プロフィール

egao64

Author:egao64
介護を経験されている皆さん、希望や楽しみを見つけて、一緒に元気に頑張りましょう


カテゴリ


最新記事


月別アーカイブ


最新コメント


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

フリーエリア

にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村にほんブログ村にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
にほんブログ村 再生ボタン►を押してから、画面下のYou Tubeをクリックすると大きな画面で見れます

リンク


アクセスカウンター


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索フォーム

QRコード

QR

介護保険認定調査

今日は、市の介護保険課の方が、調査に見えました。

毎回介護度が上がったり下がったりしているので、今回はどうなるか不安もあります。

今年度から 要支援になると受けられるサービスが少なくなってしまうからです。
施設などの利用はできなくなります。

母は 見えない良く聞こえないので、デイやショートなどには絶対行こうとしませんでした。
私も 今までは、 「要支援でも要介護でも 施設は利用しないし 私が看ることにかわりがないので、状態が良くなって介護度が下がってもいいかな。 私がいるんだから!私ががんばるから!」 と思っていました。

でも、去年の夏に 病気が見つかって急に手術入院となった時、(その時母は要支援2でした) 要支援で預かってもらうことが大変なことを実感しました。 ケアマネさんのおかげで、なんとかなりましたが。

それで、私が元気なら要支援でも要介護でも同じですが、なにかあった時のことを考えると どうにもならない状況になってしまうので、この差は大きいと感じています。

手術をしてから 体力も落ち、精神的にも不安があったりで、 以前のようには頑張れません。
最近は頭がクラクラすることが多かったり、今日は貧血ぎみだったりで、頑張る自信がもてなくなっています。

やることは今までと同じで、体調が悪くても自分が介護を頑張ることにかわりはないのですが、 今は 「頑張らない」 という気持ちで日々を過ごしています。

母は「目が見えんのに」 と、身障者になっているのに なんで介護度がさがるのかと疑問のようですが、 介護保険は 身障者何級とかは関係なく、あくまでも どれだけ介護が必要かどうかなんですよね。

どういう結果になるでしょうか…



元気に育って

トマトとパブリカ
DSC06885.jpg DSC06886.jpg

コメント

えがおさん、こんにちは。

介護認定、改正があるたびに厳しくなっているようですね。
確かに、施設利用ができなくなると、いざという時に困りますね。
昨年のえがおさんの入院など、実績(?)があると考慮されるはずですから、大丈夫だと思いますが。

介護は頑張らない、ほんとそうでないと長続きしませんね。
それでも、たまには、体調悪くても、頑張らないといけない時もありますからね^^;
2015-06-22 16:06 | みかん #sj93pB3o | URL [ 編集 ]

みかんさん こんばんは(^_^)

毎回調査が憂鬱な感じです。
私が病気になるまでは、母はデイもショートも絶対行きたがらないし、自分がいるからなんとかなると思っていました。
でも、病気になってから元気で頑張る!絶対大丈夫! とは言えなくなってしまいました。 以前のようには体が頑張れなくなってしまって。

施設はよほどなにかなければ利用はしないつもりですが、その なにかあった時が どうしようもない状況になってしまうんですよね。

前回は それで私が入院のときに 見直しで、ケアマネさんが立ちあってくださり再調査をしていただき、要介護3になりました。
料金等もかわってきて助かりました。
今回は またもとの状態なので、どうなるかわからないです。

私が体調が悪い時も頑張るしかないのですが、でも毎日口癖のように「あちこち痛い痛い」ということなど、よほど大変な状況でなければ聞き流すようにしています。
そうでなければ やっていけないので(^_-)
2015-06-22 19:34 | みかんさんへ #- | URL編集 ]

お久しぶりです。
介護認定調査が来たのですね。母は毎年来るのでドキドキです。

先日地域の介護経験者の方とお話する機会がありました。
私の身体を心配し、「夜は熟睡出来ないよね。昼間寝れる時に寝ないと倒れちゃうからね」と温かいお言葉。
その方、実両親を在宅介護をするつもりでいたらしいのですが2人とも『できなかった』そうです。
その方曰く、「介護はね、誰でも出来るものでもない。そして介護する側が健康でなければ出来ないという事を周りに理解してもらいたい」
とおっしゃっていました。いろいろあったのでしょうね。
今、国は『施設から在宅へ』というスローガンでやり始めています。
が、「在宅で」っていうのなら、介護する側のサポート体制をしっかりしてから言ってもらいたいです。

先日も同じ年のお母さんたちとランチした時、介護の話になりました。
そこで「夜は1度は起きてトイレ介助をしている」という話をするとあるお母さんが、
「猫に起こされる感じ?!」と、トンチンカンのお答えが。
経験者ではない方が介護という現実を語ることは、かなりハードルが高いと感じました。
2015-06-24 17:38 | ♪菜の花♪ #- | URL [ 編集 ]

菜の花さん こんばんは(^_^)

菜の花さん 体調はどうですか
休めないので心配です。

私も病気をするまでは、熱があろうと ふらふらになろうと、頑張る自信がありました。
でも、かなり疲れやすくなって 今までとは何かが違っていて、臆病になって頑張れない自分がいます。それは母にはわかりません。

少し横になっていると、「ラジオがおかしい!」と大きな声で呼ばれ、手すりはあっても やっぱり時々どこを向いているのか迷ってしまうので その都度飛んで行っています。
立ったり坐ったりがかなりきついです。
お風呂を入れるのも汗だくです。

子どもの面倒をみるのとは全く違いますよね。
今まで働きながら時間を気にしながら 家のこともやっていましたが、家にいるのに 今の方がずっと大変な感じです。

合間を見ては ガーデニングをしたり、ギターを習いに行ったり、ランチをしたりして息抜きをしていますが、それでも ほんとうに自由にはなれず、やることは決まって待っています。

母を看れることは幸せです。 ただ自分の体調も良くなければ介護は難しいです。

猫と一緒にしないでほしいですね(-_-;)
菜の花さんと同じこと はたしてできるでしょうか…
2015-06-24 21:05 | 菜の花さんへ #- | URL編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://egao64.blog.fc2.com/tb.php/465-52885ac1

 | ホーム |  page top