プロフィール

egao64

Author:egao64
介護を経験されている皆さん、希望や楽しみを見つけて、一緒に元気に頑張りましょう


カテゴリ


最新記事


月別アーカイブ


最新コメント


カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

フリーエリア

にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村にほんブログ村にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
にほんブログ村 再生ボタン►を押してから、画面下のYou Tubeをクリックすると大きな画面で見れます

リンク


アクセスカウンター


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索フォーム

QRコード

QR

人生まだまだこれから!

遅れて咲いて 一番華やかに咲いたチューリップ

ムービーにも出てきたこのチューリップ

他のチューリップが きれいにそろって咲いていた頃、堅いつぼみのままでした。
急な雷雨や暑さで ほかのチューリップが散ってしまった頃、堂々と咲きそろいました。

それは すごく豪華で個性的、手で触ると プラスチックの造花のように花びらが固くてしっかりしているんです。
そして、咲いても 皆で顔をそろえて同じ方を向かず、一つ一つが自分を主張しているかのように それぞれ違う方を向いて咲き誇っているんです。

このチューリップに すごく魅力を感じました。
DSC02405.jpg DSC02406.jpg

まだまだこれから!

以前 記事にも書きましたが、母が来るまでの10年間 とても苦しく辛い思いをしてきました。
一生分の苦しみを一度に背負ったような日々。
生きる希望をなくし、笑顔が消えた10年でした。
長く苦しく何もない10年でした…

いつも『このまま幸せを感じないまま歳をしていくんだ… おばあちゃんになってからじゃ遅すぎる…』 と、失った時間を悔いました。

そんな私もようやく、暗く長いトンネルから明るい出口を見つけ 希望を感じることができるようになりました。

いっぱい苦労をしてきたので、母を看れることは幸せに思っています。
そして、それがあったから こうしてブログを始めて、皆さんとつながりができ、広くものを見ることができるようになりました。

できなかったことが急にできたり、自分でも不思議なくらいです。
突然ギターをやりたくなったり、また違った人とのつながりもできて 楽しくもなってきました。

失った私の10年間… その10年を この1年で取り戻したような そんな気がします。

あの頃には戻れないですが、いろいろ乗り越えてきた今は 逆に楽しくなってきました。
歳をしたから できること、いかせることが たくさんあるのではないかと思うようになりました。

人生に無駄はない
DSC02416.jpg

前にテレビで見た 宮古島のちよさん(70)の話が印象的だったので紹介したいと思います。

ちよさん

民宿をやっている。
苦難の連続だったけれど、その経験を活かした料理と笑顔で いまでは大勢の人が来てくれるようになる。

6歳  母を亡くし父親に育てられる
23歳  結婚し 大工である夫と子供3人で生活
27歳  子宮がんに
     抗がん剤の副作用に辛い日々。 看病をしていた夫も胃潰瘍に。
     収入がなくなり、生活保護を受ける。
     そのお金さえも 泥棒に持って行かれ、一家心中を考える。

その時に言われていた ちよさんの言葉に共感しました。
     「…その時に自分を変えようと思ったんです。笑わない自分から笑える自分になろう」
笑うために市場で捨ててある野菜を拾って、子供たちに美味しく食べさせるために、工夫して料理を作っているうちに、夫婦ともに体調を取り戻す。

「えっ…私と同じだ! いろいろあって笑えなくなってしまった自分。
でもあの時私も  『昔のように にこにこ笑っていた自分にもどりたい。 それには自分を変えなければ… 
人のことで苦労してばかりで人間不信になってしまった自分。
でも本当は人と接することが好きで、人が喜んでくれることが自分の喜びだったはず。
とりあえず、人と接する仕事に転職しよう!今必要なことは笑顔を取り戻すこと』  そう考えて一歩踏み出したんだ」
 

ちよさんと自分が重なって見えました。

その後 順調だった夫の会社が倒産し、再び苦しい生活に。
その時 ちよさんを救ったのは 「努力さえしていれば、いつか必ず花は咲く」という父親の言葉でした。

再び努力する日々。

46歳  民宿経営で再起を図る
    でも、お客さんはまったく来ない

    それで、パパイヤの栽培を始める
    最初の収穫を前に、台風で全滅
    ちよさんは、地面に落ちたパパイヤを拾って皮のまま塩漬けにしてみる。
    それが食品コンテストで賞を取り、ちよさんの笑顔の おもてなしと料理で民宿にもたくさん人が来るようになる   

58歳  バスガイドに挑戦
62歳  バスガイドの資格を取得

ちよさんは「人生に無駄働きはない」と明るい笑顔で話されていました。

ちよさんの思いは私も同じです。

あの頃は 人生のどん底でした。 でも、笑おう 悪いことも受け入れ、自分を変えていこうと思った時から、少しずつ光が見えてきた気がしました。
辛く苦しい いろいろな経験が、ちよさんのように自分の中でも活かされていると すごく感じます。

