プロフィール

egao64

Author:egao64
介護を経験されている皆さん、希望や楽しみを見つけて、一緒に元気に頑張りましょう


カテゴリ


最新記事


月別アーカイブ


最新コメント


カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

フリーエリア

にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村にほんブログ村にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
にほんブログ村 再生ボタン►を押してから、画面下のYou Tubeをクリックすると大きな画面で見れます

リンク


アクセスカウンター


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索フォーム

QRコード

QR

母を連れて来た日

今朝は冷え込み雪が降っていました。
DSC05653.jpg
雪はやんできましたが、チュン達も寒そうです。
DSC05660.jpg

母を愛媛の実家から連れて来て、今日で2年になります。

1年目は、なんとか慣れてもらうために とにかく必死でした。
2年目は やっと落ち着いてきていいかなと思ったら、私が体調を崩してしまいました。
なので今年は 穏やかにやれたらいいなあと思っています。

今日はお赤飯を炊きました。
DSC05650.jpg

毎年 この日は忘れられないです。
3月3日に愛媛へ行って、それから3週間ほど滞在しました。
その間、いろいろな手続きや片付けをして寝不足と疲れでフラフラでした。
自分もこの状態で長旅はきつかったのですが、母をなにがなんでも支えて連れて来なければいけないという責任がありました。
夜遅く着いても、まったく休む暇なく、送った荷物をほどいて 母の布団の準備などしました。
1時間に1回起きるトイレも付き添わなければいけなかったので、眠れないし極度の疲れで 倒れそうでした。

実家の家財の片付け

実家は小高い場所に建っています。
IMG_1149.jpg
周りはみかん畑に囲まれています。
IMG_1120.jpg
二階の窓からは海が見えます。
IMG_1124_20150323154348fef.jpg
大量のごみは、こちらよりさらに細かな分別をして、この海にあるごみ集積所まで カートに積んでガタガタ押して捨てに行きます。 ゴミを捨てるのもかなり歩かなければいけないです。
IMG_1189.jpg

親戚などいろいろな方に手伝ってもらいながら、毎日必死に片付けました。
あまりの物の多さに途方に暮れました。
IMG_1157.jpg
一番辛かったのはこのタンス部屋です。
大きなたくさんのタンスに衣類や着物や小物類がいっぱいです。
中だけでなく タンスの上も床も隙間も、埋め尽くすくらい物があって ほこりだらけで、どこから手をつけていいかといった感じでした。
着物だけでも70枚くらいあったかと
手伝いに来てくれた方に母に聞きながらあげたり、あとは処分しました。
母にとっては大事にしてきたものばかり、そうはいっても勝手には捨てられないので、いちいち聞かなくてはならなくて。
聞くのも聞こえないしうまく話が通じずで、そこでも疲れてしまいました。
IMG_1162.jpg 母の古い嫁入りダンス
IMG_1160.jpg お気に入りのタンス きれいです
タンス部屋 両方から見た感じ
IMG_1166.jpg IMG_1167.jpg
あとはタンスの処分だけに
この状態にするのに何日もかかりました。

次に大変なのが台所です。
いっぱいいっぱい物が入っています。
長年使っていないようなものなどが山ほど
これまた食器棚の上や横にも ほこりをかぶって積み重なっていて。
途方に暮れました(-.-)
IMG_1171.jpg
大きな食器棚の中の食器類、引き出しの中の片付け
田舎ですから、あちこちから乾いたゴキブリの卵や大嫌いなクモも出て来て。「ぎゃ~」の世界です(>_<)
やってもやっても すっきり片付かない状態です。

矢印の収納庫にもぎっちり
母は料理が好きなので、大きなこね鉢やザルやおけがいっぱい
そして飲まないのに作るたくさんの果実酒や梅干し類のびん
中身も捨てて、ビン類は洗って分別
気が遠くなります。
IMG_1172.jpg
居間にも食器棚が二つ
母は食器棚を飾り棚として使っていました。
これまた、棚の上やあちこちに箱物やいろいろ乗っていて、食器棚の中も片付けです。
IMG_1173.jpg
1階はあと二部屋
廊下にも 父が日用品などしまっていたタンスがいっぱい置いてあります。
本棚もいっぱい
父の好きだったステレオなどの大きなオーディオ類は とても無理であきらめました。
母の鏡台周りや、たくさんの押入れの中の物

死にそうでした…

両親が好きで集めた道祖神のミニお面? これはこのまま置いて来ました。
IMG_1175.jpg
善光寺や戸隠から この三角の傘を買ってよく送りました。
両親が畑で仕事をするときに、この笠が涼しくて便利だったようです。
IMG_1179.jpg

そしてまだまだ
二階も二部屋あって、収納がとにかく広くていっぱいあります。
その中に10人は泊まれるといった感じの寝具 布類 頂き物のタオルやタオルケットなどがぎっちり
そして小さな扉を開けると奥には 食器類や機械類や大きな荷物がいっぱい…
見ただけで全部封鎖したくなりました。

…代わる代わる皆が手伝いに来てくれましたが、一人でどんなに大変だったか 少しわかっていただけるかと…
ご飯を作って持って来てくださったり、ほんとありがたかったです。
これだけの片付けをしながら、母の介護 ご飯作りに後片付け きつすぎます。

家のそばにお墓もありますが、お墓に来ていた猫たち 「行くよ」の声でみんなでぞろぞろついて行くのには驚きました。
のどかだからこそですね。
IMG_1150.jpg 猫には癒されました
 
菜の花にキンカン
IMG_1099_20150323145833e6d.jpg
父の植えた桜も満開
IMG_1101_20150323145834241.jpg
長野はまだ雪が降り寒い中、こちらではすっかり春に

