プロフィール

egao64

Author:egao64
介護を経験されている皆さん、希望や楽しみを見つけて、一緒に元気に頑張りましょう


カテゴリ


最新記事


月別アーカイブ


最新コメント


カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

フリーエリア

にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村にほんブログ村にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
にほんブログ村 再生ボタン►を押してから、画面下のYou Tubeをクリックすると大きな画面で見れます

リンク


アクセスカウンター


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索フォーム

QRコード

QR

実家のその後と思い出

昨日の続きです

実家のその後の事

連日必死に片付けましたが、完全にはとても無理でした。

滞在中、叔母ともこれからのことについて話をしました。
叔母は父のただ一人の妹です。

父は15歳の時に父親を亡くし、母と妹を養うために必死に働いて苦労をしてきました。
叔母も 東京に出て必死に働きました。
体が弱かったために結婚はしないで、ずっと一人で頑張ってきました。
そして定年になり、先にふるさと愛媛にもどって家を建てた父と母のもとへ帰って行きました。

叔母は足が痛かったりして、便のいいところで借家住まいをしていました。
自分自身も体が弱いのに、どんな時も力になってくれました。
私達も 実の子どものように可愛がってくれました。

母がいなくなって空家になってしまう家
空家にすれば、家はだめになってしまいます。
足のこともあり、高台にあるこの家は叔母にとって暮らすのは大変ですが、父が建てた家をしばらく守っていきたいというのと、眺めもいいこの家で しばらくゆっくり暮らしたいという気持ちもあって、ここへ引っ越して数年間暮らすことになりました。

ほんとうは、ずっと勤めて暮らしていた埼玉に行き もう一度暮らしたいようですが (田舎は病院も買い物も不便で 娯楽もないため)、年金だけでは厳しいこともあり、ここで生活しながら今後の事を考えるようです。

母がこちらに来てから、叔母が ゆっくりと残りの家財を業者さんにお願いして片付けてくれました。
そして自分の引越し
仏壇も お墓も しばらは叔母が管理してくれています。

実家のあるところも 若い人が出て行き高齢化が進んでこの先も不安です。
あちこちで空き家が目立ちます。
叔母ももう80歳 いつか時期がきたら、借家でも私の家でも 呼んで面倒を見たいと思っています。
その時には、埼玉の兄が家のいろいろなことを引き継ぐことになると思います。

どうなるかは 今はまだわかりませんが。

実家を新築した時のこと 

父が記念に石に彫ったものを見て、なんともいえない気持ちでここを去りました。
IMG_1194_20150324211938f6a.jpg 建て始めた時
両親は みかん畑の一画に、夢だった家を新築しました。

私は長女を出産するために、予定日の2カ月前くらいに実家に帰りました。
その時は、新築中で 荷物に囲まれた借家で生活をしました。

実家から持ってきたアルバムに懐かしい写真がありました。
IMG_0145_201503242118405bc.jpg
たくさんの人が手伝いに来ていました。
IMG_0146_201503242118418e6.jpg
女性は 食べることなど、皆が手伝ってくれました。
IMG_0154_201503242119342a8.jpg
だいぶできあがって
IMG_0147_20150324211843da1.jpg
そして夕方 上棟式では町中からたくさんの人たちが集まって来ました。
IMG_0149.jpg
上棟式の大イベント
IMG_0148_20150324211903b8a.jpg
お餅や お菓子 雑貨 …楽しいことが好きな父は 奮発していろいろなものを用意しました。
IMG_0151_201503242119080c5.jpg みんな袋を持って必死ですね
父も母も笑顔で嬉しそうです。
IMG_0150.jpg
必死に拾う町人
IMG_0153.jpg

IMG_0152_2015032421190925e.jpg
多くの人の協力や、こうしてお祝いに集まってくれる人たちのおかげで、盛大に上棟式を行うことができました。
今は高齢化も進み、だんだんとやらなくなってきたようです。

そして今度は協力してくださった方や親せきを呼んで盛大に
船盛りもあり、準備OK
IMG_0155_20150324211935f87.jpg
出産を控えて私も参加
残念ながら ここにいた多くの方が亡くなられてしまいました。
IMG_0156_20150324211937c9f.jpg

完成した新しい家で、無事出産をし長女を連れて帰りました。
なので、長女と実家は同年齢です。
IMG_0142_20150324211837e31.jpg
その後 二階を増築しました。
IMG_0144_2015032421183896f.jpg

