プロフィール

egao64

Author:egao64
介護を経験されている皆さん、希望や楽しみを見つけて、一緒に元気に頑張りましょう


カテゴリ


最新記事


月別アーカイブ


最新コメント


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

フリーエリア

にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村にほんブログ村にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
にほんブログ村 再生ボタン►を押してから、画面下のYou Tubeをクリックすると大きな画面で見れます

リンク


アクセスカウンター


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索フォーム

QRコード

QR

4年

今日で母が来てから4年になります。

今日はお赤飯を炊きました。
IMG_2575.jpg 
朝 「今日で4年だよ~」 というと 「今日やったか ハハハ~ まだ生きれるかな」 と、笑っていました。

来たばかりの時はいつも 「1年生きればいいかな、5年は生きれん」 と言っていた母ですが、あと少しで5年なんてびっくりです。
IMG_2574.jpg
母を迎えに 病院へ行ったとき、どこにいるかちらっとベッドを見て、「間違えた」と思うほど 別人のように変わり果てていました。
頭は真っ白 肌はがさがさ 手は針のあとで紫色になっていて 痩せて小さくなっていました。

わずかに見えていた目もまったく見えなくなっていて、歩かせるのもやっとやっとで、ずっとつきっきりの介護を覚悟しました。

一人で必死に家財の片付けをしたり いろいろな手続き 食事の用意や 母の世話 トイレが間に合わず 紙パンツからはみ出してあちこち汚すことも何度かありました。
夜は1時間に1回起きる母のトイレで睡眠不足 私もふらふらでした。

あの時すでに私は病気にかかっていたのだと思います。 ふ~っと倒れそうになることもあり危険を感じました。
でも知らなかったから 頑張れたのだと思います。

母も私も よくこの状態で長野まで来れたと、今でもびっくりです。

愛媛の3月は もう 菜の花も桜も満開で、長野とは別世界のようでした。
IMG_1097_201703231408409d7.jpg IMG_1101_20170323140841ef1.jpg
亡き父や 両親が大事にしてきたすべての物や家 大切な人たちと別れを告げ長野へ
IMG_1122.jpg
後ろは山やミカン畑、前は海がある田舎町です
IMG_1148.jpg
ほとんどが高齢者になってきて、介護問題も深刻です。
ミカン農家も 漁業もやめてしまう所も多くなり 空き家も目立ちます。
IMG_0275_20170323140838887.jpg

連れてきたら お風呂に入れてきれいにして 髪も染めたり 以前のようにふっくらさせなきゃ!と思いました。
そして 今は病院で見た母ではなく、つやつやおデブな母がここにいます。

最初 慣れるまではかなり大変な毎日でしたが、そこで頑張ったのもあって 今があります。
とりあえず今は私も布団でぐっすり眠ることができています。
短時間なら外出もできます。

つきっきりの介護を覚悟していましたが、今のところ 自分の時間も持てています。

この先どうなるかわかりませんが、まだまだ元気に長生きをしてほしいです。

いろいろこだわりがあって、持ってきたものや服 母はすべて忘れているというか、今の生活に必要を感じていません。
洋服や毛布なども赤やピンク花柄と 明るいきれいなものを好むようになり、新たに買ったりしたので、結局何もいらなかった感じです。

寝たきりにならないように 鬼娘は 時々気合を入れながらがんばりますよ~!

コメント

こんばんは~

もう4年もなるんですね!!
4年経った今でこそ生活のリズムが出来たでしょうが、最初の頃はかなり大変だったでしょう。。
別々に暮らしていたから、生活のリズムが全く違うだろうし元気だった頃の何でも自分で出来ていたお母様とは違ったでしょうから精神的にも体力的にもキツかったでしょう。。
よく頑張られましたね。。
えがおさんは鬼娘じゃないですよ(*^^*)こんな親孝行できるなんて、そうそういませんもん!
とは言え、これからもきっと大変だと思います。
頑張り過ぎずに頑張って下さいね(*´ー`*)
2017-03-23 21:00 | ワッチ~ #- | URL [ 編集 ]

ほんとほんと、ワッチ~さんの言われる通り!
こんな孝行娘、そうそういませんよ。
誰もが避けて通りたい介護の道を選ばれて格闘して
ご自分のご病気を乗り越えてさらにまたご病気がわかり
それを押してまで介護されてる様子を拝見して
すごいな~、立派だな~としか言えないです。
4年なんてあっという間のようで長いですよね。
色んなことがよみがえるんじゃないでしょうか。
やっと色んなリズムも合い始めたので
お母様にはまだまだ長生きして頂きたいですね。

目が不自由でも色目は少しはわかるんでしょうか?
ピンクや花柄を好まれるなんてかわいいですね。
うちは少しは派手な色にすればいいのに
グレーや暗めの色ばかり選ぶので益々年寄りになります。
えがおさんのお母様のようなお茶目さがあればいいのにな。
2017-03-23 21:56 | よっさん #- | URL編集 ]

ワッチ~さん こんばんは~(^_^)

この日が来ると あの時のことを思い出します。
義父の四十九日が終わってほっとしたら 今度は母が家で転んで動けなくて入院
でも こうなるようになっていたのかもしれないです。
義父がいた部屋を 片付けきれいに掃除をして 障子やふすま畳をリフォームして、母を迎えることができました。
遠くでどうしようもなくて悩んでばかりより、近くにいた方がお互い安心なので。

休む余裕もなかったですね、仕事を辞めて数日後に愛媛へ
11時間の長旅です
そして休む暇もなく睡眠不足の毎日
長野へ着いて 私は倒れそうなくらい疲れ切っていましたが、母のトイレなどがあってろくに眠れず 大変でした。
少しでも見えていた頃に来ていれば 部屋の間取りなどわかって、手すりを伝っての移動も楽だったのですが、見えていない母がいきなり違う家で生活するのは大変で それを覚えるまでが一苦労でした。

今でも 布団で眠れることが幸せに思います。
ただ いつまでこうして眠っていられるか…
母には現状維持で頑張ってほしいです。

あの時のように私は無理はできないので(^_^;)

2017-03-23 22:10 | ワッチ~さんへ #- | URL [ 編集 ]

よっさんさん こんばんは~(^_^)

母も娘だからこうしていられるのだと思います。
自分でできることは自分で! 鬼娘はビシビシやりますよ~(笑)

ホント、腫瘍が見つかって手術の時は困りました。
自分より母をどうしようと
まだ悪性で進行しているというような診断だったので、死ぬかもしれないというときに 施設は行きたくないというのにはまいりました。
最初の1年は慣れるのに大変で 私の病気が2年目だったのですよね
順風満帆とはいかない介護生活でした。
でも 今は自分の時間も持てているので ありがたいです。

誰かがやらないと めちゃくちゃになってしまうので、その役ができるのが自分なんだと言い聞かせて がんばっています。
その私が 倒れるとどうしようもなくなってしまうので、母には元気でいてもらわないと困っちゃいます(^_^;)

母も実家では 地味な色ばかりでした。
田舎なので派手なものを着ていたりすると、いろいろ言われちゃいます。
それでも母は おしゃれでした。

ここへ来てからなんでピンクや赤を好むようになったのか…
見えないから 明るくきれいでかわいいものを想像して楽しんでいるのだと思います。
よっさんさんの お母さまも 明るい色を着ると、気持ちが若返るかもしれないですよ(^_-)
折り紙を見ると 十分おちゃめですよね(*^_^*)
2017-03-23 22:31 | よっさんさんへ #- | URL [ 編集 ]

こんばんは。
積み重ねの4年間の成果が今現在の形ですね。
私も頑張ります。

我が家の義母もえがおさんがおっしゃった通り、
自宅から持ってきた私物にこだわらなくなりました。
最近は「要らないから処分して」や「これじゃなくて新しいものにして」とか、
「色味がきれいなものがいいわね」なんて言い出しました。
何も見えない、真っ暗闇にいる義母のとって、
色味がある世界はきっと夢の様なのかもしれないです。

4月、桜の季節です。
義父が去年夏に倒れ、みんな覚悟を決める中、私だけ言い続けた言葉。
「4月、必ずお義父さんと桜を一緒に見る。車椅子に乗り、桜を見る!!」。
誰もが『無理だ』と言ったけど、今、その日が目の前まで来ているのです。
私の勝手なわがままだと思うのですが、実行に移したい気持ちが強いです。
義父のためと言いつつ、ただの私の都合だけ。
ですが、後悔したくないのです。
えがおさんの記事を見て、その瞬間、感じたことは大事にしよう。
そんなことを思い、考えさせられました。

おかあさま、幸せですね。
きっと、えがおさんに感謝していますよ。
満たされているからこそ、執着は徐々に消えるのかもしれませんね。

2017-03-30 22:47 | ♪菜の花♪ #- | URL [ 編集 ]

菜の花さん こんばんは~(^_^)

最初はすごく大変でしたが、落ち着くまでの辛抱ですね。
菜の花さんは 今すごく大変ですが、でも 先がまったく見えなくてどうしようもない気持ちでいたときを思うと 1歩ずつ前に進んでいますね。 お義父様 お義母さま それぞれ落ち着く場所に。
すべて 菜の花さんの頑張りのおかげです。

お義母さまも こだわりがなくなったのですね。
それは 今いる場所が自分の落ち着く場所になっているからですね。
母と同じで、洋服なども好みが変わってきているのですね。
自分で家事をしたりしていると、着るものとかどうでもよくなりますが、今は明るくきれいなものを着て ゆったり過ごしたくなってきたからだと思います。

菜の花さん 偉いなあ
あれだけ嫌な思いをされてきたのに、こんなに頑張られて そして優しくしてあげて。
桜 見れるといいですね
菜の花さんの 心にいい思い出が刻まれるように

菜の花さんも光が見えてきましたね~
2017-03-30 23:38 | 菜の花さんへ #- | URL [ 編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://egao64.blog.fc2.com/tb.php/823-ada15c0e

 | ホーム |  page top