まだ完璧にはできませんでしたが、気になっていた所は片付き、母も家財という重荷を置いて (着物など何十年もの思い出こだわりを捨てることで、気持ちの切り替えができたようです) 私のところにやってきました。

コメント

一生分の荷物って、ものすごい量になりますよね。
ウチは引っ越しが多かったので、その都度片付けが出来たし、家具や食器は必要以上に増やさないできたのですが、それでも納戸・押入れ・クローゼットは物で溢れています^^;

終活で1番大変と思われるのは身辺(物)整理なので、両親に今から少しずつ片付けをして貰っていますが‥中々捨てられないんですよね~(笑)
2015-03-23 21:20 | えぞ紫 #Daue0bC6 | URL [ 編集 ]

両親はそれぞれ趣味が多く、いろいろ買うのが好きだったので物が多いんです。
部屋が多くて収納場所が多いと、物を捨てることもなくたまっていくだけですね(^_^;)
それにまだタンスや棚類を買うのでまた ごちゃごちゃ物が増えて…
すべて両親の楽しみで、宝物だったのですよね。
でも、父が他界してあとに残された物たちを見て すごく感じました。 
いい本がたくさんあっても、それを必要としている人がいなくなればただの紙。高いオーディオなどがあっても、聞く人がいなくなれば ただのごみ。 
洋服も着物も 趣味のものも飾りものも、見えなくなってしまったら意味がなく…
いつもそれらを楽しむ元気な両親の姿があってこそ 物は価値があったけれど、いなくなってしまうと 虚しさが残るだけでした。

それで、私も少しずつ整理をしていますが、時期がこないとまだ思い切りは捨てられないですね(^_^;)
2015-03-23 22:17 | えぞさんへ #- | URL編集 ]

えがおさん、こんにちは。

広くてきれいなおうちですね。
でも、置く場所があると捨てずに、収納用品を増やしてしまうんですよね。
お手伝いの方がいらっしゃったとはいえ、どんなに大変か想像がつきます。

うちも両親がそうだったので、以前の家の時にはものすごい量の物であふれかえってました。
子供たちにそんな思いをさせないように、今から気をつけないといけませんね。
ただ、想い出の物はやっぱり捨てられないですよね。。。

2015-03-24 16:38 | みかん #sj93pB3o | URL [ 編集 ]

みかんさん こんばんは~

物が少なければ、きれいな家なのですが…(^_^;)
母も目が良く見えなくなって、掃除も整理もできなくて 家の中ごちゃごちゃでした。写真は これでも片付いたほうなんですよ^^;
広いので大容量の収納場所がいっぱいで、全部にぎっしり入っていてもう大変です。 二人だけでこの荷物…
タオルや寝具なども いただきもののいいものがあるのに、それは箱のまま押入れの届かないところにしまっていて、母は次々と買ってくるんです。

田舎なのでゴミを捨てるのも大変で、遠くの業者さんに頼むとなると ものすごいお金がかかってしまいます。
私が保育園時代の布団カバーや 子どもの頃使った食器 思い出の物といったらきりがないくらいあります。
すべて頭に焼き付けて、思い出は心の中にしまっておくことにしました。

私も娘たちには負担をかけたくないとは思っていますが、片付かないですね 
2015-03-24 20:41 | みかんさんへ #- | URL編集 ]

ああっ!!菜の花!!黄色いジュータンのようですね。

果実瓶、梅干しの壺?!、ざる、ボール、タオル類・・・我が家もたくさんありました。
なんでこんなに大量にあるのかと不思議に思うものばかり。

そうそう、主人の実家も物であふれています。
以前、舅に言ったことがあります。
姑の目が見えにくいうえ、大量に物があるので歩きにくいだろうし、
転んだら危ないからと思い舅に言ったら、「大きなお世話」と言われました。
大きなお世話・・・嫁の言葉なんぞ、そんなもんですよ。
心配しただけなんだけどな~。思い出を捨てろって聞こえたのかもしれません。
2015-03-25 17:33 | ♪菜の花♪ #- | URL [ 編集 ]

実家の方では きっと菜の花も桜も もう満開かもしれないです。菜の花の黄色、明るくしてくれますよね。

今は 冠婚葬祭 なんでも家ではなく外で済ませたり、たくさんのお客さんを招待することもしなくなってきたので、布団や座布団 食器類などたくさんそろえることもなくなりましたね。

両親は定年になってふるさとにもどったら、お客さんを呼ぶことを頭に入れて 漆塗りの足つき御膳やとっくりやお茶碗類 いろいろ買いそろえていました。
が、今は田舎でももう自宅でお膳を使っておもてなしをする習慣もなくなっていて 使うこともなかったです。
山ほどのタオル類を見て、古いものをいつまでももったいながって使っていないで、頂き物のブランドやいいものをどんどん おろして使うのがいいと思いました。
もったいながってしまっておくと、ごみになってしまうだけなので。

たしかに 見えないと物がいっぱいあると危険です。
私も母のために 足もとなど 危ないものは撤去しました。
なにもないすっきりした状態だと、常に神経を使って歩かなくていいので、気持ち的にも違ってくると思います。掃除も楽ですね。

夫の実家 私の実家 両方の家財の片付けをやったので、私はあとのことを考えてしまいます。終活ですね。
でも 親の代では、まだ物へのこだわりなど いろいろあって考えてはくれないですね(-.-)
2015-03-25 22:20 | 菜の花さんへ #- | URL編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://egao64.blog.fc2.com/tb.php/404-0457a7e5

 | ホーム |  page top