染めてあげました。うっすら茶色になって可愛らしくなりました。でもふわふわオランウータンみたい(笑)

お茶効果
IMG_2206.jpg
精神的なものや 運動不足からか、愛媛にいた時から母は5日くらい便秘になったりお通じが不規則で苦しんでいました。
仕方なく下剤を飲んでも出なかったり、ピーになってしまったり。そのせいで食べるのも心配になったり。
下剤は飲ませたくなかったので ちょうど通販のサンプルにあったお茶1袋を急須に入れて夕飯時にお茶がわりに飲ませてみました。ハーブだか何種類もの薬草をブレンドしたものでほうじ茶のように飲みやすかったです。
翌日母が「でたよ~」と嬉しそうに報告してきました。 お腹が痛くもならないで自然に。
「これだ!」と早速注文 値段も高くなく自然なものなので安心でした。
夕飯時にふたりで飲んでいます。 それから母はお通じで苦しむことがなくなり、私まで調子よくなりました。
そうすると母は食欲が出て、逆流性胃炎で苦しむこともあまりなくなり、びっくりするくらい食べるようになりました。
食べると顔色もよく顔にツヤとハリも出てきました。
愛媛の家では、おやきでも一つ食べるのがやっとで、食べたあとは気分悪いとすぐ横になって寝ていた毎日だったのが、今では何個も食べて、椅子に座っていられるのです。 カレーもパスタも完食、すごいです!
骨と皮だけでしわだらけだった手足も これでふっくらできるかと希望が湧いてきました。

介護保険課の方と面談
2週間たち、市役所の介護保険課の方が見えて面談。
要支援から要介護に認定できるかどうかの調査です。 母に何ができて何ができないかとか、記憶力など確認されていました。 その後私と面談 とてもしびあな感じがしました。
認定がでるまでかなり日数がかかるようです。どんな結果でも今の段階では状況は変わらないのでいいと思っています。 
介護段階があがることより、一番は母の目が少しでも見えて元気に動けるようになることが大事なので。
母は目も見えず、耳もよく聞こえないのに、知らない所へ連れて行かれ、知らない人と過ごすことが嫌で、デイサービスなど行きたくないと言うのです。気持ちもよくわかるので、私が元気でいればいいのだから、できるだけ人を頼らず 負担に思わず母と過ごす時間を楽しんでいきたいです。

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://egao64.blog.fc2.com/tb.php/2-4956a38c

 | ホーム |  page top