写真を見て、改めて 希望いっぱい嬉しさいっぱい 元気だった頃の両親の事を思い出しました。
こんな思いで建てた家を置き去りにして、父には申し訳ない感じです。

私の周りでも、実家が空き家になってしまって あとのことが大変だと言われる方がたくさんいます。
何代も受け継がれていくということがなくなった今 こうした問題も多いですね。

荷物ですが、整理しながら 母が 「これはいいものだから、持って行きなさい、これもいるあれもいる」 と言うので、少し持ってきましたが、今は 物のことなんかすっかり忘れています。
なければないで とくに困ることもなく、あっても必要としない
それだけ すっかりここの生活に慣れてきたということですね。

妹弟達や親せきに囲まれた ふるさとを離れ寂しいと思いましたが、今はすっかり母娘の生活になっています。

コメント

のどかで、いいところですね。
空気も澄んで、鳥の声など聞こえてきそう。
夜も星がきれいなんだろうな~なんて想像してしまいました。
上棟式、懐かしな~。我が家もやりました。
今はやりませんね、時代・・・でしょうか。寂しいです。
2015-03-25 17:20 | ♪菜の花♪ #- | URL [ 編集 ]

昔の上棟式、懐かしいです*^^*
私が子供の頃、近所で上棟式があれば駆けつけて、お餅拾いに励んでいました(笑)
小銭を蒔くお宅もありましたよ!

昔の冠婚葬祭は地域単位で行われる事が普通で、何事も盛大ででしたよね。
料理を作ったりもてなしたりは大変でしたが、そうやって人との繋がりを築いていましたね。
今は、‘家の価値’もずいぶん変わってきて、、、寂しいと感じる反面、肩の荷が軽くなって嬉しい様な~(笑)

私自身は後継者がいないので、全て自分の代で綺麗に終わらせなきゃいけなくて、、、ある意味すごく楽ですよ^^
唯一残したいと思うのは、想い出と志でしょうか☆
2015-03-25 21:04 | えぞ紫 #Daue0bC6 | URL [ 編集 ]

えがおさん、こんばんは。

この頃は、上棟式で餅まきをする家は見なくなりましたね。
ご両親も、嬉しさが伝わるような写真ですね。
うちは上棟式の時、餅まきはしてませんが、写真も撮ってなかったです。
こうして残っているのはいいですね。

2015-03-25 21:36 | みかん #sj93pB3o | URL [ 編集 ]

のどかですよ~
鳥もさえずっています。 鳴き声が「ちょっとこい ちょっとこい」と聞こえる鳥もいます。カエルもゲコゲコ うるさいくらいです。

星もきれいですよ~
家の裏はなにもないので真っ暗で、そこから上を見ると 満天の星空です。 夏には天の川も見えたり、流れ星も見えます。

上棟式の時は私は帰省していなかったので、写真を見て こんなに皆が手伝いに来てくれたり、集まってくれたと ビックリしました。
2015-03-25 22:43 | 菜の花さんへ #- | URL編集 ]

上棟式で おもちを投げたりは 私は見たことがないです。
なので 家を建てる時 どうするのかわかりませんでした。町ではやらないみたいです。 誰もきっと来なくて、自分で拾ったりして^^;

冠婚葬祭 家で人を呼んで盛大にやることはなくなりましたね。
実家の方では 誰かが亡くなったりすると、みんなで炊きことをして助け合っていました。チラシずしを作って あちこち配ってあるいたり、おもちを作って配ったり。

でも若い人が減って、高齢化が進み そういったことをやる人がいなくなってきました。

だんだん田舎でも町のように簡素化してきました。
町の人口も減って もう風習とか言っている場合ではなくなってきました。

お葬式なども 家族葬など だんだん簡素化してきましたね。
母も叔母も お葬式はやらなくていいと言っています。
そのことは しっかり考えてくれています。
2015-03-25 23:00 | えぞさんへ #- | URL編集 ]

みかんさんの方でも もうこういう風習はなくなってきているのですね。
この時両親は60前後くらいでした。孫も生まれ幸せいっぱいの時だったと思います。家を建ててわずか15年ほどで父は他界しました。まだまだやりたいことがいっぱいだったのに…

住む人がいなくなった家 虚しいです。

我が家は いつか二人きりになると、小さい家を建てました。
柱は見えなくなるので、写真は撮っておきました。
どこがどうなっているかなど、あとで知りたいときが出てきたりして、写真に残しておいてよかったです。
上棟式は だいぶ暗くもなって、お弁当とお酒のオリと気持ちを添えて職人さんに差し上げたくらいです。

娘ふたり この家もどうなるのかなあ…
2015-03-25 23:17 | みかんさんへ #- | URL編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://egao64.blog.fc2.com/tb.php/405-905c8287

 | ホーム |  page top