プロフィール

egao64

Author:egao64
介護を経験されている皆さん、希望や楽しみを見つけて、一緒に元気に頑張りましょう


カテゴリ


最新記事


月別アーカイブ


最新コメント


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

フリーエリア

にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村にほんブログ村にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
にほんブログ村 再生ボタン►を押してから、画面下のYou Tubeをクリックすると大きな画面で見れます

リンク


アクセスカウンター


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索フォーム

QRコード

QR

防災

1月17日は阪神淡路大震災が起きた日
あのとき ニュースで見た衝撃映像は忘れることができません。
あれから20年もたったのですね…

東北大地震の 恐ろしい津波映像も衝撃的でした。

昨年11月に、長野も地震があって、最近地震が恐怖です。

あの時停電になったり、電気が止まることで 水も出なくなったり暖房も使えなくなるということを体験しました。
それで暮れに 石油ファンヒーターではなく、普通の石油ストーブを買って物置に置いてあります。
これなら 電気がなくても、暖房とお湯を沸かすこともできます。
地震後 このストーブをみんな買い求めたようです。
DSC05196.jpg

物置には4リットルペットボトルに水をいれたものが10本以上入れてあります。
お風呂も常に水は入れてあります。
DSC05195.jpg


物が上から落ちることを考え少しずつ整理もしています。
家にいて突然揺れが来たとき、パニックになって やっぱりどうしていいかわからなくなってしまうと思います。
とりあえず台所のテーブル下にいようかと、懐中電灯などをかけておきました。 ペットボトルの水もテーブルにかけておいた方がいいですね。

小窓に貼ったようなシートを できれば窓や食器棚のガラスなどに貼るといいのですが、なかなかできません。
持ち出し用袋も そろそろ用意しておかないと…

頭でいろいろ考えても その時の状況でどうなるかわからないので、どう準備したらいいかも迷います。
もし、家が崩壊したら 物置に一式入れておく方がまだ使えるかもしれないです。
テーブル下にいて 冷蔵庫や食器棚など倒れたりして なんとか隙間ができて助かったとしたら、やっぱり明かりと携帯 水 だけは最小限あったほうがいいと思います。 揺れたら毛布もかぶって。

状況によっては、落ちるものがない外に出た方がいいかもしれないです。

阪神淡路大震災のことを思うと、火も消さないといけないです。
ストーブやガスなどは今自動的に止まるようにはなっていますが、仏壇の火など気をつけないといけないです。

いざ 大きな揺れがあると心臓バクバクで、冷静に行動できないかもしれませんが、イメージはしておきたいと思っています。

コメント

えがおさん、こんにちは。

阪神大震災の時、こちらでも震度3で飛び起きて娘の部屋へ飛んでいきました。
いざとなったら、夫より娘です^^v
東日本大震災では、福島の息子の家では、テレビが倒れたり食器が割れたりと、部屋の中が悲惨になっていたそうです。
幸い、家族全員留守で怪我はありませんでしたが。

防災のために、いろいろと準備されてるんですね。
思うばかりで、なかなかできていません。
水など、外の物置っていいアイデアですね。
少しずつ揃えていきます^^

それから、次女さんのお部屋、すごくおしゃれで素敵です。
ちょっとした置物に温かみを感じますね。
2015-01-20 15:09 | みかん #sj93pB3o | URL [ 編集 ]

みかんさん こんにちは(^_^)

息子さんご家族無事でよかったです。東北の地震すごく怖かったでしょうね、いつも不安だったり 精神的には大丈夫でしょうか

物が倒れたり落ちてきたりで、大けがもするので 家の中も見渡して危険なところチェックです。
いまの薄っぺらいテレビは倒れやすいですね。
長女の狭い部屋は要注意です。
頭に本やCDが落ちてきただけでも大変なことに。

震度6以上になると 家自体が崩壊してどうしようもないですが。
いざとなると、家族それぞれ自分のことで精いっぱいかもしれないです。
あの地震のとき、夫は二階でテレビを必死に押さえていたりで、一階に下りてくる余裕はなかったみたいで、私も机に隠れるのに精いっぱいでした。
母の部屋は危険なものはないと思っていましたが、ベッドの真上の照明がはずれたら危険だと思いました。

二女は 家族と離れて一人で暮らしているので、自分なりに癒しの空間をつくっているのだと感じました(^_^)
2015-01-20 17:36 | みかんさんへ #- | URL [ 編集 ]

自然災害は、大きな被害が出てから教訓が生まれるのが残念ですよね‥。
そして、時間が経てば忘れ去られて‥。


私が住んでいる所は海が近いし、近くの大きな川もあるし、海抜も低いし、道が狭いので渋滞するだろうし、何かがあった時には覚悟をするしかない状況です。
その中で、最悪を避けるための取り決めと準備は家族でしています。
うちの家族は、割り切った考えをする方なので、あとは自分の運命を信じるだけです(笑)
でも、いざその時になったら予定通りに行動が出来るかどうか‥解りませんよね~^^;
2015-01-20 20:40 | えぞ紫 #Daue0bC6 | URL [ 編集 ]

えぞさん こんばんは(^_^)

えぞさんは海が近くにあるので、津波が怖いですね。
近くに高台はないですか
近所の森は 小高いところではないのでしょうか
東北の地震も 津波が来るまで時間があったのに みんなこんなに大きな津波がくるとは思わず 残念ながら逃げ遅れて被害が大きくなってしまいましたね。
母の愛媛の実家のあるところも海なので、地震以外にも台風など危険を感じたら みんな裏の山へ避難しています。
水に浮くライフジャケットも準備しておくといいかもしれませんね。

ホント まだ いつガタガタってまたくるかわからない不安はあります。
2015-01-20 21:24 | えぞさんへ #- | URL [ 編集 ]

えがおさん、おはようございます。

福島でも、山側なので津波の被害はありませんでした。
今でも、小さな地震は数えきれないくらいあって、震度3や4ではもう驚かないようです。

それより、原発の影響の方が心配です。
福島でも栃木に近いので、息子たちやお嫁さんの両親は、こちらが思うほど気にしてないようですが。。。
大人は仕方ないとしても、孫たちには将来どんなことが起きるか、予想がつかないですものね。
2015-01-21 09:56 | みかん #sj93pB3o | URL [ 編集 ]

津波の被害がなくて良かったです。
でもやっぱり原発が怖いですね。


頻繁に起きる小さな地震を気にしていると 精神的にまいってしまいますね。 でも万が一また大きな地震が来たとき どう行動するかだけは家族で話してあるといいなあと思います。

私も考えることいっぱいです。
2015-01-21 11:25 | みかんさんへ #- | URL [ 編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://egao64.blog.fc2.com/tb.php/364-4312c23f

 | ホーム |  page top