プロフィール

egao64

Author:egao64
介護を経験されている皆さん、希望や楽しみを見つけて、一緒に元気に頑張りましょう


カテゴリ


最新記事


月別アーカイブ


最新コメント


カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

フリーエリア

にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村にほんブログ村にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
にほんブログ村 再生ボタン►を押してから、画面下のYou Tubeをクリックすると大きな画面で見れます

リンク


アクセスカウンター


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索フォーム

QRコード

QR

検査

皆さん ご心配をおかけして すみません。
そして 温かなコメントを ありがとうございます。

あれから 検査検査で大変な毎日を送っています。

3日(木)
 下腹部に軽い痛み、お尻のしっぽの骨辺りの痛み、胃からお腹の膨らみなどが気になって、近くの産婦人科で検診
 子宮頸がんの検診のつもりが、卵巣が肥大しているとのことで血液検査を
4日(金)
 血液検査の結果、腫瘍マーカーの数値がかなり高く、夫も呼ばれ がん専門の市民病院へ行くよう勧められる
7日(月)
 市民病院から検査予約の電話あり
8日(火)
 問診・内診・血液検査
 この時も 普通親指の先くらいの大きさの卵巣が8センチになっていることを告げられる
 他に転移していないか 検査予約

9日(水)
 大腸検査
 DSC02984.jpg
 当日の朝 飲むこの腸管洗浄液というのが 辛かったです。
 2㍑を2時間で飲むのですが、味はスポーツドリンクのようですが気持ち悪く 飲み終わるとまたすぐ飲まなくてはいけな くて 30分が短く感じ 本当に大変でした。
 ぬるいと気持ち悪いので、氷を入れてみたりもしましたが、ドロップのような飴(ミルク ごま ナッツ入り以外)があると楽 かと思いました。
 検査も 初めてで、突き上げるような痛みがあって かなり辛かったです。

 検査後も、ガスをいれるので、お腹が膨れ ものすごく痛くてだめでした。
 高齢者の方々など平気な顔をされているのに、私だけ痛くて歩けず、夫の車の振動もだめでした。
 何十秒おきに キューっと痛くなって 陣痛のような痛みでした。
 もしかしたら、膨らんだ腸が 卵巣を刺激していたからかもしれません。

 お腹が膨らむので、ゴムできつくないものをはいていくといいと思いました。
 検査の中では一番つらいと思います。 

11日(金)
 CT検査
 造影剤を点滴したとき、身体が熱くなると言われましたが、お風呂に入って温まる感じだと思っていたら 急激に部分的  に熱くなって驚きました。 緊張や驚きで またパニックになって貧血のようになってしまいましたが、なんとか撮影できま した。
 その後 結果を見て先生の話を聞くところ、先生が緊急手術になってしまい、2時間半くらい待たされることに。
 その間 不安でいっぱいになってしまいました。
 結果、左の卵巣が腫れて 取ってみないとわからないけれど、悪性を疑っているとのことでした。
 そして今月最後の週あたりに手術と言われました。
 良性悪性 どちらにしても手術になるので覚悟はできていましたが、悪性だと抗がん剤治療などになるので、その苦痛に 耐えられるか不安でいっぱいです。

 手術に耐えられるかを調べるために、その後また 血液検査 肺活量 レントゲン 尿検査などもやりました。

そして、14日(月)が MRI 、16日(水)が胃カメラです。

検査自体も大変ですが、普通に食べれなかったり、精神的なものなどで、この検査期間がかなり辛いです。

今日は朝11時に家を出て、病院を出たのが16時すぎ
母の眼科も内科も 手術や入院で連れていけなくなるので、夫に運転してもらい眼科に目薬をもらい、帰宅すると休む間もなく 母を病院へ連れて行き 診察をしてもらい 薬を3カ月分もらってきました。

そして 休む間もなく 買い物へ行って、しばらく行かなくてもいいように買って来て、夕飯の支度
落ち着いて座ったのは夜8時頃です。
母のこともやって、やっとほっとしています。 もうくたくたです。

自分が どんな状況でも、やらざるを得ないのが介護です。
病気を抱えながら 介護をされている方もたくさんいると思います。

そして家族の協力が必要です。
今 家族が 頑張ってくれています。
看護師の次女も 仕事が休みの日には、いつも病院で ずっと付き添ってくれています。
食事のことなど 気にかけて 私の身体をすごく気遣ってくれて、逆に倒れないかと心配です。

これも経験だと思って、今はひとつひとつ頑張っていくだけです。

明るく笑顔でいなきゃ私ではないですよね!
こんなときこそ、ギターを弾かなくっちゃ(^_-)

絶対良くなります!

コメント

辛く大変な時に詳細の更新ありがとうございます。検査もどんどん進んで手術なども早くやれそうで、そちらは順調で何よりです。検査も下手したら何週間も先とかありますから。ただやはり不安だとおもいます。でもえがおさんのご家庭は本当にみなさん協力的なので乗り切れると思います。
ただ全部自分たちでやらなければという事はないなです。これは余計なお世話だと思いますが、介護は家族でと縛られて疲れてもいけません。ずっとではありません。手術終わって落ち着くまでの事です。あまり家でと考えず少しは色々なサービス受けられてもいいのではないでしょうか?余計なお世話承知で書き込みました。

とにかく大変な事と思いますがえがおさんならきっと乗り越えれると信じています!くれぐれも無理をしないで下さい。なにもできませんが祈っています
2014-07-12 08:46 | ひかる #- | URL [ 編集 ]

えがおさんが受けた大方の検査は、私も経験ありです。
本当に辛いですよね‥。
自分の事で大変なのに介護や家族の心配もあって‥。
でも、忙しいと体はしんどいかもしれませんが、余計な事を考える時間がなくて変に落ち込んだりしなくていいのでは‥と思います。
何より、介護があるお陰で「病気に負けてられない!」と言う強い意志も持てるのかと‥。

みんな、えがおさんの復活を祈っています。
健康を取り戻し、心からの笑顔をみせて下さいね^^
ブログだから素顔は見られないですけど(笑)
2014-07-12 13:23 | えぞ紫 #Daue0bC6 | URL [ 編集 ]

ひかるさん ありがとうございます。

今朝は珍しく 下腹と腰が痛いなと感じました。少しすると落ち着きましたが。
今は 家事や日常の動きは普通にできています。
ただ、体力がなくなっているのを感じました。すごく疲れやすいです。

母の事は、どうしてもできない状態になったら 施設など頼るつもりではいます。 要支援にもなったり 空きがなかったりで、有料にはなってしまいますが。

今のところ、トイレも家ならば 自分でできるし、たまに失敗もしますが もらすことも ほとんどないし、寝たきりの介護ではないので 大丈夫かと。
母は考える力も感受性も強いので、できるだけ現状維持で 乗り切れたらと思います。(私がすぐに戻れる場合)
なんとか自分でやろうとしていたり、心がある人間ということが頭にあって 単純には預けられないんです。

まっ暗闇に何日もひとり放り出されたら、母の精神状態がおかしくなると思うと、逆に気になって…
家族の協力で 私がいない間 なんとかやってみますね。
 
2014-07-12 18:05 | ひかるさんへ #- | URL編集 ]

えぞさん ありがとうございます。

検査期間中や手術が終わるまでは 不安でいっぱいで、気持ち的にも体力的にも なかなかコメントできない状態でしたが、えぞさんの言われる通り、「そうか!忙しくいつも通りやっていて そのまま手術になれば、余計なこと考えなくてすむかな」と思いました。

最悪の場合も考えたり すごく怖いですが。
母より先には 逝けません。

今病院に 野鳥の写真がずらっと飾られています。
それを見ては 「この野鳥知ってる」と えぞさんが浮かびます。
病院の玄関に いつもチョロチョロ動きまわっていて車にひかれそうになったり 冷やっとさせる鳥を見ては「セキレイさんだ かわいい」と思いだします。

あはは~素顔は…ひどいので とても見せられません(笑)

2014-07-12 18:20 | えぞさんへ #- | URL編集 ]

えがおさん、こんばんは。

検査続き、ほんとにお疲れ様です。
全部終わって、きちんとした診断が出るまでは、まだ落ち着かないと思いますが、少しの時間も無駄にできない状況、ちょっと心配です。。。

お母さまもご家族も、みなさん協力し合って乗り切れる気がします。
もし入院が長引いてご心配な時は、昼間にヘルパーさんに様子を見に来てもらうのもいいと思います。
何もしてもらうことがなければ、お話するだけでもいいですよね。
それも、お母さまが望まれなければ必要ないと思いますが。

そうそう、以前大腸検査をした時、私もあの2ℓの液を飲むのが辛くて、2度としたくないと思いました。

私も、治療を終えて、ほんとの笑顔でえがおさん
が戻って来られるのを待ってますからね^^

2014-07-12 22:12 | みかん #sj93pB3o | URL [ 編集 ]

みかんさん ありがとうございます

大病院は 予約待ちの患者さんでいっぱいで、検査も普通は何カ月か待たなくてはいけなかったりしますが、私の場合緊急性があるからでしょうか、早く検査して手術しないと…といった感じなのかもしれないです。
良くも悪くもやらなくてはいけないので、不安を抱えながら待っている時間は短い方がいいです。

生活が やっと落ち着いてきてこれからという時に、まさかこんなことになるなんて。 元気なようで、病気はじわじわ進行していたのですね…
卵巣は沈黙の臓器なので、気付いた時には進行していて怖いです。
お腹が膨れていたのは、腹水がたまっているからかもしれないです。
毎日腹筋もしていたのに、筋肉がつかず 逆にぽよぽよと太ってきて変な感じはしていました。

そうですね、また本当の笑顔になれるよう 頑張ります!
2014-07-12 23:28 | みかんさんへ #- | URL編集 ]

えがおさん、こんにちは。

>少しの時間も無駄にできない状況、ちょっと心配です。。。、

検査を急いでするから、緊急を要するという意味ではないんですよ。
検査続きでお疲れでも、家のこと、お母様のこと、やらなければいけないことがあって『少しの時間も無駄にできない』ということだったんです。

けっして、えがおさんのご病気が緊急性があるなんて思ってませんからね^^

書き方が悪くて、ほんとにごめんなさいねm(__)m
2014-07-13 14:54 | みかん #sj93pB3o | URL [ 編集 ]

全然大丈夫ですよ~(^_^)

実際 最初の産科の先生にも「病院混んでいるから いつ予約とれるかわからないけど、(この場合緊急で)順番が早くなるはずです」と言われたり、市民病院の先生も 「早い方がいい」ような感じで話されていたので、自分でも『そんなに大ごとなのかな…』と思っていたので。

検査がおわったら、母のことで困らないように、紙に 物の場所や やることや書きださないとと思っています。
母の病院関係だけでも とりあえず行って来て薬などもあるので ほっとしています。
あとは 手術まで 気を強くもって リラックスしたりして過ごしたいと思っています。
2014-07-13 15:28 | みかんさんへ #- | URL編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://egao64.blog.fc2.com/tb.php/238-2b2b72a0

 | ホーム |  page top