仕事にしても、転職した先々でいろいろな世界を見て、いろいろな経験ができて、いろんなことに活かされています。
たくさん つまづいたり、回り道をしたり それもすべていい経験なのかもしれないです。
「人生に無駄はない」
そう思います。

幸せとは
DSC02417.jpg

まじめに一生懸命頑張ってきたのに、次々といろいろな苦しみを背負って「なんで自分ばかり…」と思う日々。
今までずっと 周りのみんなが すっごく幸せに見えてうらやましく思っていました。

「孫に車を買ってやった」「年金使うところがないから、孫のためになにかするのが楽しみで」「家を建ててもらった」「土地をもらった」「親に子供をみてもらっている」「親が元気で家のことやってくれて助かる」…

聞くたびに、何もない自分たちと比べては落ち込んでいました。

孫と散歩をしているおじいちゃん、庭木の手入れを一生懸命やっているおじいちゃん 元気に動いてがんばっているおばあちゃん 支えてくれてる親がいて、見るたび『いいな…』と思いました。

今まではそんな幸せな人たちの姿ばかりが見えて、さみしい気持ちになっていました。

でも、ブログを始めて 大変な思いをされて頑張っている人たちが大勢いることを知って 励まされました。

介護も、なにもやらなくてすんでしまう人もいれば、両方の親のことをやらなくてはいけなかったり、病気の家族を抱えて さらに親の介護も という人もいたりします。

でも 最近ふと 思うんです。
「何もやらず、普通に過ごしている人より、いろいろな経験をして苦労をしてきた人の方が幸せなのかもしれない」と。

「今は大変すぎて辛くても、それを乗り越えた時には 何もなく普通に過ごしている時より、人の気持ちや痛みがわかったり、充実感や希望でいっぱいで 何倍も幸せになれるんじゃないかな」 そう思います。

幸せとは、物とかではなく、心の豊かさなのだと感じます。

先日 夫が「人が喜んでくれるのが嬉しい、そういうふうになりたい」と言ったので、びっくりしました。
そんなこと言うタイプではないのに…

夫もまた、大変な思いをいろいろ経験したり、逆に人の温かさも感じたりして、変わってきたのだと思います。

長々書いてしまいましたが、今頑張っているみなさんと たくさんの希望を持って乗り越えていければいいなあと思います。

私の「えがお」は、辛いことから一歩前進するために「笑わなければ、笑顔は人を変えてくれる!」と思ったその思いから つけた名前です(^o^)

生きる希望をなくしていた時、私を救ってくれたのも次女の笑顔でした。
いつも明るく笑っていて、いろんなことに努力して頑張っている姿に、「娘たちのために 頑張らなければ!」と 元気をもらいました。
笑顔は人を変えてくれるもの、笑顔は大事ですね。

今 ふと思い出しました。
私の父も 「勉強なんかできなくてもいい、あいさつができて いつもにこにこ笑っている子になりなさい」とよく言っていました。
ほんとうにそう思います。

コメント

明石家さんまが名付けた愛娘。
いまる(生きてるだけで丸儲け)、最近はそう感じています。

結婚はしていますが、子供もいないし、孫もいません。
老後、看てくれる人も居ません。
でも、何とかなるさ。

これまでも「なんとかなるさ」で乗り越えてきました。
実際、何とかなってます(爆)

笑う門には福来たる。
笑えば生命の泉湧く、違うか(笑)
医学的にも、作り笑いでも良い効果があるそうですよ。

お互い頑張ろう!!!
2014-05-12 19:56 | 響 #- | URL [ 編集 ]

ほんとうに そういう気持ちで楽しくできたらって思います。

また笑える日が来て、今こうしていられて、あの時 人生投げ出さず なんとか頑張ってきて良かったとつくづく思います。

みんなそれぞれ 抱える悩みがあると思いますが、時間が解決してくれると思います。

響さん 楽しくがんばりましょう~(^O^)/
2014-05-12 20:10 | 響さんへ #- | URL [ 編集 ]

神様は、乗り越えられない試練は与えないんですって。
どんな出来事にも意味があって、全てはその人に必要だから起こるのだと。
どんな苦しい事でも、それを乗り越えた先に大きな希望があるのだと思います。

「幸せとは、物とかではなく、心の豊かさなのだと感じます。」
本当にそうだと思います。
周りの人と比べて足りないモノ欲しがり不平不満を言うのではなく、今持っている物に感謝しながら生活するほうが満たされた気持ちになれるはずですよね^^

私の好きな言葉です。
「過去と他人は変えられないけど、自分と未来は変えられる。自分と未来が変われば、過去と他人も変わってくる。」
辛かった過去が、幸せな過去に変わる日も来るかもしれませんよね。
2014-05-12 21:36 | えぞ紫 #Daue0bC6 | URL [ 編集 ]

苦難の真っただ中の時は、こんな風にはとても考えられませんでした。そしてこういう時は、次々辛いことが重なるんですよね…

どん底を経験して、これからは上がっていくだけ!と思いました。

「過去と他人は変えられないけど、自分と未来は変えられる。自分と未来が変われば、過去と他人も変わってくる」

いい言葉ですね。実際に経験したのですごくわかります。
自分が変われば、周りも変わってきました。 そして時間が辛かった思いを消してくれるかのように、気持ちが楽になってきました。
過去より未来への思いの方が今は強いです。

