FC2ブログ

プロフィール

egao64

Author:egao64
介護を経験されている皆さん、希望や楽しみを見つけて、一緒に元気に頑張りましょう


カテゴリ


最新記事


月別アーカイブ


最新コメント


カレンダー

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

フリーエリア

にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村にほんブログ村にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
にほんブログ村 再生ボタン►を押してから、画面下のYou Tubeをクリックすると大きな画面で見れます

リンク


アクセスカウンター


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索フォーム

QRコード

QR

ラム ダイエットどうしたら…

ラムが薬を飲み始めて1か月
その薬が終わりそうだったので、電話をして送っていただきました。
わずかな薬でしたが 丁寧にクッション材を入れて箱で届きました。
「送料が高いなあ 普通に 封筒で送ってくれてもいいのにな…」と思いました。
でも 体調も悪く 2時間かけてラムを連れて行くことを考えると、とても無理なので、送ってもらえることは とてもありがたいです。

ラムも薬が入ったお水を普通に飲んでくれています。
IMG_8259.jpg
でも 爪の血斑に変化は見られない感じです。
肝臓に問題があると思うと、シマシマな羽 白抜けした羽が妙に気になりだしました。

IMG_8261_LI.jpg IMG_8287_LI.jpg
元気に普通に過ごしていましたが、大きな羽までバサバサ抜ける換羽で、目の周りも薄くなって やつれた感じに見えます。
白抜けした羽や ブルーな羽など全部生え変わって、以前の色になるといいのですが。
IMG_8280.jpg IMG_8281.jpg
体重は おととい昨日の起きたばかりの食べる前は43㌘でした。
これは ヒナ時代より少なく、持つと妙に軽く感じます。
体重も少しづつ落ちて、薬も飲んでくれているので このままいい方に向かってくれたらと思っていたのですが…

このところ フンがゆるく びしゃびしゃに
これは換羽や薬を飲んでいる影響かなと思いますが。

昨日のラムの様子が なにかおかしくて…

ダイエットでご飯の量を減らしているからか 朝からもう空腹で耐えられないような感じで
ご飯をあげると すごい勢いで食べて、
普通ならある程度食べるとそれで水を飲んで上に行くのですが

食べては水(薬)を飲んで食べては水を飲んでを繰り替えし2時間くらいの間に8回は水(薬)を飲んでいました。
IMG_8301.jpg
空になっても まだ必死に探して食べようとして そこを動こうとしないんです。
そこでじっと とまって 殻を見つめる感じで
IMG_8303.jpg IMG_8304.jpg

遊ばせようと出しても、床に落ちていないか 必死に探し回るだけで

ほんとうに飢えているような足りていないような
過食症のような
食べたいということしかなくなっている感じがしました。

これでストレスを感じ始めていたら…
栄養が足りていないのではないか…
換羽や ラムの動きに必要な栄養をどうしたら…

昨日はおしゃべりも少なく、ケージの中ではいつもの元気は感じられませんでした。

夕方 急に アクビのように口を大きく開けてパクパクを何度かやっていて
「苦しいのかな… 夜に何かあったら大変だ」 と、いてもたってもいられなくて、母のご飯は遅くなってもしかたがないと、車で いつも通っていた病院へ連れて行きました。
携帯用の小さなかごに入れて毛布にくるんで 真っ暗な中、車に乗ると おしゃべりをしだすラムにホッとしました。
口パクは それからしませんでした。

フンがゆるかったりしたときなど、ここでいただく薬や栄養剤で元気になっていたので、それだけでももらいに行きたいなと思っていたところなので、相談もしてみようと思いました。

昨日は初めて見かける 獣医師さんがいて、その方が担当してくださいました。

その獣医師さんは まず詳しく問診から始まりました。
そして どういう経緯でそこの病院へ行って この薬を飲んでいるか
薬の内容
薬を飲んでなにか変化はあったか
肝臓が大きくなっていること ダイエットをしていること
血判や羽の状態のこと
ご飯はどんなものを食べているか
今の症状
など いろいろ話しました。

「(以前レントゲンを撮りに行った時の)画像がないため、薬を飲んで 肝臓がどうなっているかは比較できないけれど、レントゲンを撮って診ることはできます。
内臓に関しては 麻酔をすることも危険だったりするので、それ以上詳しくはわかりませんが
もし変化がないようであれば、今飲んでいる 甲状腺の薬(食べていなくても甲状腺機能低下で太ることもあるということで処方された)は、換羽を促したり 逆に良くないこともあるので、いちどやめてみましょう
そこの病院でも 可能性で薬を出していると思いますので」
 
と、説明されました。

「触診をさせてください」 と、ラムを上手に持って

 「黄色くなっている ここに脂肪はついていますが、でも この子痩せてますよ! 胸はガリガリです! このままだと栄養失調で危ないかもしれません。 もちろん太っていていいことはないです。ですが、栄養が足りていないので、普通に食べさせてあげてください。 この子は脂肪代謝が悪いのだと思います。 普通に食べて、アミノ酸など代謝を良くする栄養をあげた方がいいと思います。」
 と、言われました。

ふわふわ丸くて太って見えていたラムの胸が ガリガリで痩せていると言われ ビックリしました。
朝の 飢えて必死な感じのラムを見たので、 先生の言われる通りかもしれないと思えました。
とても熱心な先生で 時間をかけて問診で聞き取り、今自分がわかること できることを試みようとされている姿に、この先生だったら もう遠くに行かなくても 任せたい!と思いました。

レントゲンでは やはり肝臓は大きいようです。
口パクパクも 肺などは異常がないようなので、そのせいではないそうです。
IMG_8316.jpg
IMG_8319.jpg
先日送ってもらったばかりでしたが、とりあえず それは休んで 違う方向でラムを見ていこうと思います。
なにがいいのか 分からず悩みますが、今はいただいた 肝臓の薬と 栄養剤を飲ませてみようと思います。
フンも調べていただいて 異常はありませんでした。
費用もレントゲン以外は やはり良心的だなと思いました。

診察室を出ると 犬や猫を連れた方でいっぱいになっていました。 それだけ この小さなインコに時間をかけて診てくださったのだと ありがたく思いました。
IMG_8320.jpg  IMG_8321.jpg
帰宅すると ラムは さすがに疲れた感じでした。
でも ご飯を追加してあげると 嬉しそうに食べて、お腹がいっぱいになると いつものおしゃべりが始まりました。
IMG_8308.jpg
今日は冷え込んでいたり 換羽もまだ続いているからか お目目もしょぼしょぼ静かに寝ていることが多いです。
食べて 脂肪を燃焼してダイエットしていこうね

お友達インコちゃんたちもみんな病気やダイエットに向き合っているのだから、頑張ろうね!


コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2017-12-14 15:52 | # | [ 編集 ]

ゴマピーママさん ありがとうございます(^_^)

ポポの時からずっと見ていてくださって ラムのことも応援してくださり 嬉しいです!

ゴマピーちゃん 青色のいんこちゃんでしたよね
同じように肝臓を患っていましたね

ポポがご飯をあまり食べなくて小さくて、早く旅立ってしまったので、よく食べてずっしり重くて大きなラムは 元気で良かったと思っていたのですが、それはそれで問題だったのですね。
ヒナの時よく食べる大きな子は もうその時から肝臓の病気になりやすかったりするのでしょうか…

ゴマピーちゃんも1歳過ぎから血斑が出ていたなんて、ラムと同じですね
でもでも フン検査と触診だけで 6歳まで元気でいるということ、希望が持て すごく励みになりました。
ダイエットはされたのでしょうか 自然に体調が悪いと一気に体重が減ったりするのですね 太りすぎても負担がかかりますが、ダイエットも考えてしまいます。

ラムも骨格は大きいと思います。平均体重になんていったら きっと弱ってしまうかもしれません。
ヒナ時代 ガラスケースでほかのインコちゃんたちと写っている画像があったと思いますが、それを見ても、大きさが全然違う感じです。

お薬や栄養はどんなものをあげているのでしょうか

口パクも同じですね
とても参考になりました。
今も パソコンを打っている腕に乗っていますが、パソコンを打っていると ラムもパソコン画面の方を向いてずっとそこにいたり、ケージの横で 私が横になって寝ると ラムも私の上に乗って一緒に寝ていたり、スマホをいじっているとスマホの上に飛んできてそこにずっととまっていたり、ご飯を食べるときはちょっと前までラムもまねして食べに行っていたり、私の行動や気持ちを察しているのかもしれないですね。
やっとくまさんの動画を作ってから、体調が悪かったり忙しかったりで、ラムをかまってあげられなかったり、ご飯を減らされたり ストレスはあると思います。

また元気に話しかけたり遊んだりしようと思います。

ほっとしました
私もラムも 病気と付き合いながら 明るく元気に頑張りたいと思います

ありがとうございます!

2017-12-14 18:05 | ゴマピーママさんへ #- | URL [ 編集 ]

その獣医師さんが、最初から診てくれていたら!と思ってしまいました。
でも、(遠回りですが)出会えたことに感謝ですね!

お腹を空かせている仔に、ダイエットを強いるのは、飼い主として非常に辛いですよね!
お腹を空かせているせいで、具合が悪くなったり、ストレスになったりしたら、本末転倒ですからね。
その先生は、ラムちゃんの適正体重は何グラムと仰いましたか?
それを目安に、ご飯の増減、おやつで調整してもいいし、
元気で、適正体重を維持することが大事かなと思います。
(ラムちゃんには関係無いですけど、腹水が溜まって、体重は重いけど、痩せているという仔がいます。
本当は体重だけではなく、脂肪の付き具合で判断しなければ、ですが)

脂肪代謝が苦手な身体は、まずは運動。人間もですね(^^;)
皆一緒に頑張りましょうね!!
2017-12-14 18:11 | シロめっちラピ母 #nQ5bPT7s | URL [ 編集 ]

シロめっちラピ母さん こんばんは~(^_^)

この先生 いつからいらっしゃたのか、初めてでした。
若い先生なのですが、受付の段階から ハキハキといろいろなことを熱心に話される先生で、どの飼い主さんに対しても熱心で、こんな先生がいるのなら、ここがやっぱりいい!と思いました。
ピー子を何度も助けてくださった先生は最近いらっしゃらなくて、若い男の先生だったりしたのですが、鳥の扱いが雑で それを見てから 任せられなくなりました。
でも この先生は、扱いも上手で いろいろ考えてくださりテキパキとやられていて 好感が持てました。

適正体重というのは特に言われませんでした。
できれば 今食べている物を見たいと言われました。
栄養が足りているか 無理に減らすのではなく、代謝を良くすることで脂肪を減らすという考えのようです。

空腹で様子がおかしかったラムを見て、ダイエットについて迷っていたので、良かったです。
ラムも飼い主も 燃焼ですね
私も有酸素運動は、持病には効果的だと考えているので、続けて行きたいです。
2017-12-14 19:26 | シロめっちラピ母さんへ #- | URL [ 編集 ]

こんばんは!!

シロめっちラピ母さんが仰る様に最初からその獣医師さんに見てもらえてたら。。って思いました(´・ω・`; )

先生によって見解は違うでしょうが、どれくらいまで体重を減らしたらいいのか、1日にどれだけのご飯をあげたらいいのか、換羽の時は~等々聞いてみてはどうでしょう。
平均体重ではなく、ラムちゃんの骨格である程度は先生はわかるかもしれないですね。。
それを参考にすれば、えがおさんも安心でしょうし(´^ω^)
何かあった時の為に出来るだけ近くの病院の方がいいですもんね!

ラムちゃん、頑張って換羽を乗りきるんだよ(*´艸`*)
2017-12-14 20:41 | ワッチ~ #- | URL [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2017-12-14 20:51 | # | [ 編集 ]

ワッチ~さん こんばんは~(^_^)

ほんとうに この獣医さんともっと早く出会いたかったです
いつも担当してくださる方は 鳥には慣れていないのか、足が不調で行った時も 高い位置で 腕に乗せて 掴まる力の確認をされていましたが、まったく手を添えていないんです。 最初の頃 怖くて飛び降りて壁にぶつかって床に落ちたこともあるんです。
足の調子が悪くて行ったのにまた飛び降りたらと思うとぞっとして、それで任せられなくなりました。

こんなふうに詳しい聞き取り説明もなくて、なので今回 ホッとしました。
ほんとうは こちらの病院が一番いいので 良かったです。

市内で鳥を飼っている方自体少ないと思います
なので症例がなく大変だと思いますが、この先は調べたりして判断してくださるのではないかと思っています。

調べると、肝臓が不調な原因として 脂肪肝と栄養不良もあるようです。
肝疾患では 脂質代謝異常と脂肪肝症候群ということで、栄養面の改善や脂質代謝をよくすることなど、たんぱく質やアミノ酸などが必要とか 先生が言われていたことと同じだと思いました。

ガリ君 ダイエットが成功してすごいですね!
ソル君は 見た目は普通なのに…
みんな頑張っているので ラムも私も頑張ります!
2017-12-14 21:28 | ワッチ~さんへ #- | URL [ 編集 ]

ゴマピーママさん またまた詳しく教えてくださり ありがとうございます!

症例の少ないインコですが、犬や猫と同じように一生懸命考えてくださる先生に出会えたことは なによりの安心です。

今の体重で、胸がガリガリと言われたので 適正体重も様子を見ながらかなと思います。
脂肪を減らして 胸はがりがりにならないように…
ローファットペレットですか
ペレッとはとあげたことがないのですが、今日試しに違うものをネットで買ってみました。
今度それも試してみたいです。
強肝剤もいろいろあるようですが、それも一緒に続けて飲まれているのですね。

ゴマピーちゃんの生命力 回復力はすごいですね!
良い獣医師さん 飼い主さんの愛情の力は大きいですね!

早速いつも通り話しかけたり 歌ったりして接してみました。
そうするとケージで寝ていても 嬉しそうにすぐ来るんです
私の腕に乗って寝たり
やっぱり 気持ちは伝わるのですね

明日からまた ラムと遊ぶ時間を増やしていきたいと思います。
飼い主のこともよく見ていたのですね
私も元気でいなくっちゃ!

ゴマピーちゃんのことを聞いて、希望がもてて とてもホッとしました
ポポやきーたんのことがあって、今元気でも その数分後には…ということが頭から離れなくて それがトラウマで毎日 ちょっとでも様子が違うと不安で仕方がなかったのですが、ゴマピーちゃんのように頑張って元気になるということもあるのだからと思うと 心強いです。

いろいろ大変なゴマピーママさん 以前伺って こうして頑張っている方がいることも 心強く思います。


ゴマ目軍団会員3番なのですね! すごいな~
大阪弁をしゃべるインコちゃんですよね(^_^)
2017-12-14 22:00 | ゴマピーママさんへ #- | URL [ 編集 ]

少し遠回りながらも結果的にいい医師に出会えてよかったですよね。えがおさんが思い切って行動したのがよかったんですよね。いい医師との出会いはなかなか難しいですからね。本当に良かったです。このまま落ち着いてえがおさんが安心できること祈ってます。
ちなみに私今長野に来てます。こども病院に孫が手術に来たのです。無事終わり今は退院を待つのみ。これもいい医師との出会いのおかげです。
しかし寒いですね。さすが長野…
2017-12-15 06:19 | ひかる #- | URL [ 編集 ]

ひかるさん ありがとうございます!

ほんとうに おもいきって ラムを連れて行って良かったです。
どうするのがいいのかまだ模索している状態ですが、でも この先生なら なにかあっても 相談ができるのではないかという安心がもてました。 近くで飛んで行ける病院が一番なので。

お孫さん 手術ですか! それは大変…
でも無事手術が終わって退院できるのですね 良かった~
長野まで大変でしたね そこの病院を紹介されたのでしょうか
いい先生に出会えてよかったですね!

こども病院は 安曇野でしょうか
その安曇野まで 車で2時間(高速を使わずに)かけてラムを連れて行ったんです
遠かったです

アルプスが見えたり自然は最高です
安曇野は わさびが有名です 今の時期はイルミネーションもやっているので 見れたらいいですね
2017-12-15 09:29 | ひかるさんへ #- | URL [ 編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://egao64.blog.fc2.com/tb.php/966-49ecd259

 | ホーム |  page top