プロフィール

egao64

Author:egao64
介護を経験されている皆さん、希望や楽しみを見つけて、一緒に元気に頑張りましょう


カテゴリ


最新記事


月別アーカイブ


最新コメント


カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

フリーエリア

にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村にほんブログ村にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
にほんブログ村 再生ボタン►を押してから、画面下のYou Tubeをクリックすると大きな画面で見れます

リンク


アクセスカウンター


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索フォーム

QRコード

QR

旅立ち

留守中も ブログに訪問いただいたり、お悔やみの言葉やメッセージをいただき ありがとうございました<(_ _)>

昨夜は 疲れがどっと出てしまいました。
でも、ようやく安心して眠ることができ ほっとしています。

義母は 何度も危ない状態になりました。
最近では4月に入院した時からずっと、不安な毎日でした。
亡くなる2週間くらい前から もどしてしまい、胃ろうでの栄養も摂ることができなくなって ゼリーのような水分だけを入れていました。
そして私達も落ち着かない毎日でした。

26日の午後会いに行った時、これが会える最後かもしれないと感じました。
帰宅して、その日は12時過ぎに寝ました。
そして、1時間くらい熟睡していた時に、夜中の1時に施設から 「呼吸が確認できない」 と電話がかかってきました…
電話の音にパッと目が覚めました。 そして夫を起こして 支度をして急いで施設に向かいました。

深夜2時に 真っ暗な山道を車で行きました。
不気味な感じで、さらに霧が立ち込めていて 前がよく見えなくて、怖かったです。
反射灯の光だけがたよりでした。
夫は車で何度も何度も通った道なので この状況でも 道の感覚がわかるので、速度を落とし 慎重に運転して進むことができました。
真っ暗な山道を40分くらい走っていたと思います。 

なんとか施設に到着しました。
そして、義母に対面しました。
0時45分に静かに息をひきとりました。
身体はまだ温もりがありました。  顔は穏やかで とってもきれいでした。

施設の方と一緒に 義母の身体を拭いて、お化粧をしてあげました。

大腸癌も発症し、最後の方では 痛みもあったのではないかと思います。
顔を見て、悲しみより 「お義母さん 今までよく頑張ったね、やっと楽になってお義父さんの所へ行けるよ、今までありがとうございました。」 という気持ちになりました。

認知症を発症して 二十数年ほどになります。
長かったです。
義母は85歳です。

もっと いろいろ教わりたかったです。 話もしたかったです。 でも、できませんでした…
認知症になってしまった原因を 私はわかる気がします。

義母は あの頃から時が止まっているのです。 大変だった出来事も何も知らずに…
幸せだったかもしれないです。

深夜も こうして頑張って働いている職員の方の姿を見ると、頭が下がる思いです。
長い間 よくしていただき、感謝の気持ちでいっぱいになりました。

午前4時半に 葬祭センターの方が見えて、義母を乗せて また山道を下りました。
街に着く頃は 明るくなってきました。

葬儀についていろいろ打ち合わせをして、一度家にもどりました。
こんな時でも 母の介護は休めません。
そして、葬儀のためにいろいろ必要なものをそろえたり、連絡をとったり忙しかったです。
この日は 夫がセンターに泊まり 義母と一緒にいました。

28日はお通夜でした。
親族だけでの葬儀にしました。
義父の時に そうしてみて、ゆっくり話ができ とてもいい雰囲気だったので、こういうのもいいなあと思いました。
母に早めに夕飯を食べてもらい パジャマに着替えさせて、娘たちも皆ででかけました。
DSC07833.jpg

夫の実家を片付け 全部処分した時、義母の物で唯一持ってきたものは、 アルバム・留袖の着物・日記・絹糸・指輪です。

遺影の写真を探しながら、義母がきちんと整理してあったアルバムを見ました。
苦労が多く介護生活で終わってしまったのかなと思っていましたが、あちこち旅行に行ったり 楽しそうに笑っている義母の写真を見ると、こんな楽しい思い出もいっぱいあったのだと、なんだかホッとしました。

それで、合間にみんなに見てもらえるように アルバムや日記(義母は悪いことは書いていません)など 持って行きました。
待っている間 写真を見て懐かしく思いだしていました。
DSC07789.jpg
29日は告別式でした。
朝から夕方までかかるので、母のことは 二女にお願いしました。
朝ごはんを早めに食べてもらい着替えまではやって行きました。

皆で納棺をし 旅支度をしました。
義母が良く着ていた 留袖の着物を上にかけました。 着物をよく縫っていたので 使っていた絹糸や日記 写真も一緒に入れました。
そして山道をのぼって斎場へ
新しくなったばかりの斎場で、とってもきれいで立派でした。
DSC07928.jpg
DSC07927.jpg
広々とした空間で落ち着きます。
DSC07896.jpg
DSC07901.jpg
待っている間 ここで皆で話をしながら軽食をとりました。
DSC07897.jpg
トイレもとてもきれいでした。
DSC07900.jpg
斎場のトイレなのに、自動でふたが開いたり 水が流れてビックリしました。
DSC07899.jpg
そして会場にもどり、葬儀 告別式です。
親族だけで静かに 温かく、義母も喜んでくれていると思います。
DSC07938.jpg
お経が始まる前に、懐かしい写真が映像で流れました。
DSC07942.jpg
その後、和やかにお斎が始まりました。

来ていただいた皆さんにお礼を言って見送りをし、私達も自宅にもどりました。
DSC07964.jpg
明るく義母の旅立ちを見送ってあげることができて、本当に良かったと思います。
DSC07966.jpg
家に着いても 片付けなど大忙しでした。
そして、母の夕飯の準備です。
こんな日も やっぱり介護は休めません。

娘二人、それぞれ自分にできることを よく手伝ってやってくれたので助かりました。
親戚が皆で集まってゆっくり話ができたのも良かったですが、娘たちも こういう経験をして何かが変わった気がします。

夜は 疲れが出て、頭もボ~っとしていました。
ずっと、いつ電話が来るかと緊張した毎日を過ごしていたので、ホッとして脱力感でいっぱいでした。
これからは、夜も ゆっくり眠れます。

30日は雨ふりでしたが、お墓参りをしました。
DSC07969.jpg
 
まだまだやることがいっぱいですが、とりあえずホッとしています。
眠ることもできるので、体調を整えて また元気に発信していきたいと思います!

私も悔いが残らないように 日々大事に過ごしたいです。 31日の今日は、朝 母のことを済ませてから 夫と戸隠の施設に行きました。
長い間お世話になったお礼と、義母の衣類などの荷物を受け取りに行くためです。

帰りの車からずっと調子が悪くなりました。

とてもだるくて眠くて…
さすがに 今日の山道は 堪えました(-_-;)

やることをやりながら、合間合間で 少しうとうと眠っても、スッキリしなくて ずっしりだるいです。

連日の疲れがたまっている中、いつも通り母の介護もあるので かなりきついです。
食べて帰って バタンキュ~ と、休めればどんなに楽かなと思ってしまいます。

コメント

お義母様のご冥福心よりお祈りいたします
気候も変化しています体調管理して
ゆっくり体おやすめください
2015-08-31 08:58 | ひかる #- | URL [ 編集 ]

安心して旅立たれたと思います。
お母様のご冥福をお祈りいたします。

生きているものは、どんな時もやる事に
追われ様々な困難に立ち向かわないとならないし
疲れから解放されることがありません。
どうか、努めてご自愛ください。
2015-08-31 11:18 | 冷奴 #WtOWNtRI | URL [ 編集 ]

こんにちは!!

本当にお疲れ様でしたm(__)m

しばらくは大変でしょうが。。
えがおさんの体調を優先してあげて下さいね。
決して無理はなさらない様に。。。
2015-08-31 12:16 | ワッチ~ #- | URL [ 編集 ]

えがおさん、こんばんは。

お疲れ様です。

穏やかな最期を迎えられて、ほんとに良かったです。
ご親族だけのお見送り、今は多いですね。

まだいろいろお忙しいことだと思います。
お身体、ご自愛くださいね。
2015-08-31 19:45 | みかん #sj93pB3o | URL [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2015-08-31 21:46 | # | [ 編集 ]

本当に本当にお疲れ様でした。
気力、体力ともにすごく消耗したと思います。
お葬式ってなんであんなに疲れるんでしょうね。
でもお義母様の最期を穏やかにお見送り出来て
よかったですね。

とうぶん色々と手続きなどが続くでしょうが
せめて夜だけでもゆっくりお休み下さい。
体調に気を付けてまた元気な“えがお”を見せて下さいね。
2015-08-31 21:52 | よっさん #- | URL編集 ]

ひかるさん ありがとうございます。

夕方までずっと 身体がずっしりとだるくて調子が悪かったですが、夜になって ようやく目もパッチリ開いて スッキリしてきました。
義母の葬儀だけでなく、合間に母のことも考えて介護しなければいけないのが、やっぱりきつかったです。
娘たちが 手伝ってくれたので なんとかできましたが。

よく寝て早く体調をもどしたいと思います(^_^)
2015-08-31 23:00 | ひかるさんへ #- | URL編集 ]

冷奴さん ありがとうございます。

私達にできることは 精いっぱいやりましたので、義母も喜んでくれていると思います。
葬儀だけでなく、それまでが一番不安で 精神的にも大変だった気がします。

鏡や写真に写った自分の顔を見て ぞっとしました(・_・;)
顔はむくんでぶくぶく どんよりした目にクマができ 一気にふけこんでいました。
元気になったら また運動をしたり、自分のためにがんばらないと!デス
2015-08-31 23:14 | 冷奴さんへ #- | URL編集 ]

ワッチ~さん ありがとうございます。

今までコメントも返信できないくらい 疲れてしまって(-_-;)
でも、今は だいぶ調子よくなってきました。
施設が遠すぎて 行くだけでも、疲れがたまってきていました。
栄養ドリンクでも飲んで、睡眠をとって 早く生活リズムをもどしていきたいと思います。

一家の皆どうしているかなあと気になっています。
また元気をもらいに行きますね(^_-)
2015-08-31 23:29 | ワッチ~さんへ #- | URL編集 ]

みかんさん ありがとうございます。

夜中に施設に行くなんてことがなかったので、真夜中にお仕事をされている職員の方を見て、ありがたいなあと つくづく思いました。
だいたいは最期を病院で迎える方が多いそうですが、施設で最期の方もいるそうです。

故人が高齢だったり その方の人付き合いの程度などもありますが、近親者だけで 穏やかな雰囲気で送ってあげる葬儀もいいものですよ。 

疲れても、やることがいっぱいで しばらく休めなかったので、これから ゆっくり体調を整えていきたいと思っています。

2015-08-31 23:51 | みかんさんへ #- | URL編集 ]

よっさんさん ありがとうございます。

葬儀も 喪主として自分たちがやるのは ほんとうに大変です。
でも家でお料理を用意したりして、家でやっていた時のことを思うと、葬儀センターですべて細かく段取りをしてやってくださるので、だいぶ楽になりました。

今回、施設までの山道を往復したり、斎場までまた山道を往復して、もどってから葬儀告別式をやるので、それもかなりきつかったです。
家に帰っても 母のことをやらなくてはいけないので、フラフラでした。
整理仕事などやることいっぱいですが、ゆっくりやっていきたいと思います。

せいちゃんも どうしているかなあと気になります(^_-)
2015-09-01 00:01 | よっさんさんへ #- | URL編集 ]

お義母様、頑張りました。
やっと今は安心して安らかにいられることでしょう。
ご冥福をお祈りします。

誰もが行く道ですが、淋しさはぬぐえません。
えがおさんもご主人もお疲れだったことでしょう。
まだまだ落ち着かないことと思います。
お疲れが出ませんように、
無理なさらず、休める時に少しでも横になって下さいね。
2015-09-01 13:25 | nanohana #- | URL [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2015-09-01 13:48 | # | [ 編集 ]

菜の花さん ありがとうございます。
 
昨晩は 私も栄養ドリンクを飲んで ぐっすり寝たので、すっきりしています。
今日は 整理片付けをしていますが、あとはマイペースで ゆっくりやっていますので大丈夫です(^_^)
いろいろありましたが、ひとつずつ終わっていくのですね。
責任という ずっしり重くのしかかっていたものがとれて、軽くなってスッキリした気分です。

また前向きに頑張っていきますね!
2015-09-01 15:45 | 菜の花さんへ #- | URL編集 ]

ありがとうございます。

今までほんとうに「長かった」です。
これからは 母のことをやりながら、自分たちのために時間を大事にしていきたいと思っています。
前進のみです!(^_-)
2015-09-01 15:57 | 鍵コメさんへ #- | URL編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://egao64.blog.fc2.com/tb.php/513-7960f9f7

 | ホーム |  page top