プロフィール

egao64

Author:egao64
介護を経験されている皆さん、希望や楽しみを見つけて、一緒に元気に頑張りましょう


カテゴリ


最新記事


月別アーカイブ


最新コメント


カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

フリーエリア

にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村にほんブログ村にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
にほんブログ村 再生ボタン►を押してから、画面下のYou Tubeをクリックすると大きな画面で見れます

リンク


アクセスカウンター


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索フォーム

QRコード

QR

通院日 けんか!?

今日もすごく暑かったですね。 こちらは36度くらいになったようです。

今日は母の通院日です。
診察の前に いろいろ検査があるので、朝早めに家を出ました。

母は病院へ行く以外、もう外に出たがりません。
今の時期だと、食べては クーラーで涼しい部屋で、すぐに横になって寝ています。
ずいぶん長い間 お日様にあたっていません。
どうしても、お日様や風にあたってほしくて 今日は病院まで車いすで行こうと決めていました。

「今日は車いすで行くよ」

恐れていたとおり

「やあよ!なんで車いすで行かんといけんの!」
もう それなら 行かん!と 機嫌が悪くなりました。

私も、何が何でも 太陽と風を感じながら車いすで連れて行く! と母のわがままは聞かず なんとか連れ出しました。

内科の病院は、歩いてもすぐなんです。
線路沿いを通れば、車は通らないし 風通しもいいです。

車でも、クーラーがきく頃には着いてしまう距離です。 母はなんでもやってもらって、クーラーがある車でビュンと行けば早いし楽かもしれません。
でも、私にとっては 車いすを押して歩いて行った方が早くて楽なんです。

一度座らせれば帰るまでそのままでいられるので、母にあっちこっち どうしてこうしてと言いながら 車に乗せたり降ろしたり 車いすに移したり、車いすを乗せたり降ろしたりがないので 負担が少ないです。

そういうことも分かってほしいのですが、すぐ機嫌が悪くなります。
それで、車いすのブレーキを外す時に ちょっと手があたっただけで、「うわぁああああ 痛い! あ~痛や! あんあんあん あぁああああ~」 と近所中響き渡るような大きな声で泣き叫びました。 
もう まるで私が虐待しているかのようです(・_・;)

母のことを考え、帽子もかぶして 水筒に氷入りのお茶を入れて持って行ったり、通院は いろいろ大変で、それも歩くのは私なのに、さすがに嫌になりました。

夏の空っぽくない青空でした。
まだ暑さも大丈夫でした。
DSC07106.jpg
歩きながら、車いすでなんで行くかを話したりして、病院へ着く頃は 私も母も落ち着いていました。
DSC07103.jpg
病院近くのお宅の ツタが青々ときれいでした。
DSC07101.jpg
今日は 血液検査 尿検査 胸部レントゲン CTをやりました。
結果は 血圧も正常で、すべて異常なしでした。

ほっとしてまた来た道を 車いすを押して帰りました。
我が家は、まっすぐ歩けば すぐのところにあります。
わんたろうと よく散歩をした道です。
DSC07107.jpg
母自身は 病院へ行くことに なにも大変でないのに、わがままを言うので時々困ってしまいます。

家に着くと落ち着いたのか、「暑い中大変やったな」 と言ってくれました。
『この~!<`ヘ´>』 と 思っても、すぐに元にもどるのも、母と娘だからですね。

そして、また 大変だと思ったことを忘れて すぐにあれこれ言うのも 娘だからでしょうか…(-_-;)

帰宅して、母をトイレに行かせて 洗面所で手洗いうがいをしたあとベッドに落ち着いたのを確認してから、急いで用事に出かけました。
大急ぎで帰って来て、休む間もなく母にお昼を用意して、洗濯をしました。

汗びっしょで ようやく座ったと思ったら、「これ もういらん!捨てとくれ」 と言うので片付けて座ったら、「歯にひっかかる つまようじをくれんか」 と言うので渡し座ったら、「あっ、ようじ どこ行った 落した 拾ってくれ」 そして拾って渡し、やっと休もうとすると、「ポポちゃんは全然しゃべらんな」 と話しかけられ…

くたくただったので、さすがに 「休ませて!」と 言っちゃいました。

わかってくれているようで、わかっていないのも母です (ーー;)

コメント

えがおさん、こんにちは。
暑い中、お母様の通院にたくさんの用事に・・・
そのご様子を思い浮かべると、ほんとうに頭が下がりますv-388


お母様は、きっと、
ご不自由なためにたまっているストレスを、
えがおさんになら受け止めてもらえるから、
安心して発散していらっしゃるのですねv-398

数年前、仕事しながら、同居していた義父母の介護(らしきこと)をしていましたが、
実家の親には、あのときのようにできる自信がありません。
きっとたくさんイライラしたり、思ったことそのまま言っちゃったりする気がします。義母のときは、同じことを何回も言ったり妄想が出たりするのを、初めて聞くように笑顔で聞けたけれど、
母には、もうすでに、「さっき聞いたけどね~v-389
もう3回目~」と意地悪く言ってしまったりしていますもの。
一緒に住んで、今のえがおさんのような過ごし方をする自信はまだ、ありません。まだ両親で頑張ってくれているので、今のうちにえがおさんのブログで、
たくさん学ばせてくださいねv-410

札幌は昨日の暑さがうそのように涼しい風の吹く良いお天気になりました。
そちらは今日も暑いのでしょうか・・・
お体にお気をつけて・・・好い一日になりますように!


2015-07-15 10:07 | みやび #- | URL編集 ]

えがおさん、こんにちは。

暑い中、通院お疲れ様でした。
車椅子は重いし、載せたり降ろしたりするとき、変なところに力がはいって、筋を違えそうになりますね。
歩いて行ける距離なら、散歩がてら私でも同じようにしてると思います。
お母さま、汗びっしょりで疲れた様子、想像でしかわからない分、頼みごとをいつものようにされるんでしょうね。
えがおさんのいら立ちもよくわかります。
「休ませて!」って言えるのも、親子だからですね^^

ポポちゃん、ますますおしゃべりが上手になって、好奇心も旺盛ですね。
最近、孫が、そばを離れる時「また連絡しようわい」と言うことがあります。
電話の会話もよく聞いていて、めったなことは言えないねと娘と話しました^^;
2015-07-15 11:18 | みかん #sj93pB3o | URL [ 編集 ]

みやびさん ありがとうございます(^_^)

母のことをやっていると、「これがお嫁さんだったら、大変でストレスたまってしまうだろうなあ」と いつも思います。
ちょっとした言い方の違いでも違ってきますよね。
母はよく「取れん」「○○がない」などと言いますが、「取ってくれんか」とか「○○ちょうだい」と言ってくれれば、気持ちの面で違ってくるのですが。

みやびさんもご主人のご両親を同居で看ていられたのですね。
私も母が来る前まで、働きながら義父を看ていました。みやびさんと逆で、義父には優しくできませんでした。自分たちも大変な中 義父を見ることになり、一生懸命やっていたのですが、心がまったくなくて辛い思いばかりさせられて、だんだんと私から笑顔が消えて、一緒にいることだけでやっとやっとといった感じでした。

どちらの親でも、大事なのはお互い相手を気遣う気持ちがあるかどうかなんですよね。

母は見えていないし、耳もよく聞こえないので 何度も繰り返し言わなくてはいけなくて、会話をするのも疲れてしまいます。
それでも こうして一緒にいられるのは幸せに思います。

義父をみていたのもあり、長年何もできず 不自由な生活をしている母を遠くで心配ばかりしていた時のことを考えると、気持ちがすごく楽になりました。

介護ばかりしていたから、何もできなかった つまらない人生だと思わないように考え方を変えて、これをしているから こんないいこともあった、これができた!と楽しむことにしています。

雨が降りそうな雲行きになってきました。
これで涼しくなるかな~\(^o^)/

みやびさんも また頑張ってくださいね~
2015-07-15 14:34 | みやびさんへ #- | URL編集 ]

みかんさん こんにちは(^_^)

みかんさんのお母様は こんなことには こだわらないですよね。

こんなに近いのに車で行くと、車に車いすを積んで、母を誘導して車の座席に座らせシートベルトをして、着いたらまた降りて 車いすを降ろして母を座席から移らせてと、これがなかなか大変なんです。
見えていないので ひとつひとつ声かけをするのですが、それがまたよく聞こえなくて。

私が大変な状況も見えていないので、母はいたってマイペースです。
ほんとうに 座ると呼ばれの繰り返しで、立ったり座ったりきついです。 呼ばれて行って「なに?」と聞くと、「なんでもない、どこにいるかなあと思って」と。 もうガ~ンです(・_・;)

こんな感じですが、癒してくれるのがポポです。
うとうとしてくると、ポポがしゃべりだして、子守唄のように聞こえてきます。
コウキくん 電話の応対もまねするのですね(^_^)
ほんとうに 変なことは言えませんね。
電話というと、長女が小さい時 受話器を耳にあてて「あっ、ぴかぴかぁ~、あっ、どうもすんません」とぺこぺこ頭をさげながら言っていたのを思い出しました。おもしろかったですよ。コウキくんも今その状態ですね。
2015-07-15 14:52 | みかんさんへ #- | URL編集 ]

こんにちは(*´∀`)

暑い中お疲れ様でしたm(__)m
実の娘だからこそ、お母様も遠慮なく言えるんでしょうが(;´_ゝ`)
やはり大変だと思います!

たまに訪問先の家族方から言われます。
私の言う事は全然聞いてくれないのに、ヘルパーさんやケアマネさんの言う事はちゃんと聞くんですよねぇ。。と。

もちろん、こちらは仕事なので柔らかい口調で話しますし、何回も聞いた話でも、うんうんと頷きながら聞いてます!笑

しかし、これが自分の母だとやはり違いますよ~(*_*)
それ何回も聞いたっちゃ!!と。。笑

どうしても遠慮が無くなっちゃうんですよね~( ´_ゝ`)


2015-07-15 15:48 | ワッチ~ #- | URL [ 編集 ]

ワッチ~さんも 暑い中 お疲れ様です(^_^)

私も仕事をしていた時は、高齢者など優しく接することができました。 それほどイライラすることもなかった気がします。
みなさん 話を聞いてもらえるだけでホッとするようです。
やっぱり、仕事だとわりきれる部分もありますね。

家族となると、もう必死なので 常に優しくはできないですね。
でも また普通にもどるのがいいところです(^_-)
聞いてあげてうなずくことって、一番嬉しいことだと思います。でも日常生活で、なかなかそういう気持ちの余裕がなくてダメですね(^_^;)

ポポなら 何度も同じことを教えてもイライラしないですが(笑)

2015-07-15 16:51 | ワッチ~さんへ #- | URL編集 ]

大変だったね~。
わたしの母は寝たきりだったので、病院へ連れていくのはものすごく大変でした。

実の親子の介護は、お互い大変です。
今では、いい思い出?になってるかな(笑)
無理せず気張らず行きましょう。
2015-07-15 19:17 | 響 #- | URL [ 編集 ]

響さん こんばんは~(^_^)

響さんのお母様は寝たきりだったのですね。
起き上がるとか、立ち上がることは難しかったのですか
そういう状態で病院に連れて行くのは、ほんとうに大変ですよね。
車いすとか室内から出せるようになっていないと 厳しいですね。
もし寝たきりになってしまったら、普通の通院はできないので、往診にしないといけないですね。

大変な日もありますが、そのぶん 合間の時間を有効に活用して 楽しんじゃいますよ~(^O^)/
2015-07-15 19:32 | 響さんへ #- | URL編集 ]

実の親子だからこそ、オブラートには包みませんしね^^;
直球ですもん、そりゃ~、カチンと来る日もちょくちょく(笑)
>歩くのは私
これには笑ってしまいました。私もそう思うから!!
ドカッと座った母。重いんだな~これが!!
動き出してしまえばいいのですが、動き始めがね、キッツイ^^;

お母さま、目が見えない為、細かい部分が見えないからか、
どうしても自分の欲求のほうが優先になってしまうのかな。
で、娘だから甘えちゃうのもあるのかもしれませんね。
2015-07-24 16:17 | ♪菜の花♪ #- | URL [ 編集 ]

母は どんなに近い所でも、車の方が楽だと思っているのかもしれないですが、私にとっては 母と車いすの乗降の方が とっても大変です。 母は どうするこうすると言いながらサポートしてもらい、あれこれ言っているだけなので 大変に思わないかもしれないですが、それをサポートするのは何倍も疲れます。
車いすに乗ってさえくれれば、あとは押して歩くだけで、病院に着いてもそのままで 帰りもそのままなので、楽なのですが どうしてあんなに抵抗するのか…(-_-;)
機嫌悪くなって ちょっとあたっただけで、ものすごい悲鳴をあげて大げさに泣いて騒いで、恥ずかしいというか 虐待しているみたいで すごく嫌になりました。
それでも もとにもどるのが母娘なんですよね。
これをお嫁さんには お願いできません。

菜の花さんではないですが、食べては涼しい部屋でゴロン その間に汗だくでずっと動き回っている娘のこともわかってほしいですね。
2015-07-24 17:40 | 菜の花さんへ #- | URL編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://egao64.blog.fc2.com/tb.php/485-2936beef

 | ホーム |  page top