プロフィール

egao64

Author:egao64
介護を経験されている皆さん、希望や楽しみを見つけて、一緒に元気に頑張りましょう


カテゴリ


最新記事


月別アーカイブ


最新コメント


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

フリーエリア

にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村にほんブログ村にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
にほんブログ村 再生ボタン►を押してから、画面下のYou Tubeをクリックすると大きな画面で見れます

リンク


アクセスカウンター


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索フォーム

QRコード

QR

善光寺御開帳へ

暖かかった昨日は、母を連れて善光寺御開帳に行って来ました。

昔長野に住んでいたこともある母を、 長野に連れてきたら善光寺に連れて行ってあげたいとずっと思っていました。
ちょうど今年は7年に一度の「前立本尊」が姿を見せられる御開帳の年です。

御開帳では、御本尊様と白い善の綱で結ばれた回向柱を触ることで、御本尊様に触れるのと同じご利益があると言われています。

今年を逃したら、7年後には母を連れて行けないかもしれないので、なにがなんでも連れて行こうと思いました。

でも、母に話すと 即答で、 「いやよ! 目も見えんのに 人ばっかりの混んだところに行ってどうするんぞ!」 と言われてしまいました。
でも、連れて行かないと絶対後悔すると思って、私も負けずに、 「長野に来て、善光寺に行かなくてどうするの! ベッドにばかりいないで外に出ようよ。 行くからね!」 と言いました。

子どもの頃 両親とよく行った善光寺、 見えなくても善光寺のことはよく覚えているはずなので、実際行って思いだして欲しかったのです。

そして当日、 朝から行く時まで 「足が カックンカックンなって歩けん! 足が痛い」 とずっと言っていました。 
そんな母には、 「これは、善光寺へ行きたくない病だよ!」 と言ってあげました。
「…」

出かけるのがおっくうになって、行くと言われてからずっと 「やだな、行きたくないな…」  という気持ちが足のせいにしているのを感じました。 (実際良くはないですが、車いすだし行けないことはないです)

そして昨日、私一人では無理なので 休みをとって夫に協力してもらい 母を連れて行きました。
混雑は避けたいので、連休前の平日の夕方を選びました。
支度をして夕方4時頃行きました。
車の中でも いやいや言っている母でしたが、絶対行けばいいに決まっていると思って 心で笑って聞いてました。

善光寺の横、鐘つき堂横に車をつけて母を降ろしました。
夫が駐車場を探している間に、私は母を境内に連れて行きました。
DSC06217.jpg
DSC06219.jpg
去年の震度6弱の地震で、鐘つき堂の土台部分も壊れましたが、きれいに修復されていました。

そして「ゴォ~ン」という低く落ち着く鐘の音が。
母にこの鐘の音が聞こえたようで、見えなくても感じることができて喜んでいました。

暖かくて、車いすでも母は寒いと言いませんでした。
そして、正解でした。
平日4時すぎ、すいていて回向柱も並んでいませんでした。 並ばずに いつでも触れる状態でした。
DSC06223.jpg 善光寺山門

DSC06224.jpg
善光寺さんと記念写真を パチリ! 元気な姿をまたみんなに送ってあげるからね。
DSC06220.jpg

普段なら ずっと並んで何十分待ちなのですが、待つこともなく なんてついているのでしょう
車イスで時間がかかる母ですが、すいていたので なんとか立たせ 触ることができました。
DSC06226.jpg
触って拝んでいました。
「柱は角いんやな、 丸くない」 と言っていました。
触れて感じることができて良かったです。
DSC06225.jpg
そしてこれも母にとって懐かしいものです。
大香炉
煙を身にこすりつけることで、無病息災、病気平癒のご利益があるそうです。
DSC06230.jpg
見えないので手で触ってもらいました。
熱いのを感じ、風で母の顔に煙が行き、煙も感じることができました。
子どもの頃、「頭がようなるように」 と、両親が煙を頭にかけてくれました。

車を置いて夫が来たので、本堂の中へ
車イス用スロープがあって 母を本堂に連れて行くことができました。
DSC06239.jpg
DSC06237.jpg
本堂内もすいていて、御本尊様を拝むことができました。

そして母が ここへ来るといつも触っていた「おびんずるさん」
びんずる尊者 と言われ、お釈迦様の弟子の一人で、神通力が強かった方です。
自らの患部と同じところを触れることで 治していただけるということで、顔も体もツルツルになっています。
特に目は ツルツルになってしまっています。

母はどうしても目を触りたかったようです。
おびんずるさまは 高いので目は届かなく、夫と私で母を持ち上げて 目に触れさせてあげました。

そして帰ろうとすると、善光寺の方に「今誰もいないのでどうぞ」 と言われ、御印文を頂戴することができました。
御印文とは、御本尊と同じ 「えんぶだこん」という金でできた宝印で、これを額にあてていただくことで、極楽浄土を保証してくれるというありがたいものです。
普段なら、これも並んで待ってやっていただけるものなのですが、なんて幸運なことでしょう。
母もやっていただくことができました。

DSC06241.jpg 帰り飛行機雲が

なんだかさわやかな気持ちになれました。

DSC06246.jpg

善光寺から城山公園の方へ 車いすをおして行きました。
「公園は 花時計があるところやろ」 母は思いだしていました。

「来て良かったでしょ」
「そうやな、鐘の音も聞こえたし おびんずるさんも触れたし、頭もやってもろうて、良かったな」

あれほど嫌がっていた母ですが、満足げで 嬉しそうでした。

そして来た時から、足が痛いと一度も言いませんでした。

私自身も 気になっていたことが実現できてホッとしています。

コメント

こんにちは(*´∀`)
無理にでも、連れ出して良かったですね♪
行く前は気乗りしなかったお母様も楽しかったんでしょうね♡
たとえ見えなくても、昔よく行った場所なのできっと色んな事を思い出してくれたんじゃないかなぁ♪
2015-04-24 19:27 | ワッチ~ #- | URL [ 編集 ]

嫌がる母を無理やり、ひどい娘でしょ(^_^;)
でも娘だからですね。

母にとっても思い出深い善光寺に一度は連れて行ってあげないと悔いが残りそうで。
顔が穏やかで嬉しそうでした。

早速今日、在宅マッサージの方に善光寺に行ってきた話をしていました(^_^)
2015-04-24 20:02 | ワッチ~さんへ #- | URL編集 ]

お母様満喫されたのではないでしょうか?
えがおさん親孝行ですね
わたしは母が行かないと言ったら2度3度とは誘いません。行けば楽しいと分かっていても、自分が楽に楽しめる方を選んでしまいます。これが本当にひどい娘というものですよσ(^_^;)まぁ母も行きたい時は1回で行くと言いますしね。
善光寺のご開帳はニュースで知りました。今週はいいお天気なのできっとすごい人でしょうね。空いてる時に行けてよかったですね!えがおさん流石デス!
2015-04-25 08:36 | ひかる #- | URL [ 編集 ]

ひかるさん おはようございます(^_^)

見えないと 行ってもつまらないのは当然ですね。
私もほかの所では なんども誘わないです。
でも、善光寺だけは、行けば母の頭の中で見えていると思ったのでどうしても連れて行ってあげたくて。

めったに鳴らん鐘の音も聞こえた と喜んでいました。
暖かな日差しとさわやかな風と 穏やかな鐘の音、香炉の感触と温かさ、回向柱の木の感触や おびんずるさんのつるつるした感触、
昔を思い出して、いろいろ感じることができたと思います。

これから ますます混雑して、こんなふうには触ったりできないと思います。
2015-04-25 10:54 | ひかるさんへ #- | URL編集 ]

高齢になると外出を面倒くさがるようになりますね^^;
ウチもそうですよ~。
でも、行くまでは腰が重いけど、行けば楽しんでくれるの分かっていて(笑)
部屋着から着替えて、身嗜み整えて、外出して、外の空気・雰囲気に触れるのは、とても大切だと思います。
えがおさんの気持ちを汲んで、仏様が色々善処して下さいましたね♡
良い親孝行が出来ましたね*^^*
2015-04-25 22:21 | えぞ紫 #Daue0bC6 | URL [ 編集 ]

これが行ったこともない所だったら、見えない母にはつまらなく 無理言って連れて行こうとは思わないですが、懐かしい善光寺は特別なんです。

あんなに嫌がっていたのに、あれから足が痛いと言っていません(^_^;)
ラジオでも御開帳の話をしていたりで、夕飯の時も そのことを話していました。
自分から、おびんずるさんの目を触りたいと言って 持ち上げても平気で一生懸命 目の場所を探していました。
それと、鐘の音が聞こえたのが やっぱり心に残ったようです。
御印文もやっていただき、母の極楽浄土は保障されました(^o^)

スムーズになんでもできて、いい日になりました。
えぞさんの幸運をわけていただいた気がします。
2015-04-25 22:46 | えぞさんへ #- | URL編集 ]

こんにちは。お疲れ様でしたね。
善光寺のご開帳はニュースで見ました。
懐かしい場所なので朝の忙しい時間でしたが見入ってしまいました。
お母さまにとっての特別な場所。忘れるわけはありません。
きっとお母さまの目には昔見た善光寺がくっきりと見えているはずです。
私も行きたいな、善光寺。おぼろげですが覚えています、あの大きな入り口。
幼心に「すっごいところに来た!!」っていう思い出は残っています。
2015-04-26 17:34 | ♪菜の花♪ #- | URL [ 編集 ]

善光寺の御開帳は全国的にニュースに流れるのですね。

あれからすごい人出です。こんな混雑では車いすの母が触れる余裕はないですね。御印文まで声をかけられやっていただけるなんて、ほんとうに幸運でした。

善光寺は母には忘れられない場所です。
行くまでは見えないのでなにもいいことないと嫌がっていましたが、音を聞いたり 手の感触 空気 見えなくてもほかで感じて思い浮かべることができて、行って良かったと思ってくれたみたいです。

菜の花さんもこちらにいらしたときに、善光寺に来られたことがあるのですね。
大きな入口は仁王門ですね。 私も子どもの頃 怖かったのを覚えています。

御戒壇巡りも とっても混んでいます。 昔 真っ暗で怖かったです。
2015-04-26 19:49 | 菜の花さんへ #- | URL編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://egao64.blog.fc2.com/tb.php/425-d4c45f7f

 | ホーム |  page top