歳を重ねるごとに、物はいらなくなりますね。
最後まで大事にしたいのは、思い出と心です。

2014-05-12 23:00 | えぞさんへ #- | URL [ 編集 ]

えがおさん、こんにちは。

いつも笑顔でいられることは幸せですが、なかなかそうもいきませんね。
実際、眉間に大きな縦皺が入っているのを最近見つけました。
いかに、難しい顔をして母に接しているのか、改めて怖くなりました。
でも、笑顔でいよう、そう心がけるだけで人は救われると思ってます。

母のことで八歩ふさがりになったとき、ケアマネをしている友達から言われた言葉です。
「どこかに出口はある。あとで、あの時は大変だったねって言える時が絶対来るから」
ほんとにその通りでした。
毎日毎日辛くて、いつも心に重いものを抱えて涙が出ていたのが、時間とともに一つずつ解決していきました。
ブロ友さんからも、「成り行きに任せてみる」と教えていただきました。
心の持ちよう、それで自分も周りも楽になる、経験してわかることですね。

2014-05-13 12:04 | みかん #sj93pB3o | URL [ 編集 ]

訂正

↑八歩ふさがり ⇒ 八方ふさがり
失礼しました^^;
2014-05-13 13:08 | みかん #8o/glUJE | URL [ 編集 ]

現実と向かいあっている時は、そうはいきませんよね。
私も あの頃、眉間に縦じわがくっきり刻まれていました。
今はだいぶ消えましたが。顔も暗かったです。
ほんとうに そういう時は どうしようもないんです…

そういう時に「頑張れ」とか「あれやってみれば これやってみれば」「考えずに笑ってな」など言われると余計に嫌になってしまいますよね。
決定的だったのが「もっと下を見な。世の中にはもっと大変な人がいるのよ」でした。
どん底で生きる希望も持てなかったときに、その言葉は 突き刺さりました。

それだけ大変な経験をされた方に言われるなら、説得力もありますが、無理でした(-.-)
「辛いね…よくやってるね」そう聞いてくれるだけでいいんですよね。
逆に 人に話すのもやめようとなってしまいました。

いつか時間が解決してくれるので、その間 自分自身が楽になれるように、自分を変えるということなんです。

みかんさんも、今もいろいろ大変ですが、離れていて いろいろ迷いがあった時は さらに大変な時期だったと思います。

少しずつ良くなって、楽しく思える日が絶対きますよ(^_-)
2014-05-13 13:46 | みかんさんへ #- | URL [ 編集 ]

周りは「大変だね・・・。でも私は無理」っていう人が多いです。
『大変』・・・確かにそうだけど・・・。だけど、学んだ事は数知れず。出会った人も数知れず。
母方の祖母が良く言っていた言葉、「人生、死ぬまで勉強」と。
ほんとにそうだと思います。日々勉強。人から学ぶことが多いことも知りました。
そして人の言葉で救われたことも。逆に、この世から消えたいと思った言葉を言われたり。
それを救ってくれたのは家族でした。

自分は、自分でしか変えれません。
どう変わるか・・・それはやはり自分自身のもっている心の財産ですよね。

今一度、考えさせられる問題でした。
今現在、忙しさで忘れかけていた気持ちを再確認させてもらいました。
ありがとうございます(^^)
2014-05-14 15:05 | ♪菜の花♪ #- | URL [ 編集 ]

菜の花さん 今日も飛び回っていられるのでしょうか(^-^)

世の中には、「わたしは無理」で済んでしまう方も多いですよね。
そういう方は、ほんとにそれでやらずに済んでしまうんです。
それと逆に、やらなくてはいけない方は あれもこれも全部受け入れてやらずにはいられなくなったり…

でも、苦労して損はしないと思います。 気持ちが強くなって、いろいろな経験が活かされていくと思います。

子供たちもそうですね。 挫折も経験した方が強くなれる気がします。 いつも優等生で挫折を知らない子が 社会に出た時、周りのことを考えられなかったり、失敗したり 怒られたりしたとき、どうしたらいいかわからなくなってしまうことも多いと耳にします。

自分自身を見失わないよう、いろいろ経験して 考える力を身につけていければと思います。

人は 時には残酷で、時には救ってくれますね。
いろんな人を見てきましたが、すべての人と同じように接しなくてもいいんだと思うようになりました。
自分を変えてくれるような、自分が笑顔になれるような そういう人との出会いを大事にしていけばいいと思います。

私も いろいろ傷つきましたが、支えてくれるようないい出会いもたくさんありました。
遠い親戚より近くの他人ですね(^_-)
2014-05-14 16:02 | 菜の花さんへ #- | URL [ 編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://egao64.blog.fc2.com/tb.php/202-c0a85ee5

 | ホーム |  page top