プロフィール

egao64

Author:egao64
介護を経験されている皆さん、希望や楽しみを見つけて、一緒に元気に頑張りましょう


カテゴリ


最新記事


月別アーカイブ


最新コメント


カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

フリーエリア

にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村にほんブログ村にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
にほんブログ村 再生ボタン►を押してから、画面下のYou Tubeをクリックすると大きな画面で見れます

リンク


アクセスカウンター


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索フォーム

QRコード

QR

介護の工夫

母が唯一見えたもの

服のシマ模様とエプロンの格子模様                                                                           IMG_1935.jpg IMG_1917.jpg

娘が黒で描いた顔
IMG_1936.jpg
目の前にいてもわからない、絵や字も見えなくてわからない母の目
それが、このエプロンとしまのシャツを着ていると いるのがわかるようなのです。

発見

もしかしたら、黒白のコントラストのはっきりしたものなら見えるのではないか、
特に格子や縞模様などは、霞んでいる中で浮き出て見えるのではないか、
これだ!
と思って、すぐに黒のビニールテープと白の厚紙や工作ボードで作ってみました。

             IMG_1922.jpg

IMG_1988.jpg

なんだか不気味な家と思われそうですね~

           IMG_1918.jpg
                                                                                                                IMG_1990.jpg

成功!

母は、これが見えました!
そしてすごく喜んでくれました。 
手すりだけでは行きたい方向がわからなくなったり、壁なのかドアなのかもわからなかったりしていました。 トイレのドアの前まで来ても、ノブがわからなくてドアのあちこちを手で探していました。

でも、これをつけたら、「これはよく見える」と前よりスムーズに移動ができて、ノブもこれの下にあると、すぐにつかむことができるようになったのです。

ちょっとしたことで

IMG_1924.jpg


ベッドで できるだけ自分でなんでもできるようにつくりました。
プラスチックの容器では、頭や手をぶつけたりして危ないし、物がどこにあるのか探すのが大変そうだったので、即席で作りました。 なので適当ですが、試作品ということで。
これがまた、目が不自由な母には喜ばれました。

喉が渇く母がいつでも飲めるように、ペットボトルをいれておく場所をつくりました。 
一度、夜中に飲んでいて、キャップを落としてしまった時も、ここに入れておいたのでキャップなしでも、こぼすことなく助かったそうです。
目やになど困ったとき、母が自分でさせるように目薬を入れる場所を作りました。
エアコンのリモコンを入れる場所も。リモコンには入切ボタンに盛り上がったシールを貼っています。
あとは、手をリハビリするボールや母のおやつを入れる場所です。
余裕ができたら、しっかりしたものを作りたいと思っています。

IMG_1926.jpg

ティッシュとゴミ入れです。
ティッシュカバーは市販のものに紐をつけ、ゴミいれも痛くないように布で作ってぶらさげました。

枕元にはラジオを置いて、自分で操作できるようになりました。IMG_1923.jpg

目薬は同じ形のものには、ゴムをつけてみました。

すべて、できるだけ母が自分でなんでもできるように考えたことです。
介護しながらいろいろ発見したり工夫したりして、自分でやれるようにしてみるのも大事かなと思います。
介護する者も少しでも楽になれるように。

節約

明るい光を感じることができない母の目ですが、暗さは感じるようです。
愛媛でも寝室や廊下・トイレは夜中ずっと電気をつけていました。それで、母が夜中トイレに行くのに、我が家でも、トイレと廊下の電気を一晩中つけていました。 LEDなので、電気代はあまりかからないかもしれませんが、一晩中こうこうとつけているのが気になって、人感センサーライトをつけてみました。
母が部屋から出たり、トイレのドアを開けたときにパット点灯するので便利です。買って良かったです。

IMG_2210.jpg

少し見えた~

夕飯の時母が、「うちわ 小さめのに変えてくれたの? なんか目が二つあるな ひとつは閉じとる 下に こんな感じのがある」と言うので 「目??」と ふとベッドに置いてある うちわを見ると 確かに目が。
でも、片目は閉じてないよ…

IMG_2216.jpg

と、裏を見たら

IMG_2217.jpg

ホントだ! えっつ これが見えたの!
私がいるかいないかも見えてなくて、 私の顔は のっぺらぼうなのに、この顔は見えるんだね


IMG_2004.jpg



「これは 猿みたいのがおる、これが目で。ば・ざー・る」
これも見えたのです! でもこの黄色はわからないようです。白く見えるみたいで。

いつも集中して黒白を見ているから 目が慣れてきたのでしょうか。

調子がいい時には、トイレに敷いてある便座カバーの黄色がなんとなく見えたとも言っていました。

とにかく希望がでてきました~

目の神経の感覚がもどり、手元だけでも見えるように願ってます。


 

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://egao64.blog.fc2.com/tb.php/6-0bd80eaf

 | ホーム |  page top