プロフィール

egao64

Author:egao64
介護を経験されている皆さん、希望や楽しみを見つけて、一緒に元気に頑張りましょう


カテゴリ


最新記事


月別アーカイブ


最新コメント


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

フリーエリア

にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村にほんブログ村にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
にほんブログ村 再生ボタン►を押してから、画面下のYou Tubeをクリックすると大きな画面で見れます

リンク


アクセスカウンター


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索フォーム

QRコード

QR

これから…

今日は 手術前の最後の検査でした。

胃カメラは昔やったことがあるのですが、その時ゲボッと辛かったので 不安でした。
連日のように肩に筋肉注射、これが痛くて…
そして口にスプレーの麻酔、すごいきつかったですが これのおかげで助かりました。
カメラを飲み込むということもなく、するすると入っていって腸の辺りまで届きました。
意外と 苦しくもなく順調に終わり ほっとしました。

胃は 小さなポリープはありましたが問題ないそうで 安心しました。

その後、先生から 手術についての話がありました。
夫と一緒に 病状や手術でのリスクを聞きました。

…やはり卵巣がんでした。
危険と思われる臓器は全摘です。 開いてみて飛んでいる小さなものも見つけられる範囲で取るそうです。
腹水があると ほかに細かく飛んでいる可能性も高いそうです。
そして、術後 抗がん剤治療が始まります。
退院してからも3週間に1度(1日)6回 抗がん剤の治療をしなければいけません。

7/28に入院して 7/29が手術予定です。
大変な手術なので、6~7時間かかるとのことです。
そして、入院も3週間もしなければいけなくなりました。

さすがに落ち込みました(-.-)
でも、手術してみないとまだわからないので 希望を持って頑張りたいと思います!

そして やっぱり1番に思ったのは母のことです。
1週間10日くらいなら 家族がなんとかできるはずでした。
でも、思った以上に私が大変過ぎました…
私のことだけでもめいっぱいなのに 3週間はとても無理と思いました。 夫も娘も 忙しくて つい ベットにお茶の水筒を忘れたり、エアコンをつけないで閉め切って出かけたら、それだけで母も危険です。

嫌がるのは想像していましたが、帰宅してすぐに母に報告しました。
切って取りさえすれば大丈夫と思っていたらしく、ショックをうけていました。
そこに 「3週間はとても無理だから、この間だけ施設で頑張ってくれないかな」 と言ったので
「私は邪魔ものやから」「私が代わりに死ねばいい」 と 言い始めました。
そう言うのはわかっていましたが、「3週間 私も頑張るから、お願いだから頑張って!そうしたら私も安心して治療受けられるから。 良くなったらまた迎えに行くから。」 と説得しました。

以前 ケアマネさんからいただいた ショートステイの資料を見ていたので、 『近くだし 家族も会いに行けるし、個室だし ともだち(ラジオ)も連れていけるし、幸いなんとか空きがあるし お金がかかっても ここにしよう』 とさっと浮かびました。

部屋が埋まってしまう前にと 早急に ケアマネさんに料金等について 電話をいただき、26日(土)に入所することにしました。
要支援では 1割負担は14日までであとは実費になり 20万はかかるそうです。
落ち着いた後半の1週間は自宅でみるなど方法はいろいろあるとのことです。
減免になる方法もあるようです。
とにかく母の事は 安心になり 家族の負担も少なくてほっとしています。

夕食の時 もう一度話をすると、母も落ち着いてしっかり考え始めていました。
施設が個室や 近くにあるところや トイレも呼び出しでできたり 少しずつ不安もなくなってきたようです。
母に笑顔もでてきました。

あとは私が頑張るだけです!

今日 次女が頼んだ ジューサーと新鮮な野菜が届きました。
DSC02994.jpg
これで 長女がジュースを作ってくれます。
手術までに 少しでも体調が良くなるように、家族みんなが考えてくれています。

元気で動いていたのに、信じられないです。
自分はまだ大丈夫!なんてことはないのだなあと 病気が進行してから気づくなんて…

今 頑張っているみなさんも気をつけて 身体を大事にしてくださいね。
今思えば、お尻の骨(腰)の痛み、下腹の軽い痛み、胃やお腹が太っていないのに出てきた、トイレが近くなった など いろいろありました。
でもそれは6月半ば頃で 気づく頃は進行していたのですね…
親知らず抜歯後の薬の副作用で手足が動けなくなって血液検査をした時には とくに異常がなかったのですが。
あの時 治らず 紹介状を書いてもらっていたら もう少し早く治療できたのでは…など後悔します。

これから 癌との闘いが始まります。
希望を持って変わらずいきたいです!

コメント

お母様の心配がなくなってよかったです
施設の方に話しかける時は必ず肩など叩いて
⚪︎⚪︎さんと言ってから話してくださいと
お願いしておくとお母様が話しかけられていることが
わかるのでお願いしておくといいと思います
これは母がデイにお世話になる時に頼んだ唯一のことでした

えがおさん
しっかり治療して必ず元気になって下さい
ずっと応援しています!
2014-07-16 21:18 | ひかる #- | URL [ 編集 ]

えがおさん、こんばんは。

そういうことになったんですね。
言葉の端々に、えがおさんの強いお気持ちを感じます。

我が子が癌なんて、どんなにお辛かったことでしょう。
「代わりに・・・」と言われたお気持ち、よくわかります。
でも、理解してくださってよかったです。
施設も、お母さまなら大丈夫です。
えがおさんが無事退院できるまで、頑張ってくださいますね。

しっかり治療に専念して、元気になってくださいね。

2014-07-16 22:12 | みかん #sj93pB3o | URL [ 編集 ]

ひかるさん いつもありがとうございます。

私自身は 今こうしている時も普通なのですが、お腹の中では 病気が育っているんですね。
手術まで 野菜や果物 ヘルシーな食事で 少しでも病気がおとなしくなってくれたらと思います。

これから 母の施設関係の手続きや準備 入院関係などで忙しくなりそうです。

そうですね、家と違って 知らないところで見えない状態で 突然話しかけられたら びっくりしてしまうので、軽くトントンしてもらって名前を呼んでもらうといいですね。
そう言っておきます。
母もとりあえず その気になってくれたので 自分の事に専念できそうです。

頑張ります! 元気になりますので 応援よろしくお願いします
<(_ _)>
2014-07-16 22:15 | ひかるさんへ #- | URL編集 ]

みかんさん ありがとうございます。

こんなことになるなんて思いもしませんでした。
あと5年は待って欲しかったです。
ようやく母を看て落ち着いた時に 最悪です。

いつからこうなっていたのかわかりませんが、ものすごく大変なことを今まで倒れることもなく頑張れたことも奇跡なのかもしれませんね。
もう こうなったからには闘うしかないですね<`ヘ´>

みかんさん コメントできなくてすみません。
お母様も すっかり慣れて良かったです。 あっちに行かないとと、自分の居場所を覚えていることがすごいです。
みかんさんも、今という時間を大事に やりたいことをやってくださいね。
2014-07-16 22:26 | みかんさんへ #- | URL編集 ]

えがおさん、こんにちは。

ありがとうございます。
できる時にできることを・・・ですね。

それから、コメント気にしないでくださいね^^
脳梗塞性認知症が主なので、人の記憶の部分は血管が詰まってないんでしょうね。
長い間会わないと忘れてしまうかもしれませんが。

いろいろお忙しいと思いますが、無理なさらないように。
2014-07-17 16:33 | みかん #sj93pB3o | URL [ 編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://egao64.blog.fc2.com/tb.php/240-643c70fa

 | ホーム |  page top