プロフィール

egao64

Author:egao64
介護を経験されている皆さん、希望や楽しみを見つけて、一緒に元気に頑張りましょう


カテゴリ


最新記事


月別アーカイブ


最新コメント


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

フリーエリア

にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村にほんブログ村にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
にほんブログ村 再生ボタン►を押してから、画面下のYou Tubeをクリックすると大きな画面で見れます

リンク


アクセスカウンター


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索フォーム

QRコード

QR

お墓

連休といっても、レジャーなんてとても考えられない毎日です。

昨日は、夫と義母が入院している病院へ行って来ました。
車で30分くらいかかります。

義母は危ない状態でしたが、強い生命力で持ち直し 落ち着いた感じで眠っていました。

昨日は天気が悪く、桜なども散って 景色はいまいちでしたが、鯉のぼりが5月を感じさせてくれました。
DSC06336.jpg

草がぼうぼうになっていないかと、帰る途中にある お墓へも2年ぶりに寄ってみました。

お墓…といっても 墓地だけなんです。
誰の…?
今はまだお墓は建てていませんが、自分たちのために 2年前(母が来てすぐ頃)墓地永代借地権を買いました。

夫の実家、私の実家 家財の片付けなど すべて私達がやってきました。
そして夫の実家は 同居はしていなかったのですが、最終的に私達が看ることになって お墓の事お寺のことまで引き継ぐことになりました。

私の父やご先祖様が眠るお墓は、愛媛にあります。
母も叔母(父の妹)も、自分の時は、葬式などしなくていいので、骨だけ ここへ入れて欲しいと いつも言っています。

昔のように 派手なお葬式は実家の方でもやらなくなっています。
若い人達がいなくなってきて、身内だけで静かに送るという感じになってきています。
母くらいになると、自分の親しい人たちも少なくなっているので、逆にその方が 親族でゆっくり見送れていいです。
義父の時 故人を知る親族だけでゆっくりと いいお葬式になりました。

叔母は 私と兄しか頼れる者がいないので、できるだけ負担をかけないようにと 後のことをいろいろ考えてくれています。

愛媛に残った叔母は、お寺にお願いして 元気なうちに母と自分の戒名もつけてもらい お墓の霊標には先祖の戒名と名前、母と自分のを赤字で刻んでもらいました。

私達には遠すぎてお墓に行くことができないので、いづれ永代供養もお願いすることになると思います。
実家の方は田舎なので、穏やかな住職さんで 戒名など費用もすべて安いです。

夫の実家は 大きなお寺です。
なので、いろいろ大変です。
私達ができなくなったら、こちらも永代供養をお願いするしかありません。

そんなこともあって、家のこと以外にお墓やお寺などのことも あとのことがすごく気になってしまいました。

娘ふたり、あとを継ぐことはできません。
お墓もお寺が関わってくると、今の時代 あとあと大変になってしまいます。
娘たちには負担はかけたくないので、考えました。

近くに共同墓地のようなものがあれば それでもいいし、夫は 海に散骨して欲しいと言っていました。
でも、この地を離れてしまったら娘たちは、バタバタとしてどうしていいかわからなくなって逆に大変になるのではないかと思いました。 海とかいっても 適当に散骨できないし、家族バラバラになってしまうので。
娘も以前「やっぱり手を合わせる場所がないとさみしい」と言っていました。

そう思うと、お寺とか宗教とか関係なく 便のいい場所にお墓があった方が楽なのではないかと思いました。

だいたいはお寺で管理している墓地が多く、墓地も少なくなってきていると話を聞きました。
理想は 無宗教で、山の上など寂しい所ではなく、すぐ行けるような街に近い場所でした。
遠い山の上の方以外で そんな条件のいい所なんてないかなあと思っていたら…

ちょうど広告で見つけて「思った時が大事!」と すぐ話を聞きに行きました。

それが ここです。
DSC06339.jpg
街に近くて、まっすぐ行けばすぐの所です。池があるので 広々した感じがします。 
高台から池を見ることができ眺めはいいです。
DSC06340.jpg
山も空も良く見えて、お日様もいっぱい感じることができます。

ここが我が家の場所です。 好きな番号で選びました。
DSC06338.jpg
まだ隣など空いています。
お墓から池が見える側の方が人気のようですが、私はお参りする人が、きれいな景色が見える方がいいと思いました。
DSC06341.jpg

この事を母に話すと 「いい買い物をしたな、これはないとな」 と とても喜んでくれました。

私も もしもの時に悩まずにすむので、ほっとしました。
使用料はかかりますが、娘たちに負担をかけずにすみます。
「安心」を買った感じです。

ここは いちおお寺で管理していますが、無宗教でお寺との関わりはないそうです。
お墓も今風だったり、好きなことばを入れたり いろいろです。
墓石センターでイメージと見積もりだけ作ってくれました。
IMG_0001_201505051650149ae.jpg

○○家の墓とかではなく、明るい色で好きな言葉を入れて 優しい感じにしたいです。
この横に 石でできたインコの置物を置きたいです。
何年先に建てるかわかりませんが、元気なうちに。

形式などにとらわれず、ほっとできることが一番です。
大事なのは 気持ちです!


コメント

こんにちはヽ(・∀・)ノ

お墓にインコの置物♪個性的でいいですね~♡

私の実家も何年か前に、山の斜面みたいな急な坂道を登らなきゃいけなかったお墓をきちんと区画整理された共同墓地に移動しました!
母も年をとり、坂の登り降りが大変でしたが今の場所は実家からも近く車椅子でも大丈夫であろう場所です(^^)

お墓の管理もホント大変ですよね(^^;
2015-05-06 18:14 | ワッチ~ #- | URL [ 編集 ]

親も年をとって 自分たちもだんだんそういう年になってくると、こういうことも考えてしまいます。
残った家のこともですが、自分たちが大変だっただけに お墓やお寺のことまで娘たちには負担を掛けたくなくて。
やっぱり寂しいので、石でインコを作って飾りたいです。
よく 猫などは石屋さんにありますよね、そのインコバージョンを是非(^_-)

今 お墓も自由なものが増えていますね。 暗く重々しい感じではなく 明るいものにしたいです。
お墓を移したり、終わりにすることも大変なことですよね。
ほんとうは、散骨で いつも心の中で思っていてくれればそれでいいとも思っています。
2015-05-06 20:40 | ワッチ~さんへ #- | URL編集 ]

良い場所にお墓買われましたね~♪
お墓参りは、綺麗に楽しく美味しくが大事です(笑)
どうせなら元気なうちに自分のお墓参り出来たら素敵ですよね♡
2015-05-06 20:55 | えぞ紫 #Daue0bC6 | URL [ 編集 ]

今 せっかく打ったのに、ポポが ピョコんと飛び降りて消してしまいました(-.-)

えぞ家のお墓のように、海が見える場所なんて最高ですよね!
でも長野は海がないので残念…
山の上の木に囲まれた暗い所は嫌だったので、池が見える広々した場所が見つかって良かったです。

ちょっと行くとお店もたくさんあるので、「美味しく」もクリアですね(^_-)

早くにお墓を作ると縁起悪いとか言われるかもしれませんが、今は元気なうちにいろいろ考える方増えていますからね。
元気なうちに自分たちのお墓参りもしてみたいです。
2015-05-06 21:16 | えぞさんへ #- | URL編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2015-05-07 17:08 | # | [ 編集 ]

えがおさん、こんばんは。

自然を感じられる、素敵な場所ですね。
今は、お墓に関しても自由になっていいですね。

実家のお墓も、後を継ぐ者がいなくなって、いずれは母を入れた後お寺に永代供養をお願いしなければいけないと思っています。
夫は次男でお墓がありませんが、息子は遠くですし、先々を考えると建てないでおこうと思っています。
今は、お寺にコインロッカーのようなお墓があって、30年供養してくれて、その後合同慰霊碑に移してもらうか、引き続き追加を払って置いてもらうか、選ぶというのがあるそうです。
私たちはそれでいいかなと思っています。
それなら、娘もお参りできて後をどうしようと悩まなくてすむかなと。
でも、そんなこと母がしっかりしていたら許してもらえなかったでしょうね^^;;
2015-05-07 21:14 | みかん #sj93pB3o | URL [ 編集 ]

みかんさん こんばんは(^_^)

みかんさんも いろいろ考えられているのですね。
永代供養もお寺によって、できるのかもわからなかったり費用も全然違ってくるのでしょうね。
今は子どもの数が減っていて、仕事の関係などで離れてしまったりで、代々家やお墓を守っていくということができなくなってきています。
先祖代々があたりまえだったちょっと前とは、考え方も変わってきましたね。
私も 心の中で手をあわせてくれれば、お墓はいらないと思っています。 
コインロッカーみたいなものでも、合同でもいいので 娘たちの負担にならないようにしたいと考えていました。
でも 無宗教の霊園などもいっぱいだったり、そういった所もあまりないので、たまたま近くにいい霊園が見つかったので お墓を建てることにしました。
お寺が関わっていなければ負担は少ないかなと。

よくお寺の修繕などで檀家は寄付何百万円というのを耳にして いろいろ考えてしまいました。

母たちも「簡単に骨だけお墓に」と言うくらい だんだんそういう時代になってきているのですよね。
2015-05-07 21:52 | みかんさんへ #- | URL編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://egao64.blog.fc2.com/tb.php/430-0d8d19af

 | ホーム